恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

未読無視の心理を理解して相手と親しくなるには

未読無視の心理を理解して相手と親しくなるには

なかなか既読にならない未読無視。何か理由があるのかもしれないと、未読無視の心理を理解したいと思っても、ショックが大きいですよね。

返信ができないのなら、せめて既読くらいついてもいいのにと、何度も相手のLINEのトーク画面を確認することも。

未読無視をされても相手の心理がわかると、付き合い方のコツが見えて今まで以上に親しくなれるのです。それでは、未読無視の心理について見ていきましょう。

 

LINEが面倒だから

未読無視の心理を理解して相手と親しくなるには未読無視の心理には、LINEが面倒に感じている場合があります。LINEやSNSのやりとりが疲れてしまうと、アプリを開こうという気分になれない人も。

一度開いてしまうと、ずっとメッセージが続いていくのが予測できるため面倒くさい気持ちになるのです。未読無視をしている感覚がなく、忘れていることも多いでしょう。

 

通知に気づくのが遅い

通知の知らせが面倒だと感じて、通知をオフにしていたりまとめて開いたりする癖がある人も未読無視をする場合も。時間が経ってしまうと、「まぁいっか」と未読無視の心理になってしまうのです。

返信しようとする気持ちがあっても、つい忘れがちな未読無視の心理には悪気がないのが特徴。マイペースな性格の人に多いので、既読がつかない時は「昨日、LINE送ったんだけど見てくれた?」などと会った時に気軽に話しかけるのがポイントです。

その場でLINEを確認する場合もあり、相手の反応を確認することができるでしょう。

 

急ぎの用件ではないから

LINEが面倒だと感じると、メッセージが来てもすぐには返そうとしないのが未読無視の心理になります。何人もの友人からの通知が入ってくると、すぐに返せない時も。

急ぎの用件ではないと思っているので、後回しにしてしまうところがあるでしょう。LINEをあまり重要視していないため、数日経ってから既読になって返信がくる場合も。

相手の返信ペースを理解すると、すぐに既読がつかなくても納得できますよね。早急な用事がある時は、直接聞くとトラブル防止に繋がります。

 

忙しいから

返信するのが面倒で、暇だと思われたくないと忙しいふりをして未読無視をする人もいますが、仕事や用事があると忙しくてスマホチェックができない場合も。

時間の余裕がないと、未読無視の心理になる人もいます。一度既読にすると返信しなければと気を遣うため、開くことも遠ざかってしまうのです。

忙しそうにしている相手には、せめて既読がついて欲しいもの。メッセージに「返信不要」と入れて簡潔な内容を送ると相手も気兼ねなしに読めるでしょう。

返信しづらいスタンプや内容を控えて、送る頻度にも気をつけるのもコツです。

 

LINEが苦手

未読無視の心理を理解して相手と親しくなるにはメールやLINEが苦手だからと、あまりやらないと周囲にアピールする人は、既読がつくことも遅く未読無視の心理になる場合も。

日頃からLINEをほとんど使わない人には、既読や未読もこだわらないところがあり連絡を頻繁にチェックする機会が少ないのです。

LINEに時間を振り回されたくないとの思いもあり、スマホの操作が苦手な人もいるでしょう。

 

流れについていけない

LINEが苦手な人が未読無視の心理になるのは、相手のペースについていけない時も。グループLINEで盛り上がっている中に、途中から入るのは勇気がいるものです。

返すタイミングがわからずに、放置してしまうことがあります。通知の数がすごい状態になり、読み込むのも時間がかかってしまうでしょう。

取り残されてしまった気分になる人もいますので、未読が気になった時は、こちらから質問を送ってみたり電話をかけてみたりとアプローチをしていきます。

声をかけられると途中からでも、LINEのトークに参加しやすくなり返信しようという気持ちに。強制をせずに、「気が向いたらLINEでトークしよう」と伝えると、相手の気持ちも楽になるでしょう。

 

返信内容に悩んでいる

未読無視の心理には、どのように返信すればいいのかを悩んでいる場合も。苦手な相手や返信しづらいメッセージが届くと、すぐにトーク画面が開けずに悩んでしまうのです。

考えているうちに、時間が経過していき未読の状態が続く人も。返信相手によっても気を遣うため、送る内容を考えてからではないと既読がつけられないと思い込むところがあるでしょう。

真面目な性格の人に多く、必要以上に相手の感情を受け止めてしまうので苦手意識が強くなる場合も。相手にとって気まずい内容を送る時は、返信しやすいメッセージを意識すると相手も返しやすくなるでしょう。

 

未読無視をされた経験がある

未読無視をされたことがあると、LINEが苦手だと感じる場合も。返信後を考えて既読がつかなかったらと思うと、トーク画面を開くまでに時間がかかるのです。

自分の送るメッセージが気に障るかもしれないと不安になっている可能性も。すぐに既読がつかないと未読無視だと心理的に思い悩んでしまう傾向があります。

返信が遅れた場合は、「遅くなってごめんね」とメッセージに添えると未読無視ではなかったことに気づいて安心するでしょう。

 

恋愛感情が関係している時も

未読無視の心理を理解して相手と親しくなるには今までは当たり前のように異性とLINEをしていたのに、急に未読無視の心理になる場合も。異性とのLINEのやりとりは、駆け引きの可能性が高いのです。

良い雰囲気から一変して、未読無視になるのはどうしてなのでしょうか。

 

気を引きたい

友達以上恋人未満の場合は、恋の駆け引きによって二人の関係が前進する場合があります。好きだとアピールし続けていても、このままの関係だけでは物足りないと感じる人も。相手の気持ちを自分に向かせたくて、未読無視をする心理になることがあるでしょう。

毎日のように連絡をしていたのに、未読無視をされると心理的にも気になってしまいますよね。「なんで返信してくれないわけ?」と、心配して欲しいのです。

駆け引きに乗って連絡を何度もする方法もありますが、待つ姿勢でいると相手から不安になって再びメッセージが送られてくるでしょう。

 

好きな人がいる

好きな人とずっとLINEをしていたくて、他の人のLINEを後回しにする未読無視の心理。好きな人から通知が届くと、つい優先してしまうのです。

異性と連絡するのは、好きな人に誤解を与える可能性があるので意図的に避けている場合も。曖昧な態度をとって、他の人を傷つけたくない思いも隠されています。

そっけない態度やつまらなそうな返信が続いたなど、振り返ってみると未読無視になる前兆も。ダラダラとLINEをするのは、未読無視になる可能性も高くなります。

必要な用件がある時だけ連絡をすると、返信が期待できるでしょう。

 

怒っている

付き合っている人が未読無視の心理になるのは、怒っている場合があります。LINEの中で怒っていることもあれば、デートや通話の時にイラッとした可能性も。

もっと気にして欲しいと二人の関係に不満を抱いている人もいるでしょう。原因がわからない時は、すぐに謝ってしまうのも未読無視の心理を解消させる方法になりますが、しっかりと話を聞くことが解決策に繋がります。

メッセージよりも直接話すと、相手の気持ちが理解できて距離が近く感じるでしょう。

 

まとめ

未読無視の心理は、返せない理由があることが多いです。スマホの調子が悪い時もありますので、気にしないのがポイントに。

直接会える人には、LINEよりも自分の言葉で伝えることも大切なコミュニケーションになります。便利なツールなので自分の都合で送ってしまいますが、相手の都合を考えた内容や送るタイミングを意識すると今より親しくなれるきっかけになるでしょう。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>かまってちゃんの心理とは?過度なわがままで嫌われないために

関連記事