恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

紺色が好きな人の心理・好みのカラーでわかる性格や特徴について

紺色が好きな人の心理・好みのカラーでわかる性格や特徴について

紺色が好きな人には、どのような深層心理が反映されているのでしょうか。色は性格診断でよく使われ、無意識に選ぶ好みの色から自分の性格や特徴がわかります。

紺色が好きな人はとても多く、洋服やカバン、靴など誰でもひとつは紺色のアイテムを持っているでしょう。何かを選ぶ際に色は、重要な判断材料になります。

それぞれの色から受けるイメージを活かしながら、自分にメリットになるよう自然と判断しています。紺色は男女共通して使える、とても万能なカラー。

では紺色が好きな人の心理や、好みのカラーでわかる性格についてご解説しましょう。

 

紺色が好きな人の心理について

紺色が好きな人の心理・好みのカラーでわかる性格や特徴について紺色とは、暗く濃い青色のこと。ネイビーブルーとも呼ばれ、紺色にもさまざまな色の違いがあります。色からわかるその人の性格は、納得できる部分や意外な発見も。

では心理背景から考えると、紺色が好きな人にはどのような深層心理が隠されているのか、詳しくご説明していきましょう。

 

失敗を恐れている

紺色が好きな人の心理ですが、人気のあるカラーなので特別な見方をしていない人もいます。しかし中には紺色が大好きで、身の回り品のほとんどが紺色でまとまっている人もいるでしょう。

その理由は、失敗を恐れている心理が働くため。紺色はモノトーンや原色、なんにでも合わせやすい特徴があります。青にするか黒にするか迷った時に、中間色の紺を選ぶケースもあります。

蛍光色や原色カラーと違い、一見控えめで万能な紺色は失敗が少ないため、無難な選択をしたい場合に選ばれることがよくありますね。

 

ストレスが溜まっている

パソコンの明かりで目が疲れた時、大勢の人に囲まれて疲れた時などは、落ち着く環境に自分を置きたくなります。そんな場合に紺色は優しく心身を労わってくれるので、紺色が好きな人の心理はストレス解消したい意味が考えられます。

洋服のカラーはその日の気分によって変わり、ワクワクする日は色が派手になりますよね。逆に悩みごとを抱えていると黒やグレーなど、トーンが低くなる色を選ぶもの。

紺色は派手な色ではありませんので、イライラしないために落ち着く根を選ぶ場合があります。ストレスが溜まっていると、無意識に色に癒しを求めているのです。

 

現実逃避したい

紺色が好きな人の心理は直面したくない問題があり、現実逃避したい願望の表れです。たとえば嫌な仕事を頼まれて後回しにするなど、やりたくないことや苦手分野があると、現実逃避したくなり紺色を求めています。

紺色は青でも黒でもない独特な色の濃淡があり、しかもクールで冷静さがあります。現実逃避して別の世界で視野を広げたい場合も、気持ちを整えてくれることがあるでしょう。

また人一倍紺色が好きな人は、固定観念が強い傾向もありますので、自分の経験や知識だけで勝手に判断するケースもあります。

 

真面目な性格

紺色のスーツは就活や面接でも人気のある色で、誠実さをアピールするために選ばれる場合がよくあります。穏やかで真面目な性格の人は、そんな色の印象を持つ紺色が好きで、周囲に与えるイメージを大切にしています。

紺色が好きな人の心理は、冷静で感情的になる場面が少ないのも特徴。大人っぽい魅力がありながらも繊細な性格は、人に甘えるのが上手な魅力もあります。

 

紺色のメリットとデメリット

紺色から受けるイメージはさまざまです。ダークカラーの紺色はグレーや黒と違い、柔らかい雰囲気がありますよね。また大人っぽい雰囲気や、几帳面な印象を受ける時も。

でもこのようなメリットばかりでなく、紺色を選ぶデメリットもあります。紺色は誰でも選ぶ一般的な色なので、個性を活かせないのがデメリットです。

またインテリアで使用すると、その場の雰囲気が重くなるもの。ダークカラーは一部で使ったほうがバランスをとりやすく、選ぶアイテムによっては黒ほどインパクトがないので、華やかな印象がないと思われる場合もあるでしょう。

 

好きな色でわかる性格や特徴とは?

