恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

あだ名で呼ぶ心理は脈あり?男性にあだ名で呼ばれた時はどうするべき?

あだ名で呼ぶ心理は脈あり?男性にあだ名で呼ばれた時はどうするべき?

「あだ名で呼ぶ心理は、好きだから?」「それとも性格的なこと?」このような疑問を感じたことはありませんか。

相手が好きな男性だと、よい意味に解釈したくなる瞬間。あだ名で呼ばれると、急に接近したような気持ちになりますよね。

親しい人や家族からあだ名で呼ばれるのはよくあること。あまり親しくない人に対しては、名字で呼ぶのがなんとなくマナーであるような気も。

こんな瞬間、男性はどんな気持ちで女性をあだ名で呼ぶのでしょうか。その深層心理について、詳しく考えてみましょう。

ある日好きな人が突然呼び方を変えてきたら、どのようにして対処しますか。慌てて動揺した姿を見せないように、普段から準備しておきたいですね。

 

あだ名で呼ぶ心理にはどんな意味があるの?

あだ名で呼ぶ心理は脈あり?男性にあだ名で呼ばれた時はどうするべき?あだ名で呼ぶ心理には、どのような意味があるのか気になるところ。いくつかのものについて、お伝えしていきますね。

 

仲良くなりたいサイン

昔から知っている人や兄弟など、自分の身近にいる人からあだ名で呼ばれるのはとても自然。

また周りがあだ名で呼んでいる人でも、なぜか勇気を出してあだ名で呼べない時もありますよね。

しかし名字でなくあだ名で呼ぶと、急に仲良くなれるメリットがあります。あだ名で呼ぶことで、話がスムーズにできるようになったという経験もきっとあるでしょう。

人間関係を深めるための方法は色々とありますが、仲良くなりたい人にはあだ名で近づくのもよいですね。

 

距離感をなくしたい人

長い付き合いの相手でも、なぜか距離感を感じる人がいませんか。たとえば嫌いな人ならあえて名字で呼んだり、名前を呼ぶことを避けたり。

でも距離感をなくしたい相手には、あだ名で呼ぶ心理が働くでしょう。男性が女性にあだ名で近づいてくるのは、好意を寄せているサインです。

しかし異性の友達であっても、あだ名で呼んでくる人がいます。そのため相手の気持ちを判断するのは、難しいこともあるでしょう。

恋愛として「好きな人」と、友達としての「好きな人」は何かしら違う態度をとっているはず。あだ名を言いにくそうに呼ぶ人は、照れている可能性があります。

 

誰とでも付き合えるタイプ

世の中には色々なタイプの人がいて、とてもフレンドリーで誰ともすぐに打ち解けられる人がいますよね。

初対面の人のこともあだ名で呼ぶ人や、あだ名がない人にあだ名を作ってくれることも。そんなおおらかな性格の人だと、特別な感情を抱く女性にもあだ名を使ってくるかもしれません。

よく知らない人とは、壁を作らないことが関係を深めるコツになります。人付き合いが上手な人は相手の不信感を取り除き、タイミングよく近づいてくるでしょう。

少し強引なアプローチもありますが、あだ名で呼ばれると壁を作らずに付き合いができます。

 

信頼関係を築きたいサイン

もっと信頼関係を築きたいと思う人には、特別な態度でアピールしてきます。男性が好きな女性を呼ぶ時は、呼び方にも何かしらの変化があるはず。

名字から下の名前に変わったり、ちゃんづけでなく呼び捨てになったり。徐々に心境も変化していくでしょう。

一歩近づくごとに信頼関係が強まり、お互いに心をオープンにして付き合えるようになります。

あだ名にするだけでも周囲の雰囲気が変わり、とてもスムーズになり心が打ち解けていきますよね。

仕事の場面でもこんなコツを活かせば、信頼関係が上手に築けるようになるでしょう。

 

自分の存在に気がついてほしい

好きな女性には自分の存在をアピールしたいけれど、どうしたら上手くいくかは男性にとってかなりの難関です。

そんな時にあだ名で呼ぶ心理が働き、急接近してくることもあるでしょう。「他の男性とは違う」という意味も含めて、他の人が呼ばないようなあだ名でいきなり近づいてくる時も。

