恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

ワンピースを選ぶ心理とパンツ系の女子の違いについて

ワンピースを選ぶ心理とパンツ系の女子の違いについて

ワンピースを選ぶ時の深層心理について、考えた経験はありますか。女性らしく見えるのはパンツよりもスカートですが、パンツスタイルでも素敵に女性らしく着こなしている人は世の中に大勢いますよね。

洋服は周囲へのアピール力が高く、女性にとっては自分を素敵に見せる大切なアイテムです。初めてのデートで、最も人気が高いワンピース。

男性の視線を気にして洋服を選ぶ人は、とても多いでしょう。ではワンピースを選ぶ心理と、パンツ系が好きな女子との違いについてご解説していきますね。

 

ワンピースを選ぶ時の心理はなぜか?

ワンピースを選ぶ心理とパンツ系の女子の違いについて花柄やストライプ、ロング丈など。ワンピースはあらゆるオシャレに活用できる洋服ですが、大切な時に選ぶ場合が多いのでお出かけ用として着る人も多いですよね。

ではスカートやパンツでなく、ワンピースを選ぶ心理はなぜなのか、考えられる理由をご紹介しましょう。

 

女性らしく見られたい

ワンピースは初デートやお見合いなど、女性にとって「勝負服」になることがよくあります。ワンピースはとても女性らしさがあり、スカートの裾がヒラッと動く様子は男性がドキッとするかもしれません。

女性らしさをアピールするなら、やはりスカートが一番。さらにワンピースは豪華に見えるため、モテるための服として使うこともできます。

コーディネート次第では、1枚だけでもあらゆる場面で使えるワンピース。異性からも同性からも女性らしさを感じてもらえる、不動の支持率を持つ魅力があります。

 

適度に肌を露出したい

ワンピースは適度に肌を露出できますので、異性の視線を気にした時は便利に活用できます。ミニスカートと、体型がすぐにわかるピッタリとしたトップスの組み合わせだと、少しやりすぎ感が出てしまいます。

ワンピースは清楚なイメージを出しながらも足が見えるので、バランスよく女性の武器になるアイテムです。夏はタンクトップを着るよりも、ノースリーブのワンピースのほうが好感度は高いでしょう。

女性が肌を露出したくなるのは、色気をアピールしたいため。好きな男性とデートでワンピースを選ぶ心理は、わずかな刺激を与えられるからでしょう。

 

体型をアピールしたい

体型に自信がある人は、自慢のためにワンピースを選ぶ心理があります。一枚でコーディネートできる手軽さの割には豪華に見え、しかもデザインによってはボディパーツをアピールできます。

ウエストを絞ったワンピースなら、キュッと締まった体型が自慢のポイント。バストやヒップなどもワンピースだからこそ、自然にアピールできますね。

ピッタリとしたタイトなワンピースは、男性からも好感を持ってもらえるものになるでしょう。普段からエクササイズして体型をキープしている人なら、少し大胆なデザインでも安心ですね。

 

ファッションセンスがよい

自分のセンスを自慢したい人は、ワンピースを選ぶ心理があります。一見ワンピースは一枚なので簡単に着られる便利なアイテムですが、可愛らしさや清楚さを出すにはアクセサリーやカーディガンの重ね着など、あらゆるコーディネートが必要です。

ワンピースをオシャレに着こなすにはセンスが求められますので、ファッション通な人はワンピースで周囲の視線を集められるでしょう。

一年を通して活躍するワンピースは、季節の違いを演出できるほどの上級技があると安心です。

 

トップスとボトムスを別々に決めるのが面倒

出かける時の服装を考えるのは楽しい反面、これだ!というものが決まらないと憂鬱になる時がありませんか。お気に入りのトップスを着るためにボトムスを選び出すと、しっくりこないコーディネートばかり。

そんな場面で活躍するワンピースは、たった1枚でもお出かけ着になります。特別な日のお出かけ着として人気があるワンピースですが、意外にもファッションにこだわりがなく、なんでもよいというタイプの人にも好まれています。