紺色が好きな人の心理・好みのカラーでわかる性格や特徴について紺色が好きな人やピンク好きなど、好みは人によって違います。選ぶ色が違うのは「十人十色」という言葉のように、好みの色が違うように人の性格はバラバラ。

では人気色からわかる性格や特徴について、詳しくご説明していきましょう。

 

黄色が好き

黄色を好むのは、社交的な性格の人。何ごとにも興味を持つので、周囲からは好奇心が旺盛な人に見られています。人の輪の中では中心的な存在で、黄色は派手な印象を与える色なので、人間的にも目立つ存在だといえますね。

黄色は元気が出る色。天真爛漫な性格は、子供っぽく見られる時もあります。子供が珍しいものを見つけて走り出すように、常に新しいものを探して刺激を求める人が黄色を好む傾向があります。

 

赤色が好き

赤いバラのように情熱の象徴となる赤は、エネルギッシュな人を表しています。感情的な性格なので、思ったことをはっきりとアピールします。

そのためネガティブな感情は、周囲に迷惑をかけるケースもあるので、周りと上手く付き合うには自分の感情コントトールが大切ですね。

真っ赤な部屋の中にいると気持ちが不安定になるように、赤を好む人は情緒不安定になりがち。元気いっぱいで行動力がある反面、周囲との調和を大切にしなければならない場面もあるでしょう。

 

黒色が好き

モノトーンを代表する黒は、洋服で多くの人が選ぶ色。黒は鋭い感性を持ち、人から尊敬されたい願望の表れです。個性が強いため他者と意見が食い違うこともありますが、一度仲良くなると深い関係を築けるのも魅力です。

黒が好きな人は、自分の価値観を理解してくれる人に囲まれて暮らすのが幸せ。周囲と違った存在でいたいため、こだわりがありすぎて近寄りがたいと思われる場合もあります。

 

白色が好き

ウェディングドレスが白であるように、純白や誠実を表す色です。また白はどのような色とも相性がよいので、柔軟性がある人にも好まれるでしょう。

白で統一された部屋なども、清潔感が漂うシンプルな空間が素敵です。白は清らかさを大切にするので、人によっては融通が利かないタイプに見られるケースもあるでしょう。

 

青色が好き

青はクールなイメージがあり、インテリアで使うと冷たい印象を与える特徴があります。青を好む人は冷静で知的。自分をよく知っているので、どこにもすんなりと溶け込むスキルがあります。

誠実な性格で、どちらかというと内向的。上手く自分をアピールできないため、強い性格の人に振り回される時もあるかもしれません。

しかし自制心があるので人と争うことが少なく、感情的にならない性格は周囲から好まれる存在になるでしょう。

 

緑色が好き

緑は自然の森林を思い出すカラー。安息の場所を求め、常に穏やかであるのが特徴です。才能があっても、自慢するようなことはありません。

そのため周囲から慕われ、年齢に関係なく付き合えるタイプです。緑が好きなタイプは人に気を遣うので、それがストレスになるケースも。そのためさらに緑色にこだわり、疲れた時はアウトドアを好むかもしれません。

 

グレーが好き

知的でクールな印象を与えるグレー。本心で語るのを避けるため、ミステリアスな人に見られることがよくあります。感情を出さないので冷たい人だと誤解され、人間味がないと思われる場面も。

自分を無理に主張せず、人から干渉されるのが嫌いです。自己中心的な一面もあるので、相手に合わせて自分を抑えるのもたまには必要です。

 

まとめ

紺色が好きな心理をはじめ、色は自分の内面を表面化するツールなのかもしれません。上手に色を楽しむためにも、こだわりを捨てて違う色にどんどんチャレンジしてみましょう。

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>空の写真が好き!心理的に隠されているストレスを発散するコツ

関連記事