恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

告白したくなる心理・好きな人に告白してもらうためにやること

告白したくなる心理・好きな人に告白してもらうためにやること

告白したくなる心理はさまざまな理由があり、好きな人に早く自分の気持ちを知ってもらいたくなります。いつまでも遠くから眺めているだけの好きな人。本当は二人でデートしたいですよね。

告白したくなる時はどのような心理があるのか、また自分から告白できない場合の対処法についてもご解説していきましょう。



告白したくなる心理について

告白したくなる心理・好きな人に告白してもらうためにやること好きな人に正直に「好きです」と伝えるのは簡単そうに感じるかもしれませんが、とても勇気が必要です。そのためいつまでも気持ちを閉じ込めたままの人も多いもの。

では告白したくなるのは、心理的にどのようなことが考えられるでしょうか。自分の心に正直になってくださいね。

 

自信がある

告白したくなる心理は、自分に対する満足度が高く自信があるため。たとえば何年も付き合っている恋人にプロポーズするタイミングは、金銭的に余裕が生まれて自信がついたからという場面もあるでしょう。

告白するのが抵抗になるのは、断られる恐れがあるためですよね。しかし自信がある人はよい返事を期待しているため、すぐにでも告白して両想いになりたい願望が強くあります。

 

告白するタイミングを迎えた

告白したくなる心理は、今がチャンスだと思っているからです。たとえば好きな人が転勤で遠くに行ってしまう場合、最後に向かい合って話せる時に告白したくなる心理が働きます。

チャンスを逃したら、いつ自分の気持ちが伝えられるかわからないので、慌てている心境ですね。

 

友人が応援してくれる

告白したくなる心理は周囲が応援してくれるので、味方が多く安心しているからです。好きな人に受け入れてもらえるか、たとえお互いに惹かれ合っていると思っていても、はっきりと言葉を交わすまではわかりません。

自分一人の判断だと間違っていることもありますが、友人のアドバイスや意見を聞き安心できると、告白したくなる心理になります。

友人は自分のよい面も悪い面もよく知っているので、どのような恋愛相手なら上手くいくか客観的に判断してくれるはず。「上手くいくよ」と一言声援を送ってもらうだけで、モチベーションがアップするでしょう。

 

OKしてもらえる自信がある

告白したくなるのは、心理的に失敗の確率が低いためです。絶対に無理な相手に告白するのは、撃沈することが目に見えていますよね。

手応えがありそうな人や、お互いに好き合っていることが確信できる関係なら、できるだけ早く告白したほうがよいもの。この場合、自分のよさをどのくらい相手が理解してくれているかが大切なポイントです。

「スタイルがよく、周囲からモテる人だから」という理由でOKされるのは困りますよね。きちんとした理由でお互いが好きになるのであれば、早く告白してカップルになったほうがよいでしょう。

 

告白のタイミングを判断するポイント

告白し告白したくなる心理・好きな人に告白してもらうためにやることたくなったら、次は成功率をアップするために正しいタイミングや時間、場所なども考えておきたいですね。そこで不安になっている人は、次の成功ポイントを意識してみましょう。

 

好意を抱いているか

仲良く会話ができるから、恋愛対象になるとは限りません。異性との関係性は、表面だけでは判断できないところがたくさんありますので、脈ありだと勘違いして失敗するのは避けたいですね。

まずタイミングを掴む際に、相手が自分に好意を寄せているかどうか判断してください。話をする時に嬉しそうな表情になるか、興味を持って色々と質問をしてくれるか。

好意を抱く相手から告白される場合は、答えはすでに決まっています。気になる人は自然と付き合った後を想定しますので、どれくらい好感度があるか、相手の態度や仕草を参考にしてください。

 

早すぎないこと

告白は3回目のデートといわれるように、ある程度の時間を共に過ごした後のほうが成功しやすくなります。時間だけで判断はできませんが、出会ったその日に告白するのは失敗のもとです。

真剣に付き合いたい相手は、お互いに性格や価値観をよく理解し合ったうえで判断すること。いつも会話が弾まないデートの3回目で告白しても、上手くいく確率は低いでしょう。

知り合ってどのくらいの時間が必要か、正確なルールはありません。なんでも話しやすく、ずっと一緒にいたいと感じた時が告白のタイミングかもしれません。

 

ライバルを意識しない

告白するタイミングは、早すぎても遅すぎても上手くいきません。しかし意中の人がモテる存在で、他にもライバルがいると把握している場合は、先手を打たれたくないので焦りますよね。

その勢いで相手に告白しても、取り合いになるようで失敗するリスクがあります。冷静に考えてほしいのは、恋愛は早い者勝ちなのかということ。

好きになる人は自分でもわからないはずですが、条件があるはずです。ライバルが多くても、付き合いたいと思うのは一人だけ。焦って告白のタイミングを間違えてしまうと、上手くいくはずの恋愛も失敗するかもしれません。

 

成功しやすい時間や場所

失敗しないためには、一般的に告白が成功しやすいといわれる時間や場所を意識してください。告白するのは忙しい日中よりも、一人で考える時間がある夜がオススメです。

夜は孤独になりやすく、告白されるとすんなり受け入れやすい時間帯。恥ずかしがり屋の人でもメッセージで夜に告白できるので、まずは一歩踏み出してください。

また告白する場所は、人がたくさんいない静かなところがオススメです。集中して相手の話が聞けるよう、カフェの離れた席や公園、ドライブ中などもよいでしょう。

 

好きな人に告白してもらうコツ

告白したくなる心理・好きな人に告白してもらうためにやること告白したくなる心理が働いても、最終的には勇気がないとできませんよね。内向的な性格の人は、いつまでも迷い続けてチャンスを逃すこともあるかもしれません。

一番手っ取り早いのは、気になる人から告白してもらうこと。そのためには次のポイントを意識してください。

 

脈ありをアピール

告白は成功率が高いほど自信が湧きますので、相手が脈ありかどうか知るのが最初のステップになります。好きな人にアプローチしてもらいたい場合は、自分からそれとなく脈ありであることを伝えましょう。

「○○は私のタイプなんだよね」「笑った顔が可愛いね」など、好意的なコメントをたくさんすること。少し気になる相手だとすでに思われている場合は、告白もしやすくなるはずです。

 

恋人関係をイメージさせる

好きな人から告白してもらうなら、まず恋人募集中であることを知ってもらいましょう。週末はいつも暇で一人、出かける相手がいないなど、恋人を作る準備が整っているようアピールします。

また「○○と付き合ったら、デートでどこに連れていってくれる?」など、恋人関係をイメージさせる発言もオススメです。突然告白してもらうのは無理かもしれませんが、それとなく土台を作っておくと相手は気が楽になります。

 

はっきりと質問する

恋の駆け引きはいつまでも終わりがなく、相手が違う人を好きになってしまうかもしれません。告白できないけれど告白してほしい、そんな時はストレートに相手に気持ちを伝えましょう。

「好きです」というよりも「告白してほしい」とお願いする姿勢なら言いやすいかもしれません。自分の気持ちを知ってもらうためには、自分からアプローチする以外方法はないのです。

 

まとめ

告白したくなる心理は、愛情に包まれた生活がしたいためでしょう。恋をすると生活が180度変わり、考え方や性格も変わっていきます。

片想いで終わらせたくないのは誰しも同じこと。早く両想いになり恋人関係をスタートしたいなら、些細なことでもよいのでアクションを起こしてくださいね。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>男性から電話がくる心理・考えるとわかる相手の思いとは?



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報