恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

暗い部屋が好きな心理と電気をつけるのが嫌いな人の特徴について

暗い部屋が好きな心理と電気をつけるのが嫌いな人の特徴について

暗い部屋が好きな心理や理由は、その時に抱く感情が周囲の環境にも影響を与えています。本が読めないほどの暗さでないと安心できないタイプは、意外と周囲に多く存在します。

明るい場所は気分的にも開放的になりますので、暗い部屋から抜け出したくない理由が心の中にあるのかもしれません。生活の場は自分の好みが反映され、とくに照明のレベルにはこだわりを持つ人もいるでしょう。

では暗い部屋が好きな心理と、電気をつけるのが嫌な人の特徴について、詳しくご紹介していきますね。

 

暗い部屋が好きな心理と理由について

暗い部屋が好きな心理と電気をつけるのが嫌いな人の特徴についてなぜそんな暗いところにいるの?と、誰かに言われた経験はありませんか。自分ではさほど意識しなくても、他者から見ると部屋が暗すぎるケースがあります。その場合の心理的な背景について、理由をご紹介しましょう。

 

人工的な光が嫌い

暗い部屋が好きな心理は太陽光が好きなので、照明の人工的な光を嫌うのが理由です。朝カーテンを開くとたっぷりと差し込んでくる自然のエネルギーは、一日のスタートにとても重要です。

子供の頃に日当たりの悪い家で育った人は、朝起きてすぐに電気をつけないと一日がスタートできません。その明るさにトラウマのような思いがあり、太陽の光だけにこだわるようになるのです。

日が沈み始めて部屋が暗くなっても問題はありませんが、朝はいち早くカーテンを開けて室内を明るくしています。

 

人間関係に疲れている

人間関係に疲れた時は、明るい部屋よりも暗い部屋が好きな心理が働きます。他人と関わるのは精神的にも肉体的にも、疲労が重なってしまう可能性がありますよね。

面倒な関係に巻き込まれた時は、暗い部屋で外の世界から自分をブロックしたくなります。暗い環境は周囲がよく見えないので、余計な悩みがやってこないと安心できるのでしょう。

嫌な出来事があった日は、家に帰ってもまず座り込んで、電気のことまでは頭が回らないのです。

 

暗いところが好き

昼よりも夜の静けさや暗さが好きという人も、世の中には多く存在します。曇りの日中もあえて電気をつけず、夜のようにゆったりと過ぎる時間が好きなのです。

また夜の活動が多い人は暗いほうが刺激になり、明るい生活よりも暗いところを好む性格になるでしょう。仲間でワイワイとお酒を飲むのが好きな人や、綺麗な夜景を恋人同士で眺めるのが好きなタイプは、暗い部屋も自然と居心地がよくなります。

 

ストレスが溜まりすぎている

ストレスがかなり溜まってしまうと周囲の視線が怖くなり、人目のつかないところに逃げたくなります。暗い部屋が好きな心理になる時は、ストレスについてもじっくりと考えるべきタイミングになるでしょう。

とくに人間関係は、自分一人の力ではどうにもならない場面があります。溜まったストレスを発散したくても、何から手をつければよいのかわからない状態。そんな場合は暗い部屋で、一人でさらに気分を落ち込ませてしまうでしょう。

 

じっくりと考えごとをしたい

人生の大切な選択をしなければならない時など、周囲の意見に流されたくない場面があります。一人でじっくりと考えごとをしたいけれど、今の世の中どこにでも気分が散ってしまう状況がありますよね。

スマホやテレビ、音楽や人の話し声、騒音など。意識を集中させるためには暗い部屋にこもり、一人で自分と向き合うのも大切でしょう。

夜ベッドに入ると、色々なことが頭をよぎるのと同じです。暗くて静かな環境は、じっくりと物ごとを考えるタイミングになります。

 

