恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

黒いマニキュアの心理・自分でも気づかない心の奥とは?

黒いマニキュアの心理・自分でも気づかない心の奥とは?

黒いマニキュアにする心理は、なぜなのかわかりますか。ネイルカラーは女性のオシャレの一部なので、色を変えるのはメイクやファッション選びと同じことです。

しかし指先は目立つ部分なので、色を選ぶ際に心理的な内容が関係しているともいわれています。

黒いマニキュアの心理ですが、インパクトがある色なので塗る時には勇気が要りますが、選んでいる時につい黒が欲しくなることもあります。

そんな女性の気になる深層心理。ネイルカラーでわかる心の奥について、詳しくご解説していきましょう。

 

黒いマニキュアの心理について

黒いマニキュアの心理・自分でも気づかない心の奥とは?ネイルサロンに定期的に通う、オシャレな女性が増える今の時代、素敵に自分を飾るためには違った色を選びたくなることもあるでしょう。では黒いマニキュアの心理について、考えられるポイントをご説明しますね。

 

相手に圧力をかけたい

黒は他の色よりも、権力や圧力を感じさせる色です。指先のオシャレは相手にアピールする色彩の効果があり、黒いマニキュアの心理は圧力をかけたい願望の表れです。

仕事でライバルが多い人など、黒で周囲と差をつけたいのです。たとえば店員さんのネイルが黒だった場合、レジでお釣りをもらう時にハッとしますよね。相手に威圧感を与えて驚く姿を見ると、満足しているのです。

 

自己主張したい

黒いマニキュアは、自己主張する意味があります。社会生活の中では多くの人が自分の周囲にいるため、考え方や意見が上手く周囲に伝わらない場合がありますよね。

言葉で自己主張ができない人は、ファッションやネイルカラーで自分の存在をアピールしています。

しかし自己主張が苦手な人が無理をするとストレスになり、結果的に他の人に振り回されてしまう場合もあるので注意しましょう。

 

孤独が好き

黒はピンクやイエローなどの明るい色と正反対で、暗い印象を与えます。黒のイメージは一人が好きで、無口な人という印象を受けるケースもありますよね。

周囲と距離を置きたい場合は、黒のネイルカラーで自分を守っている可能性も。人付き合いが苦手な人は、自分から積極的に話しかけることはありません。

逆に他人から近づかれるのも不安なので、黒で孤独になりたいのを、周囲にメッセージとして送っているのでしょう。

 

個性的な人

ネイルはファッションの一部なので、自分のセンスが活かされています。色だけでなくネイルアートなど、あらゆるデザインがありますので、洋服を選ぶように個性をアピールできます。

黒のマニキュアの心理は、人と同じものが苦手な個性派タイプ。自分の魅力をよく知っているため、他の人にできないことを自然にやっているかもしれません。

個性的な人はネイルカラーだけでなく、髪型やメイクなども違ったテイストがあるでしょう。周囲に認められることよりも、自己満足している傾向が強いといえます。

 

意思を通したい

絶対に負けたくない場面や、意思を通したい時に黒を選びます。とてもインパクトのある色なので、自分で交渉をコントロールしたい時にも選ばれるでしょう。

断固とした強い意思がある人は、周囲に流されない自分をネイルカラーで示しています。黒は周囲と距離を置く心理もありますので、自分の弱さを隠しながら快適に感じる環境に変えたい気持ちの表れです。

 

ネガティブな気持ちになっている

黒はマイナス的な印象を受ける色なので、気分的に盛り上がらない時に選ぶ場合があります。「ブラック」がつく言葉は、どれも悪い印象を受けるものが多いですよね。

黒は光を吸収してしまう色だといわれていますので、プラスのエネルギーを遮断するケースも。マイナスエネルギーを周囲に発信したい時に、黒いマニキュアを選ぶのかもしれません。

 

