恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

虹が好きな人の心理と恋愛傾向について!虹好きはロマンチックな恋をする?

虹が好きな人の心理と恋愛傾向について!虹好きはロマンチックな恋をする?

虹が好きな人の心理や性格を知ると、もっと豊かな関係が築けるようになるでしょう。虹に込められた思いは人それぞれ。とても夢中になるタイプの人は、恋愛観にもそんな部分がアピールされています。

今回は虹が好きな人の心理と恋愛傾向についてご説明していきますので、お互いの理解を深めたい時にぜひ参考にしてくださいね。

 

虹が好きな人の心理と特徴について

虹が好きな人の心理と恋愛傾向について!虹好きはロマンチックな恋をする?虹は見たくてもすぐに見られないもので、偶然が作り出す風景に遭遇するととてもラッキーに感じますよね。そんな虹を愛する人は、心理的に次のような特徴があります。

 

何かを変えたい心境がある

虹が好きな人は心理的に何を変えたい、改善したいと前向きになっているためで、虹が何かの「サイン」だと解釈しています。たとえば彼氏と喧嘩している時に虹を見たら、「きっと上手くいく」と自分を励まして仲直りするタイプ。

自然現象を自分の転換期として受け入れることがよくありますので、自分の置かれた環境を敏感に感じ取る人なのでしょう。

 

妄想するのが好き

虹が好きな人は、心理的に現実世界に満足していないことが考えられますので、嫌なことに目を向けず非現実的な世界で心を満たしています。虹は夢や希望、幸運の証など、少し現実離れした印象を与えますよね。

虹が好きな人は、儚く消えてしまう虹の世界で現実のストレスから解放されたいのです。辛いことがあると逃げるために妄想して、全てが順調に見える世界を作り出します。

それで気分が入れ替えられるため、自分なりのストレス発散を知っている強い人といえるでしょう。

 

気分が低迷している

虹が好きな人は心理的にテンションが下がっている状態なので、気分を盛り上げるものを探している状態です。普段なら虹を見て少しだけ気分がよくなることはあっても、それ以上のことはあまり期待しませんよね。

しかし気分が低迷している人は、些細なことでも得した気分になるため、虹を見た時は嫌なこともすっかり忘れてしまうはず。とくに本能的に虹から活力を得たいと思う心理がある人は、空をいつも眺める傾向があります。

 

自分の憧れ

虹が好きな人の心理とは、赤や黄色、緑など、レインボーカラーのように自分を鮮やかにして他人の心を捉えたいと思っているためです。虹を見て嫌な気持ちになる人はいませんよね。

誰からも好かれる存在感のある人。まるで雨上がりの虹のように、突然現れて人の視線を捉えることに憧れています。現在自分自身に不満を抱えている可能性もありますので、虹を見て新たな自分の魅力を発見したい心理もあるでしょう。

 

努力家

虹が好きな人は心理的に前向きで、辛いことにも精一杯正面から向かっていく人です。虹は皆の心を明るく照らし、あらゆる角度から見たくなるもの。

努力家はいつも自分を違うレベルに成長させたい意欲があるので、ある種の夢のように虹を見てしまうかもしれません。失敗や辛い経験を重ねると、ひねくれて物ごとを解釈するようになってしまいますので、そうならないよう虹の全景が見えるように、自分の人生に起こることは全て真正面から受け止めたい気持ちが伝わります。

 

スピリチュアルな人

虹のふもとには宝が隠されていると欧米では信じられているように、虹には夢や希望など、非現実的な魅力が隠されています。虹が好きな人は心理的にスピリチュアルなことを好む傾向があり、感覚で物ごとを判断する場合もあるのです。

目には見えないものを信じているので、精神力が強いタイプとも考えられるでしょう。普段からお守りを大切にする傾向もありますので、自分の思いを理解してくれない人とは話が合わない可能性もあるので注意が必要です。

 

社交的な人

虹が好きな人はとても明るく社交的な人で、心理的に皆に好かれたい気持ちが強いタイプです。どのような人ともすぐに打ち解け、初対面でも気さくに話ができる性格ですが、場合によっては無理して社交的なイメージ作りをしていることもあるかもしれません。

