恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

ドタキャンする心理を理解して接しやすくなるには

ドタキャンする心理を理解して接しやすくなるには

ドタキャンする心理の意味がわからないと思った瞬間はありませんか。約束をした直前になって行けないと連絡をしてくる人や、ずっと待っていても結局来ない人など。

ドタキャンする人は、とても迷惑な存在ですよね。明らかに嘘だとわかる言い訳をしてくる、このタイプの人たち。

それならなぜ最初に約束をしてしまうのか、不思議に感じませんか。ドタキャンする人はそれが習慣になってしまうこともあり、そんな付き合い方を続けていると友達からも距離を置かれてしまうでしょう。

でもどのような人がドタキャンをするタイプなのか、上手く見極める基準も難しいですよね。

そこで早速ですがドタキャンする心理を理解して、上手に回避するコツをお伝えしましょう。



ドタキャンされた時の気持ち

ドタキャンする心理を理解して接しやすくなるにはドタキャンされると、複雑な心境になりませんか。次のような気持ちは、誰もが経験したことがあるでしょう。

 

悲しくなる

ドタキャンされて嬉しくなる人はいないでしょう。自分がもしその立場になったなら、その瞬間はとても悲しくなりますよね。

たとえば友達と買い物をする約束で、お店で待ち合わせをする時。その日のために洋服を選び、場合によっては他の人との約束を断っていることもあるでしょう。

時間をかけて楽しみにしてきたことを、簡単にドタキャンされるとショックで悲しくなります。

 

自分が大切な存在でないと感じる

仕事の大切な得意先と顔を合わせる予定や、大好きな人との初めてのデートなど。自分にとって意味のある約束は、何があっても守りたいと考えます。

いっぽう約束をドタキャンするということは、その程度の相手。そう受け止めてしまっても、仕方がありませんよね。

自分が相手にとって大切な存在でないとわかる瞬間は、とても不快な気持ちにさせられます。

急な用事ができてやむを得ずドタキャンしなければならない場面は、ありそうですが実際にはそれほどないものです。

 

頭にくる

長い時間待たされた挙句にドタキャン。こんな思いをさせられたなら、頭にくるのは当然ですよね。

しかも相手はすぐにわかるような言い訳をしたり、約束を無視して連絡をしてこない人もいます。

約束を守れないのはマナー違反。同じ人に何度もドタキャンされたら、今後の付き合いについて悩んでしまいますよね。

楽しみにしていた約束がキャンセルされたとしたら、その一日はなんとなく頭にきてイライラしながら過ごしてしまうでしょう。

 

何かあったのか相手が心配になる

連絡をしても返信がない、待ち合わせ場所に来る様子もないなんて時は、なんとなく悪いことばかり考えてしまいますよね。

そんな心配とは裏腹に、ドタキャンする人はどのように言い訳をしようか頭を悩めています。

どうしても行きたくない約束ごとは、なるべく早く相手に連絡をすることがマナー。約束の時間まで相手を拘束するのは失礼な行為になりますし、さらに心配をかけてしまうのは一番避けたいことですね。

 

ドタキャンする人の心理

ドタキャンする心理を理解して接しやすくなるにはドタキャンする人の心理がわからない!そんな怒りを抱えた人に知ってもらいたい、ドタキャンする人の心の中についてご紹介しましょう。

 

面倒くさい

約束した時はとてもワクワクしたけれど、当日が近づくにつれてだんだん行くのが面倒くさくなるのは、誰でも体験したことがある気持ちでしょう。

約束の内容や相手にさほど魅力を感じないと、どうしてもだらだらしてしまいますよね。キャンセルする時は、相手に迷惑がかからないようにできるだけ早く連絡すること。

たとえばアウトドアのイベントのように、準備が必要な約束もありますよね。行けない時や行きたくない時は、早めにキャンセルをしましょう。

 

