恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

ネイルの色で心理がずばり見える!無意識に選ぶカラーは心をアピール!

ネイルの色で心理がずばり見える!無意識に選ぶカラーは心をアピール!

ネイルの色は、心理状況を示すもの。無意識に好きな色を選んでいるだけのように思いますが、ネイルの色は心理的なあらゆる要素を含めています。

美しくなりたい女性を、さらに輝かせてくれるネイルのオシャレ。指先が綺麗にアピールされると、一日がワクワクしてきますよね。

デート前に選ぶ色や、仕事向けに考えるネイルのデザインなど。シチュエーションごとにネイルの色は、誰しもが慎重に選んでいるはずです。

そこで少し気になるのが、心理的な意味について。ネイルの色でわかる心理について、早速解説していきましょう。

 

ネイルの色でわかる性格について

ネイルの色で心理がずばり見える!無意識に選ぶカラーは心をアピール!ネイルの色はつい視線が止まり、指先まで気合を入れている人はとてもオシャレに見えます。

ネイルの色は口紅と同じくらいに迷い、どれも素敵に見えてひとつだけに絞れない時もあります。それでは早速ですが、好みのネイルの色でわかる性格をご紹介しましょう。

 

ライトパープル

ラベンダーのような優しいライトパープルカラーは、春先などの気分がワクワクする時にとても合っています。

この色を選ぶ人は穏やかな性格で、周囲に癒しを与えてくれる存在。ネガティブに物ごとを捉えないので、周囲からは一目置かれる人です。

友人からも信頼されており、一緒にいるとなんでも話したくなる人かもしれません。

 

ブラック

個性的なネイルの色として、人気があるブラック。ゴシック系のファッションにもよく合うネイルの色ですが、ブラックが好きな人は想像力が豊かなクリエイティブタイプです。

黒はインパクトがあり、自分の存在をアピールしたい時に選ぶ色。洋服も黒を身に着けると、自然と目立つ効果がありますよね。

ブラックのネイルは自覚していなくても、アーティストの要素を持っている人が多く存在します。

 

オレンジ

ネイルの色で人気があるオレンジは、どの色にしようか迷った時に最終的に選ぶことがよくありませんか。

オレンジを好む人は、元気で大胆。衝動的に行動するケースもあり、周囲が驚いてしまいます。

グループの中では周りを引っ張る役目になり、新しいことに挑戦するのが大好き。オレンジは周囲に元気を与える色なので、全身で自分の魅力をアピールできる人です。

 

ライトグリーン

指先がパッと目立つライトグリーンは、目立ちたい人が選ぶ色。同じくパステル系のカラーのオレンジやピンク色と違うのは、グリーン系は安定感があるところです。

元気な性格でエネルギッシュでありながらも、冷静に判断するスキルがあるタイプ。作り笑いによって、周囲を和ませるケースもあるでしょう。

 

ホワイト

モノトーンのネイルの色は、気分転換に選びたくなる色です。ホワイトは気分的に若く、あちこち活動的に動く性格。

人付き合いが上手で、誰とでもすぐに打ち解けられる性格は、周囲からも大切にされて困った時に誰からが必ず助けにやってきます。

ホワイトのネイルは、流行を追いかけるのが好きなことも特徴。人よりも先に飛びつく性格かもしれません。

 

ピンク

ピンクは結婚式や入学式など、大切なイベントにも合う人気カラー。ピンクが好きな人は平和な環境を大切にして、その場の空気を読み和ませてくれます。

そんな優しい一面がありながらも、キャリアを伸ばすような野心的な人もいるのが特徴。イメージとしては品があり、優雅な女性が好むネイルカラーかもしれません。

 

レッド

大人のオシャレにオススメのレッドのネイルは、自己主張をはっきりとする性格です。赤は情熱的な色なので、感情的な人と思われやすいもの。

周囲から信頼されており、リーダーシップをしっかりと持てるのが特徴です。赤のネイルを選ぶ人は友人が多く、グループ行動が得意。

周囲を引っ張ってチャレンジするような場面は、とても上手く乗り越えられるでしょう。

 

