恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

羨ましい心理にあること・人を妬まずに生活するためのテクニック

羨ましい心理にあること・人を妬まずに生活するためのテクニック

羨ましい心理になるのはその要因も考えると、自分の気持ちの負担が軽減するかもしれません。お金持ちや頭がよい人、容姿端麗の人など。

人間は自分が持っていないものを持っている人を見ると、羨ましく感じるのは自然なことです。しかしそんな気持ちがエスカレートすると「妬み」に変わり、ストレスが溜まるようになってしまう可能性もあります。

そこで今回は羨ましい心理にあることと、妬まないための考え方のコツをご紹介しましょう。



羨ましい心理背景にあること

羨ましい心理にあること・人を妬まずに生活するためのテクニック嫉妬したり人を羨ましいと思ったりする心理は、なかなかコントロールできるものではありませんよね。仲がよい友人や恋人など大切な人に対して、このようなネガティブな気持ちを抱くこともあるでしょう。人間関係をダメにする「妬み」の原因は、次のような心理状態が考えられます。

 

承認欲求が強い

羨ましいと思うのは、他人が自分よりも恵まれていたり優れていたりすると感じる場面。全く手の届かない人を妬むことはないので、羨ましいと思う気持ちの底には、自分にもそうなれる可能性があるということなのです。

承認欲求が強い人は他人の評価をとても気にして、人から羨ましがられる人生を理想的だと考えています。自分が本当にやりたい物ごとよりも、他人に褒められることを率先してしまうタイプともいえるでしょう。

 

打ち込めるものがない

他人の生活や生き方が気になると羨ましい気持ちになり、心理的にも自分の生活に満足していない状態です。必死に毎日生活する人や充実している人は、どんなに自分よりも優れている人がいても、さほど気にはならないでしょう。

羨ましい心理になるのは、それだけ自分自身に集中していないと考えられます。趣味を持っている人や、幸福な恋愛関係が維持されている人などは、他人を羨むネガティブな気持ちにはならないはずです。

 

焦燥感がある

何かに追われているような不安やストレスは、考えすぎて夜眠れなくなる可能性もあるでしょう。そんな人には、自分とは違う環境にいる人を羨ましいと思う心理があります。

「そうなりたい」と思う気持ちが強くなり、さらに焦燥感に追われてしまうのです。仕事が忙しい時、人間関係が上手くいかない時などは、周りの人全てが自分よりよい環境にいるように見えるもの。

焦燥感は理想と現実のギャップがあると、さらに掻き立てられてしまうものなので、冷静になる必要がありますね。

 

自信がない

自分に自信が持てない人は、他人を羨ましいと思う心理があり、さらに悪化して妬みや嫉みに変わりやすい傾向があります。そんなネガティブな気持ちは、人間関係のトラブルが絶えない要因に。

成功した人を見ても悪いところを見つけようと、とてもマイナス的な考え方になっていますので、素直に他人の幸福が喜べない状態です。

羨ましい心理になるのは、決して自分が劣っているわけではなく、自分を好きになれないことや自信不足のため。余裕を持って自分のよさを発見できれば、誰かを羨ましく思う場面は少なくなるでしょう。

 

羨ましい気持ちをモチベーションに変えるテクニック

羨ましい心理にあること・人を妬まずに生活するためのテクニック他人を羨ましいと思うことは誰でも経験があるはずですが、その気持ちをポジティブに活かすのが自分を成長させるコツです。では羨ましい気持ちをモチベーションに変えるためのテクニックについて、詳しく見ていきましょう。

 

他人のよいところを受け入れる

自分よりもモテる人を羨ましく思う時、どうしてあの人が自分よりも…とネガティブに考えてしまいますよね。それは憧れではなく、妬みに変わりやすい思考パターン。

その時に「なぜ」と思うよりも、その人のよさを受け入れるよう努力してみましょう。ライバルのほうが優れているのは悔しいかもしれませんが、感情はさておきまずは認めることが第一歩です。

羨ましいと思う相手のことは、果たしてどれくらい知っていますか。自分が注目する部分以外には、必ず悪い面もあるはず。まずはよいところを知るのが、モチベーションの原動力になるでしょう。

 

できることとできないことを理解する

羨ましい気持ちは、さらにやる気をアップさせるために大切ですが、違う方法に行ってしまうと妬みとなり努力できなくなります。羨ましいと思うのは、本心ではそうなりたいと思う憧れがあるため。

妬みに変わらないためにも、できることとできないことを明確にしてください。たとえば背の低い人が、背の高い人に憧れるようなもの。

どうしても変えられない自分は、これから先も受け入れるしかありません。でも努力すれば変えられる場合もあるので、背の低さはオシャレで勝負したり、内面を磨いて勝ったりするのも可能です。

できることが見つかるとさらに自分と向き合えて、もっとやる気が湧いてくるはずです。

 

目標を立てる

羨ましい心理になるのは、他人の視線や評価ばかり気になり、自己満足度が低いサインです。すると他人のやることが全て自分よりも優れて見えるため、成長するよりもどんどん殻に閉じこもってしまうでしょう。

そんな心理状態の時は、自分の中にある満たされないものを原動力にしてください。たとえば容姿が素敵な人を羨ましいと思うならイメチェンしたり、お金持ちの人が羨ましいなら夢を叶える努力をしたり。

自分が満足するものをターゲットにして、はっきりとした目標を立てるのです。その際には一般論でなく、自分の考えを優先して明確にすること。憧れる人のようになるには何が必要か、具体策を考えてください。

 

自分分析しよう

いいな、あんな人になりたいなと思う羨ましい気持ちは、自然に湧いてくる感情。このためエスカレートしなければ、いくらでもコントロールできるものです。

人と比較することをやめれば、他人がよく見えることはなくなり、自分にフォーカスできるようになります。そのためには自分にないものでなく、持っているものを考えてください。

羨ましい気持ちは、自分に足りないところを他人に求めてしまうのと同じで、いつまでも人を頼りにしてしまいます。すると次第と妬みの感情が生まれるため、自分だけが持っているものを理解すると、他人の視線は違った意味で刺激になるはずです。

 

マイナス思考を理解する

他人を妬まずに生活するためには、そんなネガティブな感情を無理に抑えず、自然なことだと理解してください。大切なのは、その気持ちをどう扱うか。

「人を羨ましがってはいけない」と無理に自分を抑制すると、逆に他人のよい点に目がいってしまいます。強い妬みや僻みなどの感情は、どうしても湧き上がってしまうものなので、誰にでも起こることだとまずは納得してください。

 

物質的なところにこわだらない

私たちは他人が所有する物質的なものを、つい意識してしまうケースがよくあります。アクセサリーや時計、車や家など、他人に自分をアピールしやすいものですが、羨ましい気持ちになりやすい人はまず物質的な面から改善してください。

それよりも趣味や恋愛を楽しむことは、物以上に価値があり他人には理解されにくいことです。自分の幸福度を高めるのはお金では買えないもの、そんな素敵な人生を送る人は逆に周囲から羨ましがられるはずです。

 

まとめ

羨ましい心理になったら後味を悪くしないためにも、自分の長所や魅力を再発見するチャンスだと思うのが大切。人は人、自分は自分だと解釈できると、ストレスの多い今の時代はもっと快適になるでしょう。

羨ましい気持ちはいつやってくるかわかりません。素直に人のよいところや成功を喜んであげる人になるには、まず自信をつけ直すことが大切です。全ての感情をそのまま受け入れて、適切な解釈をしてみましょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>愚痴ばかり言う男の心理が知りたい!面倒な人との付き合い方



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報