相手に対する思いやりがない

もしドタキャンしたらと考えると、相手に申し訳ないと感じるのが普通です。自分のことしか考えられない人はキャンセルのことだけが頭にあり、その先を読んでいません。

相手をずっと待たせている様子や、心配して何度も連絡をしてくれることなどよりも、とにかくキャンセルのことで必死になっているのです。

思いやりがない人は自分勝手な行動をとりますので、ドタキャンをすることも平気なのでしょう。

 

今後の付き合いをしたくない

約束をしている相手に魅力を感じない時や、嫌いな人と無理やり約束した場合は、その後の関係を犠牲にしてでもドタキャンすることがあります。

「これからどうなってもいいや」という人だと、相手からどう思われてもよくなりますよね。

たとえば、しつこい異性からデートを誘われた時。その場では適当にOKしたけれど、断らないと更にしつこくされそうなんてことがありますよね。

そんな場合は深い付き合いをしたくないために、自分の意思表示としてドタキャンしてきます。

 

楽観的な考え方をしている

行かなくても大丈夫だろうと楽観的な考えをする人は、ドタキャンの心理が働きやすく物ごとの重要性に気がついていません。

「なんとかなる」と楽観的な考え方をする人は、過去にもドタキャンをしてなんとか免れてきた経歴があるでしょう。

よほど痛い目に遭わないと、ドタキャンの意味がわからないのです。想像力が欠けてしまうこのタイプは、自分がドタキャンされても平気でしょう。

 

規則正しい生活ができない

時間にルーズで気分によって行動を起こす人は、誰かと約束しても待ち合わせに遅刻するのは当たり前。

下準備もしないので待ち合わせ場所を間違えたり、約束した日時すらしっかり憶えていないことも。

決めたことを守るのは簡単に見えますが、時間にルーズな人にとってはとても高いハードルになるのでしょう。

こんなタイプと約束する場合は、ギリギリまで確認しておく必要がありますね。

 

マイペースな性格

マイペースでのんびり屋のタイプ。ドタキャンする心理には特に意味がないけれど、早く行動が起こせない性格なので、つい相手に迷惑がかかってしまう場合です。

気がついたら今日は約束の日だった、今さら準備しても間に合わないなんて時は、ドタキャンせざるを得なくなってしまいます。

マイペースな人の生活パターンは、適度にコントロールしないと他人にも迷惑がかかるので注意しましょう。

 

このようなタイプには要注意!

ドタキャンする心理を理解して接しやすくなるにはドタキャンされたくない場合には、次のタイプの人たちとはなるべく約束しないほうがよいですね。

もしくはどうしても約束しなければいけない場合には、慎重に対応する必要があるでしょう。

 

過去にドタキャンされた人

過去に約束をしたことがあり、その時にドタキャンしてきた人には注意が必要です。ドタキャンが悪いことだと未だに思っていない可能性があり、またドタキャンする心理が働く可能性があります。

 

約束した時に乗り気でない

約束した時にあまり乗り気でない人だと、当日の展開が心配になりますよね。このタイプとは約束の前日にメッセージで必ず確認をし、ドタキャンされないように予防策を張っておきましょう。

本当に楽しみにしていることなら、約束前から盛り上がるはずです。

 

言い訳をするタイプ

やたらと言い訳を習慣にしている人もいます。自分のミスを認めず人のせいにしたり、ごまかすタイプの人はドタキャンすることもあるでしょう。

言い訳上手だと当日具合が悪くなった、車が渋滞しているなど、あらゆるパターンの言い訳を心得ています。

このタイプと約束するのはできるだけ避けたいことですが、相手が興味を持つことであれば向こうから誘ってくるはず。

そのため誘われるまで、慎重に様子を見ることも方法ですね。

 

まとめ

ドタキャンする人の心理は、相手の行動パターンや性格なども合わせて考え、これからも上手に付き合っていきましょう。

「ドタキャンしないでね」と一言釘を刺すだけでも、効果があるのではないでしょうか。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>わがままな心理を知って彼氏の気持ちを理解する方法



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報