恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

できないと思われたくない女性心理の背景とは?男性をライバル視する女性の特徴

できないと思われたくない女性心理の背景とは?男性をライバル視する女性の特徴

できないと思われたくない心理的な気持ちは誰にでもあり、友人や職場仲間など、ついライバル視してしまう人がいますよね。最近は男性のようにバリバリと働く女性も増え始め、男女平等社会が徐々に築かれているようにも感じます。

そんな時代の中、男性と対等でいることにこだわりを持つ女性も増加中。そこで今回は、できないと思われたくない女性の心理や特徴について、徹底的にご解説しましょう。

 

できないと思われたくない女性心理と特徴について

できないと思われたくない女性心理の背景とは?男性をライバル視する女性の特徴できる人に見られたいのは誰もが思うところですが、男性と女性、それぞれ得意な分野や成功しやすいことはありますよね。ではできないと思われたくない女性の心理背景、そして性格的な特徴について見ていきましょう。

 

プライドが高い

何をやっても上手な人、できる人に見られたいと思うのは人間特有の本能かもしれませんが、「できない」と思われたくない気持ちにはプライドがかなり反映されています。

他人に認められたいという気持ちが強く、実際の自分以上に見栄を張ってしまうことが、できないと思われたくない人の心理的特徴。

プライドを過剰に守り続けるため、些細な他人の一言ですぐに落ち込んでしまうところもあります。

 

一気に頑張る

できないと思われたくない女性の心理背景にあることは、勝つためならなんでもやるという気力です。その力を集中させて一気に発揮できるため、意外な行動力や実践力に周囲が驚くこともあるかもしれません。

とても集中力があるのですが、関心事だけに向けられる場合も多いので、偏ったエネルギーの使い方をすることもあるでしょう。できないと思われたくないので、勝負モードに入り思い切り突っ走るタイプです。

 

努力家である

できないと思われたくない女性は、心理的にも向上心が高く、常に上のレベルを目指す特徴があります。頑張る原動力になるのは、よい結果を残すためのモチベーションで、相手が目上の人や勝てそうにない相手でも、実力を100%出し切るでしょう。

自分のために費やす努力は決して無駄なく、ひたすら目立たないところで苦労することもあります。しかしその目的が相手を負かすことだけにフォーカスしてしまうと、本来目指すところがわからなくなる場合もあるのです。

 

評価を気にする

周囲からの評価をとても気にする人は、自分がどう見られているかを考えすぎてストレスが溜まっているかもしれません。仕事ができないと思われたくない人が残業して結果を残すなど、自分の満足度以上に他人からの評価が自分の行動力の土台にあります。

他人と比較して自分のほうが上にいるよう、常にライバルがどこかにいる状態。気分を高めるには敵対心を抱くことはよいかもしれませんが、いつも結果や評価だけを考えて暮らすのはかなり疲れますよね。

 

強い信念がある

できないと思われたくない人は、心理的に強い信念を大切にする気持ちがあり、常にゴールに向かって前進しています。少し無理かもしれないという厳しい目標を目指すため、達成した時にはかなり高い評価を得られるでしょう。

不可能を可能にするには、よほど強い信念がないとできないこと。情報収集や人並み以上の努力をして、自分が信じるものが正しいと納得したいタイプなのです。

 

男性に競争心を抱く女性の特徴について

できないと思われたくない女性心理の背景とは?男性をライバル視する女性の特徴力の強さなど、身体的に男性のほうが女性よりも上回ることがあり、競争する以前に諦めてしまう場合もあります。しかし男性にできないと思われたくない女性は、相手問わず常に勝ちたい願望があるようです。そんなタイプの女性には、次のようなことが共通しているでしょう。

 

自分に厳しい

上を目指す、できないことをできるようになるのは、自分を高めるために大切です。簡単ではないことなので、男性をライバル視してゴールにする女性は、とても自分に厳しいといえるでしょう。

いつも気を張って暮らしているので、心が疲れやすいところもありますが、それも全て自分の満足度を高めるため。価値観をはっきりアピールできるので、気が合う人とはとことん仲良くなるタイプともいえます。

 

負けず嫌い

男性をライバル視する女性は、基本的に負けず嫌いなので、男性だから負けたくないというわけではなく、何をしていても「勝ちたい」思いが強く表れています。

何をやってもすぐに覚え、器用であることを誇りに思っているかもしれません。負けず嫌いの人は、勝つために努力を惜しまないので、頑張った後に結果がついてくるのはメリットといえるでしょう。しかし負けた時の落差が激しく、しばらく立ち直れないこともあります。

 

マイペース

男性をライバルにして頑張る女性は、個性を大切にしているマイペースタイプ。人にどう見られても気にせず、自分が満足するよう物ごとにフォーカスしています。

結果的に男性のほうが勝ることもありますが、ポジティブに解釈するので、結果よりもそれまでのプロセスを大切にできることも特徴ですね。

 

男性の苦労を理解している

男性をライバル視するのは、自分のスキルをアピールしているだけではなく、競争してみて初めてわかる相手のすごさを理解できる人です。

男性ならではの社会のプレッシャー、男としての強さを維持しなければならない不安など。女性にはよく見えない部分がたくさんありますよね。

最近では女性の立場を守りサポートする運動が増えていますが、逆に男性の立場を理解しようとする心の余裕が魅力です。

 

対等でいたい女性の恋愛のコツ

できないと思われたくない女性心理の背景とは?男性をライバル視する女性の特徴彼氏と対等でいたい女性や、周囲からできると思われたい気持ちが強い人は、恋愛でも心理状況を考えておくと自分の長所を上手に相手に理解してもらえます。コツは次のポイントを意識してみましょう。

 

彼氏に頼らない

男性が恋愛関係をリードするという決まりはなく、姉御肌の女性が彼氏をリードするカップルも少なくありません。対等でいたい時は、まず彼氏に頼りすぎないことも自分らしくするコツになります。

たとえば重いものを彼氏が持ってくれようとしたら、「大丈夫だよ」と丁寧に断ること。相手の思いやりを無視せず、自分でできることをはっきり線引きしておきましょう。時には彼氏に甘えてギャップを見せることも必要です。

 

頑張りすぎない

対等でいたい気持ちは、根本的にライバル意識が強いためで、勝ち負けにこだわりすぎるところがデメリットです。恋愛関係は常に対等であることが求められますので、必要以上に自分の力を高める努力はしないこと。

あくまでもお互いに納得して安心できる関係であれば、臨機応変に力関係を変えてもよいのです。

 

価値観が似ている人と上手くいく

恋愛相手に求めることは人によって違うはずですが、男性に期待することは万が一の時に頼れる人かどうか。年下で甘えん坊の彼氏だとしても、肝心な時には男性としての采配を振るってほしいと思うのが女性の本音。

そんな恋愛観を理解してくれる男性とは意見も合いやすく、気分的にも仲間意識が湧くでしょう。もし気になる男性がいたら、素直に恋愛に対しての思いを伝えること。コミュニケーションの壁がないことは、対等な恋愛において最も重要な部分です。

 

まとめ

できないと思われたくない人は、心理的に自分を守っているのかもしれません。とくに好きな人に対しては、よい面だけを知ってほしいので、場合によっては無理な努力になることもあるでしょう。

そんな時は彼氏、彼女という立場を意識せず、一人の人間として相手に全てをさらけ出してみませんか。

 

☆こちらの弊社メディアのコラムも読んでみてくださいね!

>>>結婚相談所の口コミについての考え方について

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報