ブルー

集中力が高まるブルーを選ぶ人は、冷静な判断が下せるのでグループの中に必ずいてほしいタイプです。

落ち着いた印象があり、爽快感や清潔感を大切にするセンスは、誰にでもよいイメージを与えるでしょう。

ミステリアスな魅力もアピールできるので、個性を大切にする人が多いかもしれません。

 

ネイルの色の心理について

ネイルの色で心理がずばり見える!無意識に選ぶカラーは心をアピール!ネイルの色は心理的な意味や性格がわかるもので、毎回同じ色を繰り返し選ぶ人は少ないと考えられます。

深層心理がシチュエーションや時間で変わるように、ネイルの色も変わってくるのです。ではネイルの色と心理について、気になることをご説明しましょう。

 

ネイルの色で共感してほしい

ネイルに関して「見て!」と積極的に迫ってくる女性は、色やデザインなどのセンスに共感してほしい心理があります。

ネイルは、洋服以上にセンスが求められるものともいわれているので、自分のお気に入りのネイルの色は誰かに認めてもらいたいのでしょう。

ネイルが輝くように綺麗に仕上がっていると、思わず視線がそちらに行ってしまいます。アプローチしなくても、周囲の注目を集めるもの。

それでもあえて自分からネイルを見せてくる女性は、誰かとつながっていたい気持ちなのかもしれません。

 

自信を持ちたい

ネイルケアをしっかりとやる人は、自信をつけるためといわれています。手の動きやオシャレはすぐに視線に留まるところなので、自分をアピールするにはネイルはとてもチャンスになるでしょう。

メイクやファッションは自分の雰囲気に合わず、イメージダウンにつながりやすいものです。

ネイルはその点、オシャレの中でも色々とチャレンジができることなので、失恋して自信喪失した時や気分転換したい時にネイルの色選びに力が入ります。

 

周りに注目されたい

「ネイルが綺麗だね」と誰かに言われると、とても嬉しいですよね。ネイルの色の心理は注目されたい気持ちの表れで、目立ったファッションができない人などは、指先のオシャレで周囲の反応を期待しています。

注目されるとさらにネイルにも力が入り、色選びだけでなくデザインを変えたりパールやストーンをつけたりして、本格的なネイルで周囲をあっと言わせることもあるかもしれません。

服装は地味だけれどネイルが派手という人は、心理的に注目されたい願望があるでしょう。

 

女性らしい

爪が伸びたままでケアされていない指先は、女性としての品が感じられない場合もあります。

ちょっとした部分なのでつい手を抜いてしまいますが、ネイルは他人からよく見られる部分。

しっかりと手入れをしていなければ、センスがない人だと思われてしまうケースもあるでしょう。

ネイルの色が輝いている指先はとても女性らしく、指が細長く見えるメリットがありますよね。

頭の先から爪先まで女性の魅力を意識する人は、ネイルサロンに通っていつもオシャレをしているかもしれません。

 

好きな人ができた

恋をすると女性は綺麗になるといわれていますが、好きな人ができると今までネイルをやったことがない人も挑戦したくなります。もっと自分を綺麗に見せたい時は、普段やらないオシャレをやってみたくなりますよね。

ネイルは男性に注目してほしい時にするオシャレでもありますので、突然ネイルに興味を持ち始めた人は恋をしているのかもしれません。ネイルの色の心理で、自分を指先からアピールしているのです。

 

まとめ

ネイルの色の心理は、自分では意識していないかもしれませんが、その時の心の中を示しています。

今度は何色にしようかな?と迷った時は、今どのような気分なのか考えてみると、ピッタリの色が見つかるかもしれません。

ネイルの色の心理は、相手に上手に自分を伝えるために大切な部分。違った魅力を知ってもらうためにも、あらゆるネイルの色にチャレンジしてみませんか。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>ピアスを開ける心理・場所ごとにわかる心理状況

関連記事