平気で人を傷つける人の心理とは?うまく接していくためのポイント

行動心理

平気で人を傷つける人の心理を把握すると、今までよりも接しやすくなる場合があります。傷つきたくないという思いから、できるだけ距離を置こうとする人も。

でも相手の本音を知ることにより、意思の疎通ができるケースもあるかもしれません。では今回は、平気で人を傷つける人の心理について詳しくお伝えしていきますので、今後接する際に役立てていただけると幸いです。

 

平気で人を傷つける心理になる理由

平気で人を傷つける人の心理とは?うまく接していくためのポイント平気で人を傷つける心理になるのは、どのような理由があるのでしょうか。では、まずはこちらの内容を詳しくご説明していきましょう。

 

自己肯定感が低い

自分の価値が低いと思っているため、周りの人に対して素直になれない人もいるでしょう。「羨ましい」と思う存在が近くにいたとしても、その人を褒めることをせず逆に厳しいことを言ってしまう場合もあります。

そうすれば相手が落ち込み、下に見ることができるというケースもあるでしょう。でも実際には、このようなことばかり続けていると次第に孤立してしまい、誰も味方がいないという状況になりやすいのです。

 

人に対して共感できない

人がどう考えているのか理解する必要はないと思っているため、自分の希望や考えを貫こうとする場合もあるでしょう。

人の意見や考えを聞いて共感できることがあったとしても、素直な気持ちを伝えないケースも。隙を見せることで、相手が気をよくしてしまうのを避けたい気持ちがあるのでしょう。

「自分は正しい」という思い込みが強いタイプの人は、平気で人を傷つける心理になりやすいのです。自分を客観視することができず、他人を減点方式で見ている可能性が高いでしょう。

 

承認欲求が強い

周りの目を気にしすぎてしまうのは、認められたいという思いが強いからです。そのためには、例えば職場で他の人が企画したことでも、まるで自分が企画したかのように提案する場合もあるでしょう。

そうすることで、自分の方が優れている存在だと周りから思われたい気持ちがあるのです。ところが、その企画について深く質問された時に、きちんと答えられず困ってしまう場面もあるかもしれません。そうなって初めて「このようなことはしない方がいいかも…」と気づく場合もあるでしょう。

 

相手を試そうとしている

平気で人を傷つける人の中には、自分の行動により相手がどのような反応をするか見たいと考える人もいます。

わざと傷つけることをしてみて、相手が自分に対してどう接してくるのかを知りたいのでしょう。

ある程度親しい間柄の場合は、「これくらいのことでは離れていかないだろう」と悠長に考えてしまう可能性もあります。

でもやがて「裏切られたくない」「嫌われたくない」という思いが強くなり、自分を守ろうとして再び相手を傷つけるような言動をとってしまうケースもあるでしょう。

 

過去に辛い経験をした

今まで努力してきた中で、信頼していた相手から裏切られるような経験をした人もいます。この場合は、その出来事がトラウマになり、なかなか人を信頼できなくなってしまうこともあるでしょう。

そして身近にいる人に対して、自分と同じように傷ついてほしいと思う場合もあるかもしれません。

特に目立つ人や自分より優れている人に対しては、攻撃的な態度をとってしまうことがあります。

それにより、相手が傷ついたり落ち込んだりしている姿を観て、気持ちが楽になるケースもあるでしょう。

 

平気で人を傷つける人の特徴

平気で人を傷つける人の心理とは?うまく接していくためのポイント平気で人を傷つける人には、共通する特徴がいくつかあります。では、こちらの内容を詳しくお伝えしていきましょう。

 

思いやりに欠ける

思いやりに欠けているのは、心に余裕がないことが理由の場合もあるでしょう。本当は優しく接したいと思っても、それができない場合もあるのです。

でも思いやりに欠ける人は、「相手がこれをしたら傷つくだろう」と想像する習慣がない可能性も。このため平気で人を傷つけているように思われてしまうこともあるのです。

 

自分の方が上だと思っている

相手よりも自分の方が能力が高く優れた人間だと思っているので、平気で人を傷つけるような言動をしてしまう場合もあります。

自分よりも立場が上の人には、丁寧に接することもあるでしょう。その方が自分にとってメリットがあるからです。

でも自分よりも下の立場の人だと思った時には、態度が変わり攻撃的になることもあるでしょう。

相手としては「突然対応の仕方が変わってしまった…」と思い、やりとりの仕方に困る場面もあるかもしれません。でもしばらく様子を見る心の余裕を持って、少し距離を置くようにする方法もあるのです。

 

外面がいい

平気で人を傷つける人の中には、気配りができて性格がよいように見られる人もいます。外交的で親切なように思われることもあるでしょう。

それは、自分よりも力のある人に対しては丁寧に接するように意識しているからなのです。でも自分よりも弱いと感じる相手には、傷つけるような言動を平気でする場合もあるでしょう。