その理由は1枚で全てこなしてくれるので、オールインワン化粧品を使うような魅力があるためです。

 

パンツ系が好きな女子の特徴について

ワンピースを選ぶ心理とパンツ系の女子の違いについてジーンズやパンツを着る機会が多く、スカートはあまり持っていない女子も存在します。「女性ならスカート、スボンは男性」というのは、昔のことかもしれません。

ではパンツが好きな女性はどのようなタイプか、特徴を見ていきましょう。

 

活動的な性格

スカートだと走ったりジャンプしたり、足を広げてイスに座ることもできません。足元が目立つスタイルは活動範囲が限られてしまうので、機能性を重視する人はパンツを選びます。

活動的でいつもじっとしていられない性格の女性は、身動きがとれやすいようにジーンズやパンツスーツなどを選ぶでしょう。

スカートだと必然的に、身のこなしも女性らしくしなければならないプレッシャーがありますが、パンツなら余計なストレスを抱えずに活動できます。

 

男性の好みを知っている

ワンピースはモテ服。しかし最近はパンツスタイルも男性からの人気が高く、初デートでパンツを選ぶ女子も増えているようです。

ワンピースのほうが女性らしくて可愛らしい印象を与えるはずなのに、なぜパンツが好かれるのでしょうか。その理由は男性ウケを狙っていない性格が、女性としての魅力になっているようです。

活発に活動する女性は自立して、男性に頼りすぎる場面も少ないでしょう。大人の女性をイメージさせるオシャレなので、適度にスカートとパンツを交互に着こなせる女性が人気です。

そんな男性の本音を知っている人は、わざとパンツスーツを選ぶ場合もあるでしょう。

 

個性的なセンスがある

パンツは女性のスカートのイメージをなくし、自分らしく快適にオシャレしたい人が選ぶアイテムです。パンツはスカート同様に、デザインや丈の違いなどがありますので、カジュアルとフォーマルどちらにも活用できます。

個性をアピールしたい人はパンツを上手く使い、意外なコーディネートで登場してくるでしょう。遊び心を持った大人のオシャレ。そんな魅力を発揮できる人は、パンツを上手に使いこなしています。

 

男らしいさっぱりとした性格

性格が大雑把な男らしい性格の女性は、見た目も意識しています。性格がさっぱりとしていると、動作や話し方まで男性らしくなり、洋服も自然と活動しやすいパンツ系が多くなります。

普段はジーンズや短パンなどでどこにでも出かけ、大切な時以外はスカートを穿かない人もいるでしょう。

しかし女性から見て男らしい人と、男性から見た場合は若干違うところがあります。本当は恥ずかしくて異性に近づけないので、わざと女性らしさをなくしている場合もあるでしょう。

 

肌を出すのが苦手

パンツ系の女性は、肌を出すのが苦手という共通点があります。足を出すのが恥ずかしい、スタイルに自信がないなど、スカートを穿きたくない理由があるかもしれません。

パンツでもスキニータイプのように、ヒップの形がわかるデザインもあります。肌が露出されなければ、多少体型がバレてもよいという人も多いでしょう。

 

ワンピースを着こなすコツをマスターしよう

ワンピースは着るだけではセンスが光りませんので、メイクや髪型、アクセサリーやバッグなどでコーディネートすると素敵です。

どのような目的でオシャレするかわかっている人は、ワンピース選びがしやすくなるでしょう。体型のコンプレックスがある人はカバーできるデザインにするなど、快適に着こなせるワンピースを一枚キープしておくと便利です。

 

まとめ

ワンピースを選ぶ心理は、女性としての魅力を外見でアピールしたいのが理由。ファッションは自分に似合うことが大切なポイントなので、ワンピースもパンツも女性らしく見えるよう注意してください。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>青いアイシャドウを使う心理と色でわかるその日の気分!

関連記事