恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

寄り添う心理はとても大切・恋人の不安を取り除くためにやるべきこと

寄り添う心理はとても大切・恋人の不安を取り除くためにやるべきこと

寄り添う時の心理は寂しさや不安などがあり、信頼できる人にはしっかりと自分を受け止めてほしいと感じますよね。スキンシップは恋愛関係を築く土台としても欠かせないこと。

好きな人と触れ合うだけで、話をしなくても癒されることがあります。そこで今回は寄り添う心理と、恋人の不安を取り除く方法についてご説明していきましょう。


スポンサーリンク

寄り添う心理背景にあること

寄り添う心理はとても大切・恋人の不安を取り除くためにやるべきこと隣同士に座っている恋人の肩に寄り添いたくなることがありませんか。そんな場面では、深層心理が求めている何かがあります。

 

寂しい

寂しさは明確な理由がなくても、突然襲ってくる場合があります。何かに追われているようで、説明ができない時。一番話がしやすい恋人なら、きっと自分の思いは伝わるはずだと感じますよね。そんな時に寂しさを取り払うために寄り添う心理が働きます。

 

もっと愛情を示してほしい

寄り添う人は心理的な不安があり、恋人の態度や言動に愛情を感じられない状態です。そのため相手に寄り添いリ、アクションを期待していると考えられます。

愛情表現をしているつもりでも、人によって感じ方は違うでしょう。ふとした瞬間の冷たい視線や優しさ不足は、愛されていないと思い始めるきっかけに。

愛情表現が苦手な人も世の中には多いので、相手の性格や考え方を理解しておくと、恋人関係も上手くいくでしょう。

 

退屈している

寄り添う心理は退屈していることが関係していますので、その瞬間がつまらないのかもしれませんし、もしくはマンネリした関係に飽きている可能性もあります。

話すことがないため、スキンシップで相手の気持ちを引き寄せたいのでしょう。退屈するのはお互いに慣れている関係のため、考え方によってはよいことかもしれません。

しかしいつもドキドキしていたい人はマンネリ化してくると、自分から刺激を求めてくるのです。

 

相手にも寄り添ってほしいから

恋人にやってほしいことは、あえて自分が先に行うケースがあります。寄り添ってもらうととても信頼されていて、自分が大切な存在だと実感できますよね。

そのため自信をつけるためにも寄り添う心理になり、相手にも同じ態度で接してほしい願望があります。人間関係が上手くいかない時は、自己否定する瞬間が多くなってしまうので、そんな時に恋人から必要とされたくて寄り添って安心するのでしょう。

 

かまってほしい

自分だけをいつも見てほしい、いつもかまってほしいと甘えるタイプは、自分から寄り添う心理が働きます。しっかりと愛情表現を求めるタイプなので、仕事が忙しくて相手にされないと不安でイライラするはず。

そんな時に執拗なくらい愛情表現をしてもらわないと、とても悲しくなる性格です。かまってほしいタイプは、周りから自分がどう思われているか心配になりやすく、興味を引くために自分から恋人にちょっかいを出す場面も多いもの。上手く付き合うためには、積極的な愛情表現が欠かせません。

 

別れの予感?恋愛の不安を取り除く方法について

寄り添う心理はとても大切・恋人の不安を取り除くためにやるべきことデート中のつまらなそうな表情や、話しかけても「うん」「そうだね」と興味なさそうに会話する恋人。何があったのか、理由を聞き出したくなります。

いつもとは違う態度がずっと続くと、別れの不安も抱き始めてしまいますよね。そんな時に恋人の不安を取り除くコツを見ていきましょう。

 

少し離れて様子をみる

恋人に対して不安な感情が募ると、恋愛をする気力も低下してしまい、徐々に距離ができてしまうかもしれません。そんな時は不安だからといって無理に二人でいるよりも、少し離れてお互いの生活に意識を集中させると、気分転換になる場合も。

心配性の恋人なら、こんな時期は定期的に訪れるでしょう。わずかな意見の食い違いが別れの原因になるほど、物ごとをネガティブに考えている可能性もあるのです。

 

