恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

付き合いたての彼氏の心理を理解して不安のないデートをするコツ

付き合いたての彼氏の心理を理解して不安のないデートをするコツ

付き合いたての彼氏の心理は、女性にはよくわからない部分が多いでしょう。緊張するのは当たり前。しかしもっと仲良くなりたいのに、なぜか一歩踏み込めない壁を感じるケースがあります。

最近恋人ができたばかりの人は、幸福の絶頂期に入っているはずです。付き合いたての彼氏の気持ちよりも、気持ちが高揚して周りがよく見えなくなる場合もあります。

カップルになると自分の気持ちだけでなく、相手の考えていることも気にしなければなりません。いつまでもラブラブでいるためには、付き合いたての彼氏の心理をよく理解してあげましょう。

 

付き合いたての彼氏の心理について

付き合いたての彼氏の心理を理解して不安のないデートをするコツあまり自分の気持ちを言葉で表さない男性。付き合いたての彼氏だと、尚更読めないところがありますよね。期待通りに恋愛関係が進展しない時は、付き合いたての彼氏の心理を知ることがまず大切です。

 

責任を感じている

結婚を考える男性のように、好きな女性を幸せにしようと責任を感じています。付き合いたての彼氏は、彼女がいつも笑顔で楽しいかどうか判断するだけで精一杯。

責任感が強いタイプだと、尚更彼女の行動や仕草が気になるはずです。男性は女性をリードする立場なので、今後の進展が上手くいくかどうかは全て自分次第。

そんな負担をもっとかけてしまうと、恋愛を楽しむ心の余裕がなくなってしまいますね。

 

相手を冷静に判断している

付き合いたての彼氏の心理はとても冷静になっていますので、両想いになってよかったと油断している暇がありません。好きになった女性が、自分の思い通りの人かどうか。

付き合い始めると今までとは違う関係になり、意外な一面を発見することもあるでしょう。もしもの場合を考えて、早めに知っておきたいことは今のうちに見つけておきたいのです。

慎重派なタイプは付き合ったばかりの頃は、とにかく会話する時間を大切にします。彼女があちこち出かけたくてもカフェで何時間も話すなど、質問事項がありすぎて困るかもしれません。

 

嫌われないか不安になっている

付き合いたての彼氏の心理は、恋が上手くいくか不安になっています。告白してOKしてもらい、とりあえず高いハードルをひとつ超えた状態。

そこから先は長いレースが続くため、自分にできるかどうか不安になっています。そのため最初のデートは失敗しないように、彼女に冷たい態度をとってしまうケースもあるでしょう。

付き合ってよかったのかな?と、彼女が不安になる瞬間です。しかし彼氏の心の中では、いきなり開放的に付き合って相手に悪いイメージを与えたくないため、慎重に次のステップを考えているのです。

 

自信がない

自信がない人は何ごともネガティブに考えてしまい、新しく恋人ができても悪いことばかり想像しています。彼女が他の男性に目移りしたらどうしよう、嫌いになったらどうしよう。

そんな悲観的な気持ちがあるため、デートでも態度に表れています。恋愛関係は最初がとても肝心で、最低限の愛情表現は女性が求めるもののひとつです。

しかし自信がない人は、相手に拒否されることを怖がり、消極的な態度になっているでしょう。

 

傷つきたくない

過去の辛い恋愛体験は、トラウマとしていつまでも引きずってしまいます。付き合いたての彼氏の心理は、同じ経験をしたくないので守りの体制に入っています。

両想いの相手は自分を好きでいてくれる確信があるので、今は感情的に恋を楽しむべき時期です。しかし過去の辛い経験があると、傷つくことを恐れて冷静になりすぎる傾向も。

彼女がやりたいことを優先するため、リードしてくれない男性に嫌気が差してしまう場合もあるでしょう。

 

付き合いたてのカップルが意識したい内容

付き合いたての彼氏の心理を理解して不安のないデートをするコツ付き合いたてはその後の恋人関係を左右する大切な時期なので、注意したいことや心がけたい内容など、大切なポイントを理解しておくと安心です。

