恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

一人で外食できない人の心理的特徴・一人行動に向けていまできること

一人で外食できない人の心理的特徴・一人行動に向けていまできること

一人で外食できない人は、心理的に抱えることが要因になっているといわれていますが、最近は「おひとりさま」がとてもブームになり、焼肉も一人で食べやすいように提供しているレストランもありますよね。

一人行動は状況的にやらざるを得ないこともありますので、過剰に抵抗を感じる人はまず心理状況を理解して、これから少しずつ克服していきましょう。

 

一人で外食できない人の心理的特徴について

一人で外食できない人の心理的特徴・一人行動に向けていまできること一人で外食できない人は、意外と世の中に多いようですね。外食するならテイクアウト、もしくは家で料理したほうがストレスはないというのは、誰もが感じるところでしょう。

では他の人よりももっと一人行動を負担に感じる場合は、一体どのようなことが影響しているか、心理的な理由についてお伝えしていきますね。

 

一人が目立つように思う

一人で外食できない人は「外食」は複数でするもので、一人だととても目立つ不安があるためです。実際はそれほど目立つことはないかもしれませんが、一人行動が苦手な人は他人の視線が全て自分に向けられたような怖さを感じています。

昔人前で失敗したことがあるなど、過去の経験も影響しているかもしれません。大きなテーブルに案内されて一人で食事する姿は、確かに目立つこともあるでしょう。

とくに他の人が皆グループの居酒屋などは、とても居心地が悪くなるかもしれません。

 

緊張しやすい

一人で外食できない人は、心理的にとても緊張しやすいタイプで、慣れないことはできるだけやらないよう常に意識しています。仕事中に外出先で外食することがよくある人は、全く抵抗なく一人で行動できるでしょう。

しかしこのような機会がなく、いつも誰かと一緒に行動する人は、単独になるとどうしていいのかわからないのです。すると孤独がとても緊張感を煽り、レストランでも自分の存在が浮いているように思うのでしょう。

短時間のカフェでも、一人でオーダーして飲み終わるまであらゆることが想定され、もしコーヒーをこぼしたらどうしよう、席が見つからなかったらどうしようなど、不安材料をどんどん自分で見つけています。

 

友人がいないと思われたくない

一人で外食できない人は、心理的に負けず嫌いなところがあり、自分が友人のいない人間だと思われたくないためです。他人の視線をかなり意識する自意識過剰タイプともいえますね。

一人でレストランに行く人は皆友人がいないわけではなく、逆に人間関係で忙しい人がたまには一人で静かに時間を過ごしたくなることもあるでしょう。

しかし一人で外食できない人は固定観念が強く、一人の外食は気心が知れた仲間がいないと判断しているのです。

 

勇気がない

一人で外食できない人の心理背景には、勇気が出せずに留まっていることが考えられます。勇気が出せないのは怖さを感じているためで、なぜ怖いのかというと経験不足だからなのです。

一人で外食する環境を想像すると、さまざまな不安やわからないことだらけで失敗を恐れてしまうでしょう。経験豊富な人ならあらゆる場面に出くわしているため、経験値が高く勇気もあるのです。

目標を持って行動することは、一人で行動することに慣れるための秘訣になりそうですね。

 

人に食べる姿を見られたくない

一人で外食できない人は、心理的に「食事」という光景がとてもプライベートなため、知らない人に食べているところは見られたくないから。

寝顔を人に見られるのが抵抗になるように、食事はその人だけの空間。そのため公共の場で知らない人に見られるよりも、よほど信頼できる人でないと食事する光景は公開できないのでしょう。

 

面白くないから

一人で外食できない人は、心理的に一人行動に魅力を感じないためです。一人になることは決して嫌ではないけれど、話し相手がいなくてつまらないだけ。

そんなタイプの人は、一人行動する人同士で仲良くなる可能性もあるので、近くに座っている人に声をかけて時間つぶしすることもあるでしょう。

食事をひとつの作業として捉えると、誰とどこで食べても同じ。しかし楽しみながら心も満腹になりたい人は、必ず誰かを誘って外食するはずです。

 

一人行動できないデメリットは何か?

