恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

お人好しな彼氏の心理的特徴・損しないためにアドバイスしてあげること

お人好しな彼氏の心理的特徴・損しないためにアドバイスしてあげること

お人好しの彼氏は心理的な特徴を理解してあげると、理解できない行為も納得してあげられるはず。お人好しタイプは集団生活の中でも見かけることがある存在。

決して悪い人ではありませんが、身近な人にとってはハラハラすることもあるでしょう。そこで今回は、お人好しな彼氏の心理や改善するコツなどについてご紹介していきますね。

 

お人好しな彼氏の心理背景にあること

お人好しな彼氏の心理的特徴・損しないためにアドバイスしてあげること「お人好し」という言葉は褒め言葉でもあり、逆にネガティブな意味を込めて使うこともあります。もし自分の彼氏がお人好しだったら、注意してあげたいことはいくつかあるかもしれません。ではまずお人好しの心理についてご説明しましょう。

 

嫌われたくないから

お人好しになる心理は、他人から嫌われる恐怖があるためで、嫌でも相手に好かれるように積極的に他人に利用されてしまうことがあります。人間関係でも嫌われないことが優先されていますので、人を喜ばせるために何ができるか、無意識レベルで考えているのでしょう。

過去に友人に仲間外れにされた経験があるなど、よほど辛い思い出があるとお人好しになる可能性もあります。嫌われることを過剰に恐れている状態なので、周りの反応がいつも気になっています。

 

自分自身がわからない

お人好しの心理は相手のためにやっているのではなく、自分の意見がわからない、または自分自身の考え方に一本筋がないことも関係しています。主体性がないので、意見を求められると相手が聞きたいことを言ってしまうタイプで、結果的にお人好しで他人に振り回されているように見えているのでしょう。

「どっちにする?」と質問されると「どっちでもいいよ」と答える人なので、恋愛の場合は彼女がリードしてあげなければいけない場面もたくさんあるはずです。

 

優しい

お人好しな彼氏は、心理的に他人に優しくしたい願望が強いためで、自分が我慢しても相手の喜ぶ顔を見れば幸福なのです。他人の気持ちを尊重する余裕があり、自分よりもまずは相手を優先するのが当たり前に。

無理をしている自覚は一切なく、断ったり批判したりするような態度もないので、とても付き合いやすい性格です。しかしそんなお人好しの部分を悪用する人もいるため、優しいことで損をする可能性もあるので注意が必要でしょう。

 

判断を委ねたい

お人好しな彼氏の心理は、判断することに苦手意識があるためです。自分が決めたせいで失敗を招いたり被害を受けたりするのが怖い、または他人から悪い評価を受けるのが不安。

基本的に失敗を恐れる傾向が強く、そのため他人に判断を任せてしまうため、周囲から見るといいように扱われているようにも見えてしまいます。過去の失敗でとても辛い経験をしたことがある人は、判断しなければならない場面で過去のことを思い出し、判断力を鈍らせてしまいます。

 

視野が狭くなっている

お人好しの心理は、視野が狭く固定観念に縛られる傾向があります。新しいことに挑戦するのが苦手なので安心できる道を選択し、苦手なことには挑戦しません。

自分から率先してアイデアを出すことはせず、他人の意見を大人しく聞いている人といえますね。表面的にはポジティブな人を演じていますが、経験値の低さを知られたくないために、他人が満足するように物ごとを進めているだけなのかもしれません。

 

お人好しだと損することは?

