恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

静かな人が好きになる心理とは?静かな人が好むのはこんなタイプ

静かな人が好きになる心理とは?静かな人が好むのはこんなタイプ

静かな人が好きな心理は、穏やかな恋愛をしたい思いがあるからでしょうか。強い恋愛感情を抱くのは刺激的な反面、神経がすり減ってしまうことも考えられますよね。

「人間は誰かを愛するために生まれてきた」ともいわれるように、愛情を抱く相手は自分にとって特別な存在です。そこで今回は、静かな人が好きな心理について、詳しくご説明していきましょう。

 

静かな人が好きな心理について

静かな人が好きになる心理とは?静かな人が好むのはこんなタイプエネルギッシュな人、楽しい人、引っ張ってくれる人など、好きになる人のタイプは十人十色。では静かな人が好きなタイプは、心理的にどのような特徴があるのかを早速見ていきましょう。

 

アプローチしやすい

静かな人が好きな心理は、自分から話しかけたり誘ったりしやすいため。もともと積極性に欠けていて、誘うことに苦手意識があるとも考えられます。

好きな人がいても自分からアプローチできないので、本来なら相手から近づいてくれるのを待つタイプ。グループの中心人物のような目立つ人を好きになると、ハードルが高くなってしまうでしょう。

そのため静かな人のほうが自分の性格にも合い、アプローチしやすいことがメリットです。自分から他人に話しかける頻度が低い人は、受け入れてもらえる静かな人を好みます。

 

過去の経験が関係している

「静かな女性が好き」という男性は意外と多いですよね。こんなタイプは、過去の苦い思い出が関係している可能性があります。たとえば元彼女は好き嫌いがはっきりした性格でとても困った、感情的な人で自分も振り回されてしまったなど。

付き合う人の性格によって、自分のタイプも変わってしまう場合がよくありますので、恋愛相手に求めるものはその時によって違うかもしれません。

静かな人が好きな心理は、過去の経験を活かして自分に合う人を無意識に好んでいるためでしょう。

 

大人の恋愛を求めている

静かな人が好きになる心理は、大人の恋愛関係を求めているため。ふざけたりベタベタしたりする恋愛よりも、お互いに自分の時間を大切にできるパートナーを好みます。

静かな人はとても上品で、他人の悪口や愚痴こぼしをしないイメージがありますよね。そんな控えめな態度に惹かれ、静かな人を無意識に選ぶ傾向も。

とくに男性は「上品な女性と付き合いたい」と思う人が多く、大人の女性らしい雰囲気を好むのです。

 

話を聞いてほしい

相手の話を延々と聞かされるのは、少し負担に感じませんか。静かな人が好きな心理とは、自分の話を相手に聞いてほしい願望があるためです。

大人しい人や静かな人は、いつでも快く人の話を聞いてくれます。最低限の相槌で、自分がいつまでも話したいと思うような相手。静かな人には自分が好きなことをなんでも話せるため、会話の後は気分がすっきりするでしょう。

いつも話をしっかり聞いてくれる人には、心を開きたくなります。嫌がらず耳を傾けてくれる姿は、自分に興味を持っているのだと思いたくなることもあるのです。

 

癒されたい

静かな人が好きな心理はストレスを抱えやすく、癒しを求めているという理由が多く挙げられます。男性にとって恋愛とは、社会生活で使い果たしたエネルギーをチャージするオアシスのようなもの。

仕事のようにストレスを感じる相手とは、一緒にいたいとは思わないでしょう。静かな人は一緒にいて癒される存在。無理に会話をしなくても、自然な居心地のよさがある人とは相性が合うと感じます。

とくに普段忙しく生活する人なら、癒されたくて毎日恋人に会いたくなり、静かな人のそばにいるだけで気持ちの入れ替えができるでしょう。

 

静かな人はこんなタイプが好き?

静かな人が好きになる心理とは?静かな人が好むのはこんなタイプ静かな人を好きになった時、相手から積極的に自分をアピールしてこない可能性があります。このためどのような人を目指せば気に入ってもらえるか、とても難しいところですよね。静かな人との恋愛を成功させるためには、次のようなタイプを目指してみましょう。

 

清楚なイメージのある人

静かな人は性格だけでなく、ファッションもどちらかというと控えめなものを好みますので、恋愛相手にも同じく清楚なイメージを求めています。

整理整頓がきちんとでき、物ごとを順序立てて考えられる人。派手で周囲に注目される人よりも自分と同じく、静かに他人を見守るような人と相性が合います。

清楚なイメージとは、白やベージュなどのファッションだけでなく、その人の雰囲気からプライベートも窺えるような印象。些細な仕草からも清潔感はわかりますので、食事中にあまり話をしない、持ち物の準備がきっちりできるなど、細かいところを意識してみましょう。

 

適度な距離感を保てる関係

静かな性格の人は、ゆとりのある生活空間が好きで、そんな価値観を恋愛にも求めています。毎日一緒にいるよりも、自分の時間を大切にできる相手や、そのことを理解してくれる人。

静かな人は、他人とずっと一緒にいると気を遣い、疲れやすいことも特徴です。盛り上がるような飲み会よりも、静かに気の合う人と二人でお酒を飲みたいタイプともいえるでしょう。

人付き合いはさほど頻繁になくても大丈夫なので、プライベートな時間をベースに考えてあげると安心してもらえます。

 

好きなことを共有できる相手

「何が食べたい?」と聞いた時、「何でもいいよ」と答える静かな人は、わがままを通したり自分の要望を相手に押しつけたりはしません。

だからといって意思がないわけではなく、自分の気に入ることや好きなことには意外なこだわりがある場合も。たとえば特定のキャラが大好きなど、他人にはわからない趣味を持っていることもあります。

静かな人は、自分から他者にアピールすることはほとんどありませんので、好きなことを上手く引き出して共有するのが楽しく付き合うコツ。自分が大切にしているものを理解してくれる人には、自然と心を開いてくれるでしょう。

 

静かな人との会話のコツについて

静かな人が好きになる心理とは?静かな人が好むのはこんなタイプ静かな人が好きな心理は、自分にないものを求めているとも考えられます。会話で相手の気持ちを引き寄せるには次のポイントを意識して、普段とは違う自分を演出してみましょう。

 

沈黙しても焦らない

話題が頭に浮かばず、シーンと沈黙するととても焦りませんか。つまらない人だと思われたくないので、必死に会話を続けようと空回りしてしまうことがあります。

静かな人の場合は、積極的に自分から会話に入ってくることはありませんので、沈黙しても実は気にしていません。無理な会話よりも静かな空間にいるほうが落ち着くため、無理に沈黙を避けるようなストレスは抱かないほうが安心です。

外の風景を眺めたり、思いついたことをその時に話したりするだけでも、静かな人は快適に感じてくれるでしょう。

 

感情を表に出さない

勢いよく話をする人が苦手な静かな人。感情を表に出して人付き合いをすることはあまりないので、相手にも冷静さを求める傾向があるでしょう。

感情的な人がいると、どう対処するべきかわからない静かなタイプ。負担を感じてしまうと、どんどん距離が離れてしまうかもしれません。

 

愚痴こぼしはしない

静かな人はネガティブな感情が嫌いなので、コミュニケーションでも愚痴こぼしや人の悪口などは避けましょう。笑顔で優しく会話ができる相手には、安心感を抱きやすいものです。

嫌な場面でもできるだけ楽しくなるよう視点を変えること。会話をした後、お互いに気持ちが穏やかになるような関係を心がけてくださいね。

 

まとめ

静かな人が好きになる心理は、心のつながりを求めているからです。何も言わなくても通じる相手、自分の分身になるような大切な人は、人生に豊かさを与えてくれることもあるでしょう。

世の中にはさまざまなタイプの人がいますので、自分の要求だけでなく相手が求めることも理解して、気持ちよく付き合うことが大切です。

 

☆こちらの弊社メディアのコラムも読んでみてくださいね。

>>>結婚相談所でおすすめしたいのはどのような場所?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報