ネイルカラーでわかる心理状態について

黒いマニキュアの心理・自分でも気づかない心の奥とは?ネイルカラーはなんとなく選んでいるものかもしれませんが、自分では気がつかない心理状態がアピールされています。それぞれの色で考えられる意味について、詳しい内容をご説明しましょう。

 

ピンク

ピンクのネイルは、ロマンチックな性格の人が多いといわれています。愛情深く思いやりがあり、友人からも慕われているでしょう。

ただし周囲に気を遣いすぎるところがありますので、もっと自分の意見をアピールしてもよい場合があります。

ピンクは仕事やデートなど、あらゆる場面で使える色だといえますので、TPOを考える常識的な人であるのも特徴です。繊細な性格は、自分と親しくしている人に対しては、たっぷりとアピールしたいですね。

 

赤は黒に近いくらい、インパクトがある色です。ネイルカラーで赤を選ぶ人は自信があり、自分を表現するのが上手なタイプ。

強くてエネルギッシュな性格を、周囲に知ってもらいたいのです。逆に強い人に見られる反面、自分の心のか弱さを隠していることもあり、ギャップがある人も多いでしょう。

赤いネイルカラーの人は頼れる存在ですが、逆に寄り添ってあげる場面も出てくるかもしれません。

 

ブルー

寒色系のブルーは、知的で落ち着いている性格です。常に冷静で感情的になることがなく、周囲をきちんと把握できる人。

また青は海や空をイメージさせるカラーなので、広大な環境に憧れている一面もあります。ブルーのネイルカラーは、自分の目標設定がしっかりとできるタイプが多いので、周囲からは頑固者に見られる場合も。

仲良くなるととても心強い存在になる人なので、徐々に相手の性格を理解しながら近づいて付き合いたいですね。

 

黄色

明るくて元気なイメージを与える黄色のネイルカラーは、性格がそのまま色に表れています。周囲を盛り上げたいために、常に自分が置かれた環境を考える性格。

周囲に愛されて必要とされたい願望がありますので、黄色のネイルカラーの人とは積極的に話をするとよいかもしれません。

黄色は春や夏にピッタリの色ですが、寒くて気持ちが暗くなる冬は、自分自身もモチベーションをアップしたい心理があります。

 

ネイルは女性を心理的に美しくする!

いマニキュアの心理・自分でも気づかない心の奥とは?素敵なファッションコーデをしても、ネイルが完璧でないと物足りなさを感じませんか。ネイルサロンが人気なのは、心理的に女性が美を追求しているためなのです。

 

やる気が出る

口紅やアイシャドーの色は、鏡を見なければわかりませんが、手先はすぐに自分で見ることができる範囲。

ネイルが綺麗だと必然的にやる気が出て、仕事や恋愛も楽しくなります。また異性に指先を見られるチャンスが増えるため、自分の魅力をアピールしやすくなるのもネイルのメリットといえるでしょう。

 

ペディキュアの意味

ネイルは足元もセットで、完璧にしておきたいところです。ペディキュアの色はマニキュアと同じで気分を示していますが、指先よりもアピールが少なくなりますので、何もしない女性も多いですよね。

その場合は自分の強い意思の表れで、周囲に流されないことを示しています。また一本ごとに色を変えるペディキュアの場合は、存在感をもっと周囲に知ってほしい自己顕示欲の表れです。

 

ネイルアートの心理

頑張ってお金をかけてネイルアートをしても、周囲はさほど気づいてくれないことがあります。指先を派手にする人は、自己満足したいのが理由。綺麗な指先を見て、女性らしさをアップさせているのかもしれません。

 

まとめ

黒いマニキュアの心理になる時は、自分の心の中を客観的に考えてみましょう。また色ごとの特徴や心理を知り、その日の自分の気分に合わせて、ピッタリのネイルでオシャレするのも楽しいですね。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>整形したい心理・外見でなく内面に抱えるこだわりについて

関連記事