お人好しな彼氏の心理的特徴・損しないためにアドバイスしてあげることお人好しの彼氏は、人に優しい印象を与えるので決して悪いことではありませんが。お人好しすぎると彼女にも迷惑がかかることはあるでしょう。デートの日に仕事が断れずにキャンセルされるなど、そんなお人好しタイプには次のようなデメリットがあるかもしれません。

 

自己否定する

嫌なことを頼まれても、相手に好かれるためについ引き受けてしまうお人好しの彼氏は、最終的に自分だけが苦労して後悔する場面がよくあります。場合によっては他人に利用されてしまい、貸したお金が返ってこないということもあるでしょう。

このような事例が続くと自己否定につながるため、どんどん悪いサイクルが続いてしまいます。お人好しタイプは扱いやすく、なんでもお願いできる存在。便利な人と思われているかもしれません。

 

他人にコントロールされる

お人好しな人は平和主義なので、他人の攻撃的な感情に触れるのが苦手です。そのため嫌でも仕事を引き受けるなど、本心に逆らったこともやってしまうでしょう。

お人好しだと他人にコントロールされることが多くなり、行動面だけでなく考え方までも相手の都合に合わせてしまうことも。しかし物ごとをなるべく悪く考えないようにする癖もあり、利用されていても自分は他人に柔軟に接しているからだと言い訳しています。

 

情熱がなくなる

どうしてもやりたいことがあっても、お人好しは心理的に他人に好かれるよう考えるため、自分の情熱を貫くことがありません。たとえば恋愛。好きな人がいても、友人と取り合いになったら絶対に譲ってしまうでしょう。

優柔不断なところもお人好しの共通点。自分の熱意で何かを始めない人生は、大きなリスクにつながる可能性があります。仕事や趣味、恋愛など、自分の考えを信じて行動に移すことが大事なのはわかっているのですが、行動力が伴わないのです。

 

苦労する

お人好しな男性は何を頼んでも断らない都合のいい人なので、面倒くさいことも丸投げされるシーンがよくあります。同僚がデートに間に合わないから、仕事をお願いして帰ってしまう場面。

自分も忙しいのに断ることができず、結局負担ばかり増えてしまいます。それでもお人好しな人は相手に文句や愚痴を言うことはなく、全て自分で消化しているので、とても苦労する場面が多いといえます。

 

お人好しな彼氏をフォローする方法

お人好しな彼氏の心理的特徴・損しないためにアドバイスしてあげることお人好しな彼氏は、誰よりも自分自身が一番辛いと考えられますので、彼女がアドバイスしてもっと楽に人生を過ごせるようにサポートしてあげましょう。

 

いいところを教えてあげる

お人好しの心理は、他人に嫌われたくない思いがあるためですが、悪いところだけでなくもちろんお人好しならではのメリットもあります。誰とでも良好な関係を築けるのは特技ともいえますので、そんな長所をどんどん彼氏に教えてあげましょう。

自信のなさが逆にお人好しを助長してしまうこともあるので、いいところをたくさん自覚してもらうと、はっきり自分の意見が言えるようになるはずです。

 

なんでも話せる関係になる

お人好しな人は他人の意見を優先するため、自分の本音を言うことに慣れていません。傷つきやすい一面もあるので、そんな彼氏とはなんでも話せる関係を意識してみましょう。

信頼できる人には本音で語れるようになり、抱える悩みやストレスを発散できますので、次第と自分自身の意見にも気づきやすくなるもの。感じたことや思っていることを気軽に話せるよう、聞き役になってみてください。

 

積極的に助けてあげる

お人好しな彼氏は、他人に迷惑をかけるのが嫌いです。人柄がいいので誰からも愛されますが、逆に利用されてしまうことも。自分から助けを求めることはないので、彼女が積極的に彼氏に声をかけてあげることは、ストレスを軽減するメリットにつながります。

デートが負担になっていないか、心配な時は一人でゆっくり過ごしてもらうなど、今思っていることをイメージして接してあげるといいかもしれません。

 

まとめ

お人好しな彼氏は、心理的に人に優しく接したい思いが強いからなのでしょう。とてもいい人なので、彼氏の性格に感謝して近づいてくる人とだけ深く関わることが理想的です。

危ないなと思ったら、彼氏とのコミュニケーションで自分の気持ちを伝えてみてくださいね。

 

☆こちらの弊社公式ホームページのコラムもお勧めです!

>>>恋愛で減点方式を取っている人は多い?加点方式に変えるためのコツ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報

結婚相談所インフィニについて