 

連絡する頻度について

付き合いたては急接近したくて、頻繁に連絡したりデートしたりするカップルがいます。好きな人と両想いになると、毎日一緒にいたいのは自然な感情です。

しかしここが失敗しないための大切なポイントで、ストレスになるような連絡頻度は注意しましょう。たとえば付き合う前は、それほどメッセージのやりとりをしなかった相手なのに、両想いになった途端に相手を束縛するような連絡をするなど。

これではこの先の付き合い方が負担になるので、会う頻度やメッセージの頻度は無理なく徐々に増やしていきましょう。

 

お互いの緊張を和らげるデートをする

付き合いたての彼氏は心理的にまだ不安があり、デートも楽しめないかもしれません。そんな気持ちを理解して、デートはなるべくリラックスできるように意識しましょう。

たとえばカップルがたくさんいるデートスポットでは、周りが親しげにしている様子が目に入り、彼氏はプレッシャーを感じてしまいます。

最初はお互いをよく知るのがデートの目的なので、静かな公園やのんびりとできるカフェで話をするだけでも充分です。最初のデートではそれぞれが好きなことや行きたいところなど、今後のデートプランに参考になる情報収集をしましょう。

 

彼氏にプレッシャーをかけない

付き合いたての彼氏は彼女を幸せにするために、色々な考えが頭をよぎっている状態です。自分がしっかりとしなければ彼女を守れないと、過剰なプレッシャーをかけているかもしれません。

そんな時に彼女からストレスを与えられると恋愛が負担になるので、会う回数も減ってしまうでしょう。そうならないためには、彼氏に上手にリードしてもらうこと。無理なく頼る態度で、優しく接してください。

 

自由時間を大切にする

付き合いたてのカップルは、まだお互いの性格や考え方などを全て理解していない状態です。最初は信頼関係すら築けていないため、急接近するよりも一歩ずつ近づくのがコツです。

そのためには恋人にのめり込まないで、自分の生活も大切にしてください。友人と恋愛観を語ったり趣味の時間を持ったり、自分の人生が充実しないと恋人を幸せにすることはできないかもしれません。

デートしない日は一人で時間を過ごし、もっと好きになってもらうために自分磨きするのもオススメです。

 

本気度をチェックしよう

付き合いたての彼氏の心理を理解して不安のないデートをするコツ付き合いたては彼氏の本音がわからず、このまま付き合っても大丈夫かどうか不安になる場合もあります。そんな時に相手の本気度をチェックしておくと安心でしょう。

 

話を聞いてくれるか

自分の話をきちんと聞いてくれる人は思いやりがあり、大切に考えてくれているサインです。自分のことしか話さない自分勝手な性格は、恋人としてもよくないかもしれません。

 

友人に紹介してくれる

付き合い始めてしばらくすると、お互いの友人と交流する機会も出てきます。本気で付き合う相手なら、積極的に友人に紹介してくれるはず。逆に距離を置いているのは、後ろめたい何かがあるかもしれません。

 

デート後にすぐメッセージを送ってくる

緊張するデートでも、別れた後にすぐメッセージを送ってくれるのは、相手の気持ちを大切にしているので本気度が高い証です。

つまらない思いをしなかったか、彼氏は彼女の評価をとても気にしていますので、帰宅後でもすぐに連絡してくるはずです。

 

まとめ

付き合いたての彼氏は、緊張や不安でいっぱいです。そのため彼女に誤解を与えるような行動をとるかもしれませんが、それはどうすればよいか困惑しているためなので寛大な心で見守ってください。

お互いに緊張する付き合いたての時期は、相手の立場になり思いやりと優しい心でそっと対処してあげましょう。徐々に慣れてくると、さらに親密な関係が生まれるはずです。

 

☆こちらの記事もお勧めです。

>>>食事だけデートの相手の心理・そこから先に進まない理由と対処策

関連記事