基本的には前向き思考なので、悪口や妬みなどを言うことは少ないのですが、その分自分の中にエネルギーを溜め込んでしまい、急に大人しくなる場面もあるでしょう。

 

虹が好きな人の恋愛傾向について

虹が好きな人の心理と恋愛傾向について!虹好きはロマンチックな恋をする?虹が好きな人の心理背景を考えると、恋愛観も少し見えてきそうですよね。ではどのような恋をしたがるのか、虹好きの恋愛傾向を見ていきましょう。

 

ロマンチックなことが大好き

虹が好きな人は夢を語ることも大好きで、ロマンチックな場所やデートが大好きです。恋愛には虹と同じで非現実的なことを求めますので、やりすぎ感があるくらいのデートの演出で満足してくれるはず。

たとえば誕生日のサプライズ旅行など、好きな人と二人だけの別世界にいるのが大好きなので、愛情表現が苦手なタイプだと冷めてしまう可能性もあります。盛り上がる恋愛を好むため、マンネリしないよう工夫が必要かもしれません。

 

夢を追いかける

虹が好きな人は夢を大切にする傾向があり、「いつか歌手になる」「20代で家を買う」など、一般的な人生には満足せず自分の夢がしっかりと決まっています。

野心を持っているため、あり得ないことも追い続けるかもしれませんが、それがその人のモチベーションになっているため、周りが冷めたことは言わないほうが無難でしょう。

恋愛も非現実的な部分を追いかけるため、恋人と口喧嘩しただけで夢を壊された気持ちになるかもしれません。また夢を追う人は、ただ語るだけで現実的なプランを立てないこともあるので注意が必要です。

 

瞬間を楽しみたい

虹は突然出現していつの間にか消えてしまう儚いもの。虹が好きな人にもそんな特徴があり、恋愛傾向では今の「瞬間」を楽しみたいタイプです。目の前の恋人が幸福で楽しんでいるかということに全力を尽くしますので、計画性が多少ないところもあるでしょう。

いきなりお花屋さんでバラの花束を買ってあげるなど、気分屋のところもあります。しかし瞬間を大切にするタイプは決して悪気はなく、好きな人を喜ばせてあげたいためなので、サプライズなども喜んで受け入れてあげましょう。

 

固定観念が強い

虹が好きな人は自分の好きなものにこだわりを持っていて、正しいと思ったことを曲げることはないでしょう。恋愛傾向も同様で、どのようなタイプが好きなのか、理想像がすでに固まっています。

目つきが怖い人は性格が悪い、話がつまらない人とは付き合わないなど、固定観念が強い傾向もあり「女性はこうあるべきだ」「彼氏にするなら絶対にこんなタイプ」と周囲にもよく口にしているでしょう。

固定観念が強い人は、周りの意見を受け入れることはなく、自分が失敗するまで学ばないこともよくありますので、無理に口論するよりも相手が思うように行動させたほうが上手くいくかもしれません。

 

気分屋

虹が好きな人は突然泣いたり、急にテンションが高くなったり、気分屋なところがあるため、恋人としては刺激があり緊張感を抱く相手なのですが、先が読めないところがあるので相手のペースになりやすいともいえるでしょう。

虹が好きな人は掴みどころがない魅力もありますので、手に負えないほど気分屋でもそれがチャームポイントになっているのです。色が変わるように虹好きの人は、毎日違った一面を見せて楽しませてくれるはずです。

 

まとめ

虹が好きな人は、心理的に虹のようなカラフルな人柄や価値観があるタイプなのでしょう。皆にも自分の色を知ってほしいために、前向きにアプローチしているはずなので、相手の価値観を理解してあげることが今後も楽しく付き合うコツになりそうですね。

 

☆こちらの弊社公式HPのコラムもお勧めです!

>>>結婚適齢期は女性にとってどういうもの?考え方や思いについて

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報

結婚相談所インフィニについて