相手の気持ちを考えずに、二人きりの時に厳しいことを言ってくる場面も。でも周りからは性格がいいと思われている可能性もあるので、「誰にも相談できない…」と感じて辛くなる人もいるのです。

 

劣等感がある

劣等感があるのですが、それを認めたくないという思いを持つ人もいます。この場合は、劣等感を隠すためにと思い、平気で人を傷つける心理になるケースもあるでしょう。

それにより優越感や安心感を持てると考えているのです。でもそれでは根本的な解決にはならないことに、できるだけ早く気づくことが必要に。

平気で人を傷つける人がコンプレックスを抱えているように感じた時には、相手のよい面をさりげなく褒めるようにしてみましょう。

そうすると少しずつ自信を持つことができ、人に対して今までよりも優しく対応できるようになる可能性があります。

 

空気が読めない

視野を広く持ち、空気を読むことができる人であれば、今自分がどのように行動するべきかが分かるものです。

でもそれができないので、平気で人を傷つけてしまう人もいるでしょう。「これを言うと相手が嫌な思いをするかもしれない」と気づけない人もいるのです。

このためつい思ったことを口にしてしまうのでしょう。そして何となくその場の空気が悪くなったように感じた時に、少し焦るような場面もあるかもしれません。

 

平気で人を傷つける人に対して把握したい内容

平気で人を傷つける人の心理とは?うまく接していくためのポイント平気で人を傷つける人に対しては、やりとりするうえで把握しておきたい内容があります。それはどのような内容なのかについて詳しくご説明していきましょう。

 

自分を責めない

相手が自分を傷つけるのは自分に問題があるから…と思うことにより、更に辛くなってしまうことも。

でもそうではなく、相手の性格に問題があるケースもあるでしょう。このように思うと、自分を責める必要はないように感じられる可能性があります。

周りにも自分と同じように傷つけられている人がいるとしたら、尚更自分を責めなくてもいいと思えてくるはずです。自然に距離を保つためにも、自責の念を持ちすぎないようにすることが大切です。

 

自分を守る

無理に相手の性格を変えようとすると辛くなってしまう場合があります。それよりも自分自身を守ることを心がけましょう。

そうすると、どのようにして距離をとればいいのかが分かる可能性があります。そしてお人好しにならずに、自分自身を大切にしようと思えるようになってくるもの。

相手に変わってほしいと思う面があったとしても、相手としてはそれを信念にしていたり、変わるつもりはなかったりすることが多いと理解するようにしましょう。

 

相手と心理的な距離をとる

職場が同じなど、毎日顔を合わせる関係の場合は、なかなか物理的な距離はとれないものです。でも自分の心の中で、相手と心理的な距離をとることはできるでしょう。

その日の相手とのやりとりや起こった出来事について考えないようにすることが大切です。そしてできるだけ楽しく穏やかな時間を持つようにすることで、もし次の日に相手の顔を見ることがあっても、笑顔で挨拶することもできるでしょう。自分の心の中で相手の存在を小さくするように、普段から心がけていきたいですね。

 

淡々と接する

平気で人を傷つけるような人とやりとりしなければいけない場面では、できるだけ淡々とした態度で接するようにしてみましょう。

慎重になりすぎず、気配りしようと努力したりせずに、必要最低限の関わり方をしていくことも大切です。

それができるようになると、相手から話しかけられるようなことがあっても慌てずに対応できるようになるでしょう。

そして「また傷つけられるかもしれない…」という不安を持ちすぎないようにすることも大切です。「こういう人もいるんだ」と割り切ることも、時には大切と言えるのです。

 

平気で人を傷つける人を理解するには

平気で人を傷つける人の心理とは?うまく接していくためのポイントやりとりするのが難しいと感じるとしても、平気で人を傷つける人と接する必要がある環境も。

そのような場合は、相手の内面や考え方を理解することが必要になる可能性もあるでしょう。では、その方法について詳しくお伝えしていきましょう。

 

本音について聞いてみる

二人で話す機会があれば、平気で人を傷つける人が本当はどのようなことを考えているのか、穏やかに質問してみる方法があります。

本当は誰かに自分の胸の内を話したくても、それができないのでつい人を傷つけてしまうという人もいるかもしれません。

そして味方でいてくれる人を求めていても、今の自分の状態ではそれができない…と理解して苦しんでいる可能性もあるのです。

このためまずは「最近仕事の方はどう?」のように他愛ない会話から始めて、先に自分から本音を話してみるのもよいですね。

そうすると、相手は「この人になら本音を話せるかもしれない」と思い、他の人には言えないことを伝えてくることも期待できるのです。

 