自分の存在を知ってもらわなければ、次のステップには進めませんよね。話をしたことがない好みのタイプの女性には、まず名前の呼び方でインパクトを与えてきます。

 

独占欲がある人

「自分だけのものしたい」それほど大好きな女性には、男性はあの手この手でアピールしてくるでしょう。

あだ名で呼ぶのはもちろん、自分だけが使える呼び名を考えて他の人には真似されないようにしています。

「○○ちゃん」と周りから呼ばれる人なら「ちゃん」を外して呼び捨てにしてくることも。男らしくリードしてくると、女性もキュンとなってしまうでしょう。

 

あだ名で呼ばれた時の対処

あだ名で呼ぶ心理は脈あり?男性にあだ名で呼ばれた時はどうするべき?今までは名字で呼ばれていたのに、いきなりあだ名に変わった時。そんな場面で女性はドキッとするか、なぜなのか気になる存在になるはずです。

あだ名で呼ばれた時は、次のポイントを意識して上手に対処してみましょう。

 

ごく自然に振る舞う

もし気になる男性からあだ名で呼ばれた場合は、もっと仲を深めるチャンスに。そのためわざと驚いたりせずに、自然に振る舞ってください。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、徐々にそれが定着すると二人の関係はオープンになります。やがて他の人が、あだ名で呼びづらくなるかもしれません。

いきなりあだ名に変わるのは、一歩踏み込んだ関係にしたい気持ちの表れ。相手が自分にとってどのような存在でいてほしいか、深く考えながら対処しましょう。

 

自分からも近づいていく

「○○さん」と呼ばれるよりもあだ名で呼ばれたほうが、親近感が湧きなんでも話せる関係に。

恋愛を意識した相手なら、心を許せるということを相手にも伝えましょう。お互いにあだ名で呼び合い、二人きりになったらもっとコミュニーションをとりたいですね。

男性が好きな女性をあだ名で呼ぶ心理は、どんな反応をしてくるかチェックしている意味もあります。

もっと仲良くなりたい人なら、一方通行にならないように良好な関係を築いてくださいね。

 

嫌いな人には態度で示す

もし嫌いな男性にあだ名で呼ばれたら、どのように感じますか。決して嬉しいとは言えないのが、こんな瞬間ですよね。

しかし女性の態度次第では、相手が勘違いすることもあるので注意しなければなりません。嫌いな人やしつこい人には嫌な顔をしたり、返事をわざとしなかったり。

上手く伝わるように、態度で示すことも必要です。嫌がられていることがわかれば、相手も態度を変えてくるでしょう。

しかし男性の中にはフルネームを憶えるのが苦手で、あだ名だけで付き合う人もいるかもしれません。

どのようなつもりでいるのか、相手の様子を見ながら判断してください。

 

職場ではどうするべき?

職場では上司を「○○部長」「〇〇さん」などと呼び、社会人のマナーを守らなければならないことがあります。

逆に目上の人からあだ名で呼ばれることもあり、この場合は職場の人間関係を良好にするための作戦に。

協力体制が必要な時は嫌な顔をせずに仲間意識をもち、あだ名を受け入れて付き合うとよいでしょう。

最近の職場ではわざと役職をつけず、お互いにあだ名で呼ぶ習慣をつけているところも。それほど人間関係にとって、呼び名は影響を与えるものなのです。

 

好きな男性にあだ名で迫ってみよう

男性からだけでなく、女性からも気になる人にはあだ名で接近してください。好意がある人に対しては、よそよそしい呼び方は避けたいこと。

思い切ってあだ名や下の名前を使い、相手がどんな表情で振り返るかチェックしてみましょう。恋愛のチャンスが、そんな瞬間に訪れるかもしれません。

 

まとめ

好きな人からあだ名で呼ばれると、とても嬉しくなりますよね。あだ名で呼ぶ心理は相手に近づきたい心の表れで、上手に受け止めてもっと仲を深めてください。

友達同士でもあだ名で呼び合う関係は特別で、他の人よりも信頼関係が築きやすくなります。

これからはそんなメリットを考え、気になる人には積極的に呼び方を変えてみるのはどうでしょうか。想定外の反応が得られるかもしれません。

 

☆こちらの記事もオススメです!

>>>目を閉じて話す時の心理には気になるものも

関連記事