リラックスできるから

ネオンがチカチカと光るところよりも、暗い部屋のほうが気分的に落ち着きませんか。リラックスしたい時、電気を消す代わりに小さな照明を灯すと、心が癒されますよね。

暗い部屋が好きな心理は、明るさが集中力を妨げるためなのです。何も考えずにリラックスしたい時、または瞑想をして頭の中を無の状態にする時も、暗がりのほうがよいでしょう。

疲れた時の眩しい照明よりも、ほんのりと明るい程度のナイトスタンドのほうがホッとします。

 

暗いのに電気をつけない人の特徴

暗い部屋が好きな心理と電気をつけるのが嫌いな人の特徴について暗くて手元が見えない状態でも、電気をつけない人がいます。それは性格的な部分や、心理背景が関係していると思われます。では暗いのに電気をつけない人は、どのような特徴があるか詳しく見ていきましょう。

 

面倒だから

気づいたら日が沈み、部屋が薄暗くなる夕方時。暗いキッチンで料理をしたり部屋で本を読んだり、不都合を感じているにもかかわらず電気をつけないのは、面倒なことが嫌いな性格だからです。

立ち上がって壁のスイッチを押すだけの作業。しかしそこまでが遠く感じ、それなら暗くても我慢します。そんな性格なので、たまたま誰かが気づいて電気をつけてくれるとホッとするでしょう。

最近は照明システムに凝っている部屋も増えていますので、ダウンライトのように明るさを調整するタイプもあります。スイッチを押す以外にもやることがあると、もっと面倒になり暗いまま生活を続けるでしょう。

 

暗くても生活に支障がない

普通の人なら電気をつけて作業をする暗さでも、電気をつけるのが嫌いな人は生活に支障がないと言い聞かせながら我慢しています。

完全に見えない暗さになるまでは、目を細めて文字を読んだり、わずかな灯りを頼りに作業をしたりするケースもあるでしょう。

また一人暮らしならベッドに入り、スマホさえ持っていれば安心。生活に支障がない場合は、自然と暗い部屋でも慣れてしまうでしょう。

 

電気代を節約している

電気をつけるのが嫌いな人は節約生活をしているので、無駄を省くために暗い部屋で生活します。こまめに電気を消す省エネ精神は、環境にも安心なので周囲も意識すべきこと。

とくに節約を意識している人は、よほど暗くて見えない状態にならないと、電気をつけることはないでしょう。暗くてもテレビの光で本を読んだり、徹底している人は電球の数を減らしていたりしている場合もあります。

節約生活は不便を感じますが、逆に楽しみながらやっている人もいます。

 

人に見られたくない

暗い部屋が好きな人に共通するのは、他人の視線が怖いこと。人に見られるのが嫌なので、目立たないように暗い部屋で過ごしています。

人のいるところがとても不安で、落ち着けなくなってしまう人もいるでしょう。人に見られたくない時は暗い部屋で、一人だけの空間で心を休ませたくなるかもしれません。

 

目が疲れる

パソコンのブルーライトが問題になるように、最近は目を酷使する生活が多いため、できるだけ目を休ませるように電気を消している人もいます。

照明は色々なタイプの光がありますので、明るすぎて目が眩しくなり逆に疲れるケースもあるでしょう。目を休ませるには、眩しい光を避けるのが大切です。暗い部屋を好むのは、目に優しい環境にしたいためなのです。

 

人と関わるのが嫌い

性格的に大勢の人と一緒に騒ぐのが苦手な人は、意外と多く存在します。電気をつけるのが嫌いな人は、人と関わるのが苦手なタイプ。

家にこもりがちで、インドアの趣味を一人で楽しむ性格だといえるでしょう。外の明るい陽射しの下で楽しくワイワイするよりも、暗い部屋のほうが自分の居場所が見つかりやすいのです。暗い部屋は、周囲の人に気を遣わずに過ごせる場所になるはずです。

 

まとめ

部屋を暗くすると、明るい時には感じないあらゆる内容がわかるでしょう。たまには電気を消して、静かな空間に身を置くのも新鮮に感じるかもしれません。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>何も考えたくない心理とは?ポジティブになる生活習慣

関連記事