不安を感じる理由を考える

このままずっと付き合っていけるのか、この人で大丈夫なのか、そんな不安を抱く場面があるでしょう。恋人が不安を感じることはよくありますので、さらに溝を深めないためには、不安になる原因を考えてください。

理由もなく心配になっているようでも、じっくり考えると必ず気持ちが変わる出来事があったはず。たとえば彼氏の一言で不安が増したり、仕事が忙しくて会えなかったり。このような原因がわかれば、改善すべきところも見えてくるでしょう。

 

自分を客観的に見つめ直す

不安な恋人に正しく接するためには、自分の考えを押しつけずまずは客観的に自分自身と向き直ってください。恋愛はとくに自分の気持ちが入りやすいため、主観的に物ごとを捉えやすくなります。

自分が傷つかないように守りの体制になるので、なかなか相手のことまで考えられません。そんな時は相手がなぜそんな気持ちになるのか疑問視するよりも、自分の気持ちを考えてください。

恋愛は相手がいてこそのこと。自分の考えを押しつけないためにも、冷静に気持ちの整理をしましょう。

 

新しいことを二人で始める

恋人の態度が急に不安になったり、将来の二人がイメージできなかったりする時、初心に返り二人で何かを築き上げることに挑戦してみましょう。

慣れた関係は刺激がなく、最初は見えなかった相手の悪いところもどんどん気になり始めます。自分の選択が間違いだったと後悔すると、今の関係を立て直すよりも諦めるほうを選ぶでしょう。

そのような雰囲気が習慣になってしまうと、些細な出来事で別れることにもなりかねません。二人で新しい趣味を始めたり、旅行計画を立てたりして新鮮な気持ちを味わってくださいね。相手の違う一面を見るのが、今後もよい関係を築く秘訣になります。

 

相手の立場になる

人を好きになるとわがままな自分が現れ、もっと愛されたい、もっと尽くされたいと相手に要求することばかりが増えてしまいます。

すると見返りを要求するように恋愛をするため、相手の本当の素晴らしさには気がつかなくなるでしょう。恋愛の不安をかき消すためには、自分の思いを優先するのでなく、相手が今思っていることや必要なものを考える余裕が大切。二人で話し合いの場を設けて、お互いの改善点について話し合うのもよいですね。

 

恋愛は不安なこともある

好きな人といつまでも幸福でいたい気持ちと不安は裏腹。大切なものを失いたくないと思う気持ちは、積極的なアクションを起こすのが怖くなる原因です。

すると愛情表現が充分でなく、相手が不安になることも考えられます。失う不安を抱くのは誰にでもあるもの。無理やり不安をなくすために努力するよりも、不安があるからこそ相手の気持ちをしっかりと受け止められるようになるのです。

 

自分に自信を持つ

相手の行動や気持ちを疑ってしまうのは、実は自己投影している可能性があります。自信のなさが次第と相手への疑いや不安に変わり、悪い方向へ進んでしまいます。

恋愛関係を修復するためには、相手の悪いところばかりでなく、自分自身をよく知るのも必要。心配性の人は周囲の視線を気にする前に、まずは自信を回復させてください。

苦手なことを克服する習慣は、次第と心の余裕につながるので、恋人が不安な顔をしても必ず戻ってきてくれると安心できるはずです。

 

まとめ

寄り添う心理は、いつも大切な人とつながっていたい証拠ですね。好きな気持ちが強くなるほど、不安になるのは仕方ありません。そんな時は正直な気持ちを恋人に伝えて、意見交換をするとよいでしょう。

言葉にならない不安は、スキンシップで癒してもらうのが一番安心かもしれません。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>ポニーテールが好きな心理について・男性がドキッとする女性の髪型


スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

結婚相談所インフィニ

実績のある理想的な婚活の場所です!
(スポンサーリンク)

ハーバリウムジャパン

Moon Light

花言葉や恋愛のお悩みなどはこちらのメディアがお勧め!

(スポンサーリンク)

☆姉妹サイト

姉妹サイトもお勧めです!

Miracle Days

☆エンタメ系
Rising future

☆ツイッター