恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

結婚しないのと聞く人の心理に共通すること・うまく答えるにはどうすればいい?

結婚しないのと聞く人の心理に共通すること・うまく答えるにはどうすればいい?

結婚しないのと聞く人は、心理的に知りたいことがあるのでしょうか。場合によっては「結婚」という言葉を出しにくい関係もありますが、結婚を意識した付き合いなのかどうか、不安を抱えながら交際する人は世の中に多いですよね。

そこで今回は、「結婚しないの?」と聞く人の心理に共通することや適切な答え方について詳しくご紹介していきましょう。

 

結婚しないのと聞く人の心理について

結婚しないのと聞く人の心理に共通すること・うまく答えるにはどうすればいい?「なんで結婚しないの?」「結婚は考えないの?」とさりげなく聞いてくる人がいますが、心理的には次のような意味が考えられます。

 

好意を寄せているから

結婚しないのと聞く男性は、心理的に好意を寄せているために質問してきます。「彼氏はいるの?」という質問に似た意味がありますが、結婚しないのと聞く場合は少しデリカシーがない人にも感じますよね。

しかし本意としては好意を匂わせているためで、チャンスがあれば付き合いたいと思っているのでしょう。相手の結婚観を知り交際する際の心構えにしたい、結婚観をすり合わせたいという時に質問しています。

この質問をする人は、自分が結婚適齢期を迎えていることもあるのでしょう。そのため同世代の女性と結婚について考え方を共有し、将来を一緒に考えたいのかもしれません。

 

単純に興味や関心があるから

結婚しないのと聞く人は、心理的に何でも知りたい好奇心旺盛な人です。知らないことがあると知識を増やすために努力するので、積極的に態度に表れ、すぐ人に質問したり知ろうとしたりします。

探求心がとても強いので、仕事や趣味などでも徹底的に学んでいくでしょう。人間関係でもそのような自発的なところが見られるため、気になったことはストレートに質問します。

綺麗な人なのに彼氏がいないと「なんで彼氏ができないの?」と聞くでしょう。悪気はないのですが、他人のことに少し首を突っ込みすぎるところがあるかもしれません。

 

大切に思っているから

結婚しないのと聞く人は、心理的に相手をとても大切に思っていることが考えられます。恋愛感情があるというよりも大切な友人や兄妹のような感覚で、結婚適齢期なのにまだ一人でいることを心配しているのです。

「本当は素敵な人を見つけたいけれど見つからないのではないか」「将来の計画をきちんと立てているのか」と気になってしまうのは、親心のようなものがあるから。

結婚しないのと聞く人は、質問の仕方によっては少しガサツな印象を与えてしまいますが、本当はとても思いやりがあり優しい人です。「今日はあまり笑わないけど元気?」など、細部まで気を配っています。

 

お節介な人

結婚しないのと聞く人は、心理的に他人のお世話をしたいため。出しゃばってしまうこともあり、入らぬ世話焼きになる場合もあります。いつまでも独身の人を見つけると、お見合いや合コンなどを勧めてくるタイプ。

本人に結婚する気がなくても、お節介な人は自分の感覚で物ごとを進めてしまいます。頼んでいないのに勝手に介入してくるので迷惑に思われることも。「結婚しないの?」という質問は、自分の出番を探している意味もあるのでしょう。

 

マウントをとっている

心理的に相手よりも自分が優れていると優越感を得たいために「結婚しないの?」と聞く人もいます。女性同士の会話でたまにありますが、自分が結婚したばかりで独身の友人に質問するようなシーン。

「私は結婚したけれど、なぜあなたは結婚できないの?」という意味を込めて、勝ち負けを判断しているのでしょう。マウントをとる人は、あらゆる場面でこのような態度になっており、敵わないと思う相手には優越感を得るために少し無理をしているはずです。「こんな簡単なこともできなかったの?」など、冷たい発言もたまにあるかもしれません。

 