一人で外食できない人の心理的特徴・一人行動に向けていまできること一人で外食できないと、何か不便なことはあるのでしょうか。いざという時に一人行動が負担になると、生活に影響を与える可能性はあります。

そこでこれからさらに快適に暮らすために、一人行動できないデメリットをご説明します。

 

世界が狭くなる

外食は一人でも友人と一緒でもどちらも正解なのですが、いつも誰かを頼って自分の行動範囲が決まってしまうのは世界が狭くなる要因です。

行きたいなと思った場所があっても誘える人がいない場合、一人行動が苦手な人ならきっと我慢してしまうでしょう。そんな場面でも、自分の興味に素直に反応してアクションを起こせば、さらに世界が広がり刺激も増えるはず。

いつも同じ道を通るよりもたまには違う通りに行き、新たな発見をするのも楽しいでしょう。

 

自分の可能性が見えない

一人で外食できない人のように、単独行動には苦手意識がつきものです。レストランに入った瞬間に店員から色々と質問されて、やりとりするのがとても負担。

そんな苦手意識があると、徐々に自分のやりたいことに気づかなくなり、気になったことにも消極的になってしまいます。一人行動するのが嫌だからと決めつけるのは簡単。

しかし勇気を出して一歩踏み出すと、抑圧から逃れた自由な自分が待っているはずです。

 

環境の変化に苦手意識を持ってしまう

一人行動ができない人は、無意識にいつも誰かと一緒にいるため、突然一人になった時にどうしていいかわかりません。外食のシーンのように、いつも友人と行くカフェで、待ち合わせに友人が来られなくなった時に慣れた光景が突然別物に。

一人の環境は非常事態が起こったように、どうするべきか冷静な判断ができなくなるのです。ということは環境の変化にも弱く、新しいことにはかなりのストレスを抱くでしょう。

 

一人行動するための準備について

一人で外食できない人の心理的特徴・一人行動に向けていまできること一人で外食できないことが悪いわけではありませんが、どうしてもそうせざるを得ない事態になった時、負担にならず一人行動ができるよう今から準備をしておきましょう。

 

公園に行き一人で食事する

レストランやカフェという閉鎖的な空間よりも、一人の外食が苦手な人は、公園などのオープンスペースのほうが心理的に楽かもしれません。

公園のベンチでテイクアウトしたお弁当を食べることからまずは練習してみましょう。他人とも適度に距離がとれるため、最初の一歩としては好都合な場所です。

 

時間つぶしするものを持っていく

他人の視線が気になる、友人がいないとつまらないという場合は、一人行動する時はスマホや本などの時間つぶしアイテムを持参しておきましょう。

それなら自分だけの世界に浸れますし、何もせず人を待っているようなふりをしなくても大丈夫です。

 

人の出入りが激しいお店に行く

駅前のファストフード店、カフェ、モールのフードコートなどの人の出入りが激しいお店なら、さほど一人で食事していても目立ちません。

皆が同じように単独行動している可能性もありますので、人前で食事することに抵抗を感じる人でも、多少はストレスが軽減できることでしょう。

 

まとめ

一人で外食できない人は、心理的に慣れないことや苦手なことに不安を抱きやすいのでしょう。一人行動が苦手なのは決して悪いことではありませんので、他人に遅れをとっているようなネガティブな気持ちにならないでくださいね。

何ごとも慣れが大切。一人客が多いお店など、入りやすい場所を早速リサーチしてみませんか。

 

☆こちらの弊社公式HPコラムも読んでみてくださいね!

>>>お見合いの決め手になるのはどんなこと?その内容について

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報

結婚相談所インフィニについて