恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

急に片付けたくなる心理の意味・掃除で得られる精神的なメリット

急に片付けたくなる心理の意味・掃除で得られる精神的なメリット

急に片付けたくなる心理については、一度は経験したことがありませんか。掃除しようと思っても、重い腰がなかなか上がらないケースがありますよね。

しかしそんな場面とは逆に、忙しくても急に片付けたくなる心理になります。いつも整理整頓された空間で暮らすのは快適。

しかし疲れた時の片付けほど、面倒に感じるものはありません。では急に片付けたくなる心理の意味について、詳しくご紹介していきましょう。

 

急に片付けたくなる心理とはなぜ?

急に片付けたくなる心理の意味・掃除で得られる精神的なメリット急に片付けたくなる心理についてご説明します。片付けや掃除は、部屋を綺麗にするのが最大の目的ですが、心の中も整理整頓したくなる場合がありますよね。

 

イライラしている

イライラしている時に、突然掃除をしたくなったことはありませんか。掃除は体を使う作業なので、疲れている時はできればやりたくないもの。

しかしイライラやストレスが溜まっていると、思いきり体を動かしてストレス発散したくなります。運動するのは大変でも、掃除ならすぐに取りかかれるので、家でできるよい気分転換。

イライラしている時は、散らかった部屋がさらに気分を悪くするので、急に片付けたくなる心理になります。窓を全開にして空気を入れ替えれば、気分も一新するでしょう。

 

気分転換したい

なんとなくマンネリする生活風景。刺激が欲しくなると、部屋の模様替えをする人がいますよね。急に片付けたくなる心理は気分転換したいためで、まずは普段の生活風景から変えていきたいと思うのです。

気分転換したくなるのは、現実世界から逃げ出したい理由があるかもしれません。もしくは単調な生活に飽きてしまうのも、大きな理由になるでしょう。

片付けや掃除は、生活シーンに刺激をプラスしてくれるので、定期的に気分転換したい人にはよい方法ですね。

 

視覚的な癒しが欲しい

食器や洋服、新聞のチラシなど。室内のあちこちにものが散らかっていると、視覚的にもストレスを抱きやすくなります。

急に片付けたくなる心理は、自分の置かれた環境を見直して快適に変えたいためなのです。散らかった部屋よりも、整頓されている場所のほうが視覚的にもリラックスできますし、癒されますよね。

そんな利点を知ると掃除嫌いの人も、これからはどんどん片付けができるようになるかもしれません。

 

運気が変わる瞬間

急に片付けたくなる心理は、スピリチュアルな意味が隠されているケースもあります。毎日忙しくて、家に帰ると寝るだけの日々。

そんな生活リズムの中で急に掃除や片付け、模様替えをしたくなることがあります。それは運気が変わる瞬間で、これから何かが起こるサインかもしれません。

運気は人が無意識に感じ取ることで、変化を感じると環境を新しく改善したくなります。片付けしたいという気持ちは、何かを変えたいというエネルギーの始まり。運気が変わる瞬間だと思い、頑張って整理整頓しましょう。

 

達成感を覚えたい

仕事や恋愛など、何をしても手応えを感じられない時があります。達成感とは自分が何かをやりきった時に覚えることで、普段の生活ではあまりチャンスがないかもしれません。

しかし片付けや掃除は、ひとつの作業としてゴールがあります。綺麗に仕上がった時には、頑張った自分にご褒美をあげたくなるでしょう。

急に片付けたくなる心理は、そんな達成感を得てもっと自分を高めたいサインかもしれません。

 

人生の転機

失恋した時や転職した時などは、生活環境を変えたいと思いませんか。不要なものを処分したり、過去の自分と決別したりする時に、自然と片付けたくなるものです。

部屋の中がすっきりとすると汚れと一緒に、溜まっていた悪いネガティブな力も排除されるでしょう。

人生の転機を迎えると気持ちを引き締めるために、ひとつの区切りとして大掃除したくなるケースがあるのです。

大きな決断を迫られて悩んでいる人は、思いきり掃除や模様替えをすると、よいアイデアが閃くかもしれません。

 

掃除するとよいことが引き寄せられる理由

急に片付けたくなる心理の意味・掃除で得られる精神的なメリット掃除するとネガティブなエネルギーがなくなり、よいことがどんどん引き寄せられてくると考えられています。急に片付けたくなるのは、そんなプラスのエネルギーを自分の行動で招いているのかもしれません。

 

鏡の法則

鏡の法則、投影の法則と呼ばれるように、自分が見ているものは心を映し出しています。部屋が散らかっているのは、心の仲が乱れているサイン。

掃除ができないのは時間がないためではなく、心の中で自分の行動を抑制する原因があるのです。精神的な負担が増えると部屋の中が散らかり始めるように、ゆとりがないと生活空間にも影響が出てしまいます。

鏡の法則では、部屋が綺麗な人は心も安定して、快適な人生を送っていることになります。片付けをするのは精神的にも、心の整理をする準備ができたという意味があるのでしょう。

 

風水の運気アップは掃除

風水を信じて行動する人が増えていますが、掃除は風水において運気アップのコツだといわれています。恋愛運や金運、健康運や仕事運など。あらゆる気の流れは、生活空間に漂っているのです。

とくに水回りはマイナスエネルギーが溜まりやすいので、こまめに掃除や片付けをしたほうが運気上昇になるでしょう。

また普段やらないテレビの後ろなど、ホコリが積もっているところもマイナスエネルギーが集まってしまいます。

開運するためにも片付けをこまめにする人には、風水のパワーでよいことが引き寄せられていきます。

 

人間関係が広がる

部屋が散らかっていると、急なお客さんが来た時に困りますよね。見られないようにドアを少しだけ開き、忙しい振りをして無理やり帰ってもらうこともあるでしょう。

片付けや掃除をすると、突然の来客があっても安心。逆に友人や知り合いをどんどん招いて、自分の家を見てもらいたくなります。

人間関係を幅広くするためには、ちょっとしたきっかけが大切になります。しかし急に片付けたくなる心理は、今よりも友人を増やしたい気持ちも隠れているかもしれません。

 

探しものが減る

片付いている部屋は、ものがどこにあるかすぐにわかるので、探し物が減るメリットがあります。つまり生活の中で時間のロスが減りますので、やりたいことももっとできるようになるでしょう。

確かここに置いたはずなのに…といつまでも探し物を続けるのは、ストレスにもなります。見つからないものが増えるごとに、生活の不便さも感じるでしょう。

余計なものを買ってしまい、無駄遣いするケースも。整理整頓はその瞬間だけの喜びでなく、生活を効率的にする目的もあります。

 

集中力が高まる

オフィスのデスクの上が散らかっていると、書類を探さなければならなくなり仕事の効率が下がってしまいます。

また乱雑な環境で仕事をすると、集中力が低下するので時間の無駄遣いにもなるでしょう。余計なものがあるとつい視線が行き、気が散ってしまいます。

片付けをこまめにすると、常にものが定位置に置かれているので効率的に。集中力が高くなると自分のスキルもアップしますので、結果的によいことばかりになるでしょう。

 

まとめ

急に片付けたくなる時はその気持ちを大切にして、どんどん周辺を整理してください。ずっと探していたものが発見されたり、部屋の美しさが再確認できたりするチャンスもあるでしょう。

掃除は溜まってしまうと取りかかるのが大変なので、定期的に予定を組んで続けるのが大切です。心の中を映し出す部屋。散らかり始めたら精神を安定させることも考えて、早速片付けをスタートしましょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてくださいね。

>>>捨てられない心理を理解して断捨離を始める最初のステップ

関連記事