結婚観を押しつけている

結婚しないのと聞く人は、心理的にいつも自分が正しいと思っているからです。とくに「結婚観」に関しては、自分の思うことが標準的であり当たり前だと感じています。

ある程度の年齢なのだから結婚を意識しなければいけない…そう思う相手がいると、「どうしてまだ結婚しないの?」と聞いてしまうのでしょう。結婚の話題が出てもいい年齢なので、質問すること自体悪いとは思っていません。

「いい人がいないから…」と答えようものなら、「本気で婚活したほうがいいよ」とアドバイスしてくるでしょう。

 

候補になりたい

結婚しないのと聞く人は、心理的に自分が結婚相手の候補になりたいことが考えられます。恋人がいるか、結婚を意識しているかなど、好きな人の情報を収集しているのです。

「結婚したい人がいないから…」という相手の答えなら、自分にもチャンスがあるとわかります。会話の後から急に接近してきて、デートに誘われることが増えるかもしれません。

このタイプの人は、恋愛相手よりも結婚相手を探している可能性があり、真面目な交際を考えているのでしょう。「彼氏はいるの?」という質問よりも、結婚を匂わせることで自分の目的を知ってもらいたいのです。

 

結婚しないのと聞かれたらどう答える?

結婚しないのと聞く人の心理に共通すること・うまく答えるにはどうすればいい?結婚しないのと聞く人にはどのように対処するべきか、答え方で意識したいポイントや注意点などをご紹介しましょう。

 

笑ってごまかす

「まだ結婚しないの?」と質問されるのは、あまり気分がいいことではありません。結婚へのプレッシャーを感じ、人によっては不快になることもありますよね。

しかし質問してくる人に悪意はないこともありますので、この場合は笑ってごまかすのが一番です。きちんと答えられない時、自信がない時は余計なことは説明せず微笑むだけ。

そんな態度から相手が察してくれることを願い、「いつ結婚できますかね」のようにごまかしてしまいましょう。

 

適当に聞き流す

結婚についてあれこれアドバイスしてくるお節介な人もいますので、あまり深入りしてほしくない場合は適当に聞き流しましょう。「結婚しないの?」と聞く人には、はっきり答えずに話題を変えてしまうことも方法ですし、「そうですね…」と軽く受け流すこともできます。

「私のことより、○○さんはどうですか?」と相手に話題を振ってしまうのも作戦のひとつ。話題を引きずらないためには、自然と避けることがコツです。怒ったり黙り込んだりしてしまうことは、今後の関係にも影響するのでできれば避けたいですね。

 

きちんと説明する

結婚しないのと聞く人は、心理的に色々な理由が関係しているため、納得できる答えが得られるまでしつこく聞いてくることもあるかもしれません。結婚観を知りたい人なら、相手に迷惑がかかるとは思わず普通に会話のネタとして聞いていますので、その場合は正直な思いを伝えることもよいかもしれません。

「今付き合っている人とは結婚観が違うから」「結婚したい相手がいないから」など、ストレートに答えてしまえば、相手の興味や関心が満たされるので今後はそっとしておいてくれるでしょう。

 

冗談で返す

もし好きな人から「結婚しないの?」と聞かれたら、同じ質問を返してしまうのも方法です。余裕がある時は、冗談で「じゃあ、私と結婚してください」と笑いをとるのもよいかもしれません。

どのような会話でも楽しめる雰囲気を作り、好きな人と接近するチャンスに。結婚の話題は、あえて触れたくない人も多いですよね。だからこそ気軽に話せる関係を作るきっかけにしてみましょう。

 

まとめ

結婚しないのと聞く人は、心理的に相手に好意を寄せている、または気にかけてくれているということがあるようです。質問の仕方によっては不快に感じる人もいますので、結婚については会話の流れで自然に聞くことが大切ですね。

 

☆弊社公式HPのコラムも読んでみてくださいね!

>>>アラフォーの婚活を成功させるためには?女性が知っておきたい行動の仕方について

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報

結婚相談所インフィニについて