恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

伏し目がちの心理~好きな男性の前でやってしまう意味を理解しよう

伏し目がちの心理~好きな男性の前でやってしまう意味を理解しよう

伏し目がちの心理は、好きな男性の前でついやってしまうことがありませんか。自分の存在をアピールしたいけれど、恥ずかしくてできない心の葛藤。女性なら、一度は体験していることかもしれませんね。

本当は相手の目を見つめていたいけれど、どうしても伏し目がちの心理が働きます。こんな態度をずっと続けていると、相手に誤解されてしまうかもしれませんよね。

恋愛のスタートは、どこに隠されているかわからないもの。好きな人や気になる人の存在があると、自分の仕草が相手にどう見られているか気になります。

「伏し目がちになる癖を直したい」と思う人もいるかもしれません。しかし実はこの仕草には、隠された心理があるのです。



伏し目がちになるのはこんな時

伏し目がちの心理~好きな男性の前でやってしまう意味を理解しよう伏し目がちになる心理は、どんな時に働くのでしょうか。ついやってしまう仕草ですが、こんな場面には心当たりがあるかもしれません。

 

好きな男性にいきなり話しかけたらとき

好きな男性の動作はつい気になり、視線で追ってしまうもの。油断した時に背後から声をかけられると、どう反応すればよいのかわかりません。

そんな時は、相手に慌てた姿を知ってほしくありませんよね。隠された動揺を見せないように、つい伏し目がちの心理が働きます。あまりにもあからさまに慌てていると、相手の男性も不思議に思うかもしれませんね。

たとえば、同じ職場にいる気になる男性。仕事に関する質問をされたら、ドキドキしながら答えるでしょう。その姿は、周囲から見られているかもしれません。

 

じっと見つめられたとき

好きな男性が、じっと目を見て話をしてくる時。かなり動揺してしまい、視線をどこに向けるべきか困ってしまいますよね。

まったく違う方向を見るのは、とても不自然。逆に見つめ返すのは、かなり勇気がいることです。

そんな場面でついやってしまうのが、伏し目がちになりうつむいてしまう行為。アイコンタクトをとるのは、シャイな人にとって苦手なことのひとつです。友達同士でも、目を合わせられないほど緊張する人もいますよね。

 

近距離で会話するとき

「こんなに近いの…?」と思うほど接近して、好きな男性がそばにいる時。どのようにして相手を見るべきなのか、困ってしまいます。

たとえば相手がとなりの席に座り、腕が触れるぐらいの距離感。話しかけられて見つめ合うと、相手の顔がすぐ目の前になります。

こんな場面はとても嬉しいものなのですが、やはり緊張している姿は隠したいもの。そのために、とっさに伏し目がちになる心理が働くでしょう。「足元を見る」「指先をいじる」など、関係ないことでその場をやり過ごしたくなります。

 

男性はどう見ているの?

伏し目がちの心理~好きな男性の前でやってしまう意味を理解しよう伏し目がちに話をする女性を、男性はどう思っているのでしょうか。場合によっては、男性がキュンとする瞬間にもなります。

 

可愛いと思う

女性の伏し目がちな心理は、好きな男性に向けられたものがほとんど。恥ずかしそうに下を向く姿は、とても可愛らしく見える瞬間です。

さらに上目遣いに見つめる仕草は、男性がドキッとするもの。そんな場面で、女性に特別な感情を抱くこともあるかもしれません。

「可愛らしく見せたい」「インパクトを与えたい」と思う時は、伏し目がちの仕草で魅力を発揮することもよいですね。

 

嫌われていると誤解する

伏し目がちの心理は、男性にとって不可解に感じることもあります。「もしかして、嫌われているのかも?」と誤解されると、せっかくの恋のチャンスも見逃してしまうでしょう。

積極的にアプローチしてくる男性と違い、女性は受け身で相手の行動次第。自分からアクションを起こすことは「女性らしさに欠けるのでは?」と、不安になることもあるはずです。

もし嫌いな男性が目の前にいたら、伏し目がちにならないでしょう。まったく目を合わせず、顔を背けてしまいますよね。そんな違いを理解できない男性は、女性の仕草の意味を誤解することがあります。

 

自分も照れてしまう

好きな人と、目が合わせられない場面。相手も特別な感情をもっている場合は、二人が同時に照れてしまうこともあるでしょう。

このような高いハードルは、いつか乗り越えなければならないもの。仲良くなるためには勇気を出して、一度だけ視線を合わせてみたいですね。

 

伏し目がちになる心理はなぜ?