相手の立場になって考える

自分がしないことを平気でしている相手に対しては、性格や気持ちを理解するのが難しい…と思うケースが多いですよね。

でも相手の立場になって考えてみることがとても大切です。どのような悩みを抱えているのか、そしてどうしたいと思っているのか想像する時間を持つようにしてみましょう。

そうすると、今までは表面的にしか相手を見ていなかったと気づく場合もあるかもしれません。

そして今後はもう少し相手の内面について深く知っていこうと思うようになり、自然に接し方が変わっていく場合もあるのです。

 

期間を空けて様子を見る

例えば仕事が多忙だったり、プライベートで悩みを抱えていたりすると、心に余裕が持てなくなってしまうことはよくあります。

ネガティブな気持ちが強くなってしまい、思いやりを持って他人と接することができない場合もあるでしょう。

このため「この人は平気で人を傷つける…」と思った時には、少し期間を空けて相手に心の余裕ができた時期を見計らい、連絡するようにしてみましょう。

もし同じ職場にいるなど、毎日顔を合わせる関係の場合は、しばらく距離をとり自分から話しかけない時期を作ることも必要です。

 

色々なタイプの人と話してみる

世の中には様々なタイプの人がいて、自分とは考え方が違う人もたくさんいるということを把握すると、気持ちが楽になる場合もあります。

例えば価値観が合う人もいれば、全然違うと感じて距離を置きたくなってしまうような相手もいるかもしれません。

でも自分と合う人とばかり話したり関わりを持ったりするのではなく、色々なタイプの人と話をするように心がけることが大切です。

そうすると、平気で人を傷つけるようなタイプの人と出会っても、うまく受け入れられるようになる可能性もあるのです。

 

平気で人を傷つける人との理想的な接し方

平気で人を傷つける人の心理とは?うまく接していくためのポイント平気で人を傷つける人と出会った時のために、理想的な接し方について事前に把握しておくことが必要です。では、こちらの内容についても詳しくご説明していきましょう。

 

感情に流されないようにする

相手の言葉や行動に対して感情的に反応しないことが大切です。冷静に落ち着いて対応するように意識してみましょう。

感情的になることで、更に相手と距離ができてしまうケースもあります。そして「傷つけた後の反応を見たい」と思う相手からすると、期待していた反応になってしまうことも。

そうならないためには、動じず冷静になることが求められます。そして相手に対して、あまり控えめになりすぎずに自信を持って接していきたいですね。

 

割り切って付き合う

同じ職場の人や毎日顔を合わせる必要がある相手とは、関係を断ち切れない場合が多いもの。このケースでは、できるだけ割り切って付き合うことが大切です。

相手の言動に対して過剰に反応することで、とても疲れてしまうことになるでしょう。接し方を変えることの方が、相手の性格を変えるよりも楽だと思うようにしたいですね。そして自分を守るためにも必要なことだと思うようにする必要があります。

 

自分の気持ちをしっかりと伝える

相手がどのような発言をしてきても、自分の考えや意見についてしっかりと伝えるようにしましょう。

そうしなければ、都合のいい存在のように思われてしまうこともあるのです。そしてきちんと自分の考えを言える人だと感じると、相手も気をつけて接するようになる可能性があるでしょう。

自分の気持ちを伝えずに我慢し続けると、ストレスが溜まりすぎて苦しくなってしまうことがあります。

それを避けるためにも、自分の気持ちを正直に伝える勇気を持つことも必要になるでしょう。

 

毅然とした態度で接する

相手に対して怯んだり萎縮したりすると、それにより「やっぱりこの人は自分よりも下だ」と思わせてしまうことがあります。

できるだけ毅然とした態度で接するようにして、堂々としているように意識してみましょう。

平気で人を傷つける人は、自分よりも弱そうと感じた人を攻撃する可能性が高いです。気持ちを強く持って接することで、一目置かれるようになるケースもあるでしょう。

 

信頼できる人に相談する

自分一人だけではどうしようもない…と思った時には、信頼できる人に相談してみる方法があります。

間に入ってもらうことで、誤解が解けるようなケースもあるのです。そして「自分は一人ではない」と思えるようになるので、気持ちが楽になるでしょう。

相手に非があることを理解してもらうために、信頼できる人の力を借りるようにすることも、時には必要だと思っておくことが大切です。

 

平気で人を傷つける人の心理を知って距離のとり方を理解しよう

平気で人を傷つける人の心理を知ると、距離のとり方が分かることが多いです。そして今後の行動の仕方についても自信を持てるでしょう。

表面だけで相手を判断せず、内面を理解することも大切です。表面だけでは分からない悩みを抱えている可能性もあるでしょう。それが分かると、苦手意識を持たずに接することができるようになる場合もあるのです。

 

☆こちらの記事もおすすめです!

>>>物事をはっきり言う人の心理に隠れた本音と親しくなるためのコツ

 

☆こちらの弊社公式HPのコラムも読んでみてくださいね!

>>>お見合いを断った相手に再度申し込みすることは可能?ポイントや方法について

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP