恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

下を向いて話す心理はなぜ?好きな人の前で思わずやってしまう行為

下を向いて話す心理はなぜ?好きな人の前で思わずやってしまう行為

下を向いて話す心理はなぜでしょうか。好きな人が前にいると恥ずかしくて、自分でも思わぬ行動をとってしまう場面があります。

視線を合わせるのが恥ずかしい時は、必然的に下を向いて話す心理になるでしょう。人間の深層心理が表れる目の動き。

隠しているつもりでも視線を合わせたら、心の中がわかります。なんとなく気になる人の存在。

「好き」とはっきりと実感する前は、自分でもわからない心のもやもやがあります。恋なのか、それとも他の気持ちなのか。

そんな揺れる思いを抱く人は、下を向いて話す心理になることがあるかもしれません。では好きな人の前で思わずやってしまう行為について、詳しくご説明していきましょう。



下を向いて話す心理はなぜか

下を向いて話す心理はなぜ?好きな人の前で思わずやってしまう行為相手の目を見て話したいけれど、どうしてもできない時。視線のやり場に困り、下を向いて話す心理になります。なぜそんな行動をとってしまうのか、深層心理で考えられることを見ていきましょう。

 

好きな人の前で緊張する

下を向いて話す心理は、好きな人の前でよくあります。自分の存在に気づいてほしいので、できるだけ印象を残したいですよね。

失敗しないように何を話せばよいか、好感度アップするためにどのような仕草をすればよいかなど、さまざまなことが頭の中を巡ってしまうでしょう。

好きな人の前だと、自分で自分にプレッシャーをかけるのが緊張の原因。ドキドキしているとバレたくないので、目が合わせられないのです。

 

好きだと知られるのが恥ずかしい

好きな相手が自分をどう思っているのか判断できない時期は、最初に気持ちを知られるのは不安です。

男性からアプローチをされて、それに答えるシチュエーションなら女性は楽ですよね。でもお互いに気持ちを探っている関係だと、最初は相手に好きだと知られたくないので、なんとかごまかそうと必死になります。

気になる人とは近づきたいけれど、まだ心の準備ができていない場面。そんな時に、下を向いて話す心理になります。

 

可愛らしく見えるように演出している

視線は無意識に心理状態が表れるものですが、女性の中にはわざと演出して好きな人に近づく場合もあります。

下を向いて話す姿はか弱く、守ってあげたくなりますよね。「どうしたの?」と心配してほしいので、わざと何か言いたげに視線を落としているのです。

もっと自分に興味を持ってほしいと感じる相手には、あの手この手で迫っていくでしょう。やりすぎない程度のアプローチができる視線の動きは、女性が一歩先を考えて計画的に自分をアピールしているサインです。

 

警戒している

子供が親に叱られる時に下を向くように、相手に警戒心や恐怖心があると、下を向いて話す心理になります。

知らない人と接近して目が合わせられないのは、自分が怯えているのを知ってほしくないためでしょう。

自然と防御する気持ちが働くと、目の動きや視線にも影響してきます。たとえば苦手な人や嫌いな人と話す時は、無意識に警戒体勢に入るケースも。

嫌いという気持ちを態度に示し、相手に距離を置くようにメッセージを送っているのでしょう。

 

恥ずかしい

恥ずかしい時は目が泳いでしまったり、一点を見つめられなくなったり、挙動不審な目の動きになります。

好きな人の間でおかしな行動をとったら後が大変なので、恥ずかしい気持ちを隠すために下を向いて話す心理になります。

目が合ってしまうと顔がパッと赤くなり、ドギマギする態度はすぐに相手にも通じることです。

他の人とは普通に話せるのに、特定の人になると目が合わせられないのは恥ずかしいから。その先には特別な感情があるので、恋の始まりが待っているかもしれません。

 

恋愛と視線の不思議な関係とは?

下を向いて話す心理はなぜ?好きな人の前で思わずやってしまう行為好きな人の前では、自分で視線がコントロールできなくなります。緊張感や興奮など、あらゆる気持ちが一気に押し寄せて、どうすればよいかわからない状態。

恋愛と視線には不思議な関係がありますので、好きな人の前では次のような態度をとる場合があります。

 

好きなものを見ると…

目の働きには、普段気づかないことが色々とあります。対象物によって、瞳孔の開き方が変わることが可能性としてあるのです。

交感神経が働くことと、瞳孔の開き方には関係がある可能性も。興奮した時や緊張した時などには、交感神経が関係してくるのかもしれません。

好きなものの前では、瞳孔が開く可能性があるのですが、好きなものと言うのは好きな芸能人や動物、食べ物など。生活の中にある興味があるものには、好きな異性ももちろん含まれているのです。

 

好きな人に敏感に反応する

瞳孔の開き方は男女で違いがあり、ホルモンの働きが関係している可能性があります。たとえば好意を持った女性の写真を見て男性の瞳孔が開くのは、男性ホルモンが活発になる可能性があるため。

好意のある女性に対して、男性が写真を欲しいと言う心理の中には、こういった願望もあるかもしれません。

男性の本能的なものとして、好きな女性の写真を見ていたいという思いが強くあるのでしょう。

 

3秒以上のアイコンタクトが鍵を握る!

日本人は欧米人と比べると、アイコンタクトをとるのが苦手な傾向にあります。下を向いて話す心理は、シャイな性格も影響しているのかもしれません。

好きな人や好感を抱く人とアイコンタクトをとる時間は、約3.3秒と言われています。これ以上見つめてしまう人には、さらに特別な好意を持っている合図の可能性があるでしょう。

意味もなくずっと見つめ合ってしまう人がいたら、お互いにもっと自分だけを見てほしい気持ちを示している場合が多いのです。

これからは3秒以上のアイコンタクトを目安にして、好きな人に近づくとよいかもしれません。相手に思いを伝えるためにも、よいサインとなるでしょう。

 

視線でわかる脈ありサイン

下を向いて話す心理はなぜ?好きな人の前で思わずやってしまう行為下を向いて話す心理は、相手が特別な存在の可能性があります。でも下をずっと向いていると、相手が自分をどのように見ているかチェックできません。

そこで知っておきたい脈ありの視線。こういう目の動きは、恋が始まる可能性を秘めています。

 

ずっと見つめる

勇気を出して好きな人とアイコンタクトをとった時、相手がずっと自分を見つめていたらどう思いますか。

男性は好きなものをじっと見る傾向があり、逆に見つめられると相手に特別な感情を抱きやすくなる男性心理があります。

下を向いて話す心理は、自分で抑制できないもの。でも仲良くなるためには、逆に見つめ返すことも大切ですね。

 

瞬きが多い

瞬きが多いのは、緊張しているサイン。相手がやたらと瞬きをするのは、脈ありの可能性があります。

もし彼氏の瞬きがいつもより多い場合は、隠しごとを必死にごまかそうとし、緊張している可能性があるでしょう。

 

目が合うとそらす

目が合うと相手が恥ずかしそうにそらすのは、気持ちを悟られないようにしているためです。

シャイな男性なら、遠く離れたところから好きな女性を目で追っています。そんな時に偶然視線が合うと、視線が泳ぐこともあるでしょう。

 

笑顔になる

目が合った時に笑顔になる人は、脈ありサインです。好きな人の前では自然と心が癒され、目の動きだけでなく表情にもポジティブな動きが表れます。

いつもニコニコと自分だけに挨拶してくれる人は、特別な関係になる可能性があるかもしれません。

 

まとめ

下を向いて話す心理は、自分の心の中を知るきっかけになります。気になる人から好きな人へ変わるチャンスは、自分の視線の動きからわかる場合もあるでしょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>恋愛の話をする心理に男性がなる時とは?恋人候補になるかも!



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報