伏し目がちの心理~好きな男性の前でやってしまう意味を理解しよう伏し目がちになる心理について、深く考えてみましょう。男性にとっても、気になる女性の仕草。視線に関する謎は、いろいろとありますよね。

 

気持ちを悟られたくない

相手が誰だとしても、最初はアイコンタクトをとって接するのは勇気がいること。なんでも出だしが肝心で、初対面で目を合わせてしまえば少し気が楽に。

しかし好きな男性には、いくら時間をかけてもなかなか目を合わせられないですよね。それは「好き」という気持ちを悟られたくないため。

「フラれる気がする」「相手が迷惑に思うかも…」など。ネガティブなことを考えると、怖くて視線が合わせられないのです。

 

緊張を隠している

視線から読める相手の気持ちは、いろいろとあるでしょう。とくに「おどおどする」「怖い」という時の視線は、とてもわかりやすいですよね。

気になる男性が目の前にいると、鼓動が周囲にも聞こえそうなほどドキドキします。緊張するのは、相手が好きだから。そんな気持ちを隠すために、わかりやすい視線を下に向けてしまうのです。

伏し目がちの心理は、何かしらの理由で相手の見つめられないため。恋愛の場面では特別な感情が入り交ざり、緊張することがよくあります。

 

罪悪感があるとき

たとえば、恋人に内緒で合コンをしたなど。隠し事があると、相手と目を合わせるのはとても不安になります。

嘘をついている時は視線が泳ぎ、関係のない方向を見ることも。相手から、何度も視線をずらしてしまいますよね。

こんな時も伏し目がちの心理が働き、罪悪感を隠すために無意識にやってしまいます。中にはたくさんの男性に対して、よい顔をしている女性もいるでしょう。

でも本命の男性を目の前にすると、少し罪悪感を覚えて視線が合わせられないこともあるはずです。

 

引き寄せるテクニック

恋愛テクニックとして、伏し目がちになる心理が働くことがあります。可愛らしい仔犬や仔猫のように、純粋な瞳で男性を見上げる視線。

伏し目がちになりながらも、ときどき目を合わせる姿は男性が好きな場面です。こんな効果を知っている女性は、わざと自分を可愛らしく見せようとします。恋愛のテクニックとして、活用していることもあるでしょう。

 

仲良くなるコツについて

伏し目がちの心理~好きな男性の前でやってしまう意味を理解しよう恥ずかしくて、伏し目がちになってしまう時。それでも男性と仲良くなるには、次のポイントをおさえておきましょう。

 

LINEで近づく

好きな相手が目の前にいると、どうしても緊張は隠せません。そんなドキドキするシーンでは、うまく自分を表現できませんよね。

そんな時は、LINEを活用してコミュニケーションをとるとよいでしょう。言葉が詰まって出てこないことや、沈黙が続く不安もなくなります。

 

場所を変えてコミュニケーションをとる

人が周りにいると、余計に恥ずかしくて目が合わせられないことも。好きな男性とは、二人きりになったほうが積極的になれる人もいるはずです。

しかし中には、グループで話をしたほうが気楽という人もいるでしょう。自分が快適に感じる環境で接近すると、うまくいく可能性が高いですね。

 

まとめ

伏し目がちの心理は、相手が自分にとって大切だからこそです。好きな人が誤解しないように、できるだけ積極的にアピールすることも必要。勇気を出して話しかけるなど、下準備をしておけば緊張感も和らぐはずです。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>目で追う心理は好きだから?無意識でしてしまう理由について



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報