恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

花を飾る心理・職場でモテる人は花が好き!

花を飾る女性心理・職場でモテる人は花が好き!

花を飾る時はどのような心理が働いているのか、考えた経験はありますか。「女性なら花が好きなのは当たり前」というイメージがあっても、習慣的に花と触れ合わない女性は案外多く存在します。

お花や植物が生活の中にあると、とても心が癒されて華やかになりますよね。とくにストレスが溜まりやすい職場こそ、花が発する素敵なエネルギーを与えたい場所です。

モテる女性が花が好きなのはなぜか、花を飾る心理の意味を理解して、魅力的になるコツを発見してみましょう。

 

花を飾る女性心理はなぜなのか?

花を飾る女性心理・職場でモテる人は花が好き!部屋に花を飾ると、何もなくてもその場が明るくなります。それほど花には素敵な魅力がありますが、公園で花を眺めるだけでは満足せず、デスクの上に花を飾る心理はなぜか理由を見ていきましょう。

 

つまらない風景に色をつけたい

いつものマンネリした風景、書類やパソコンなどが並ぶ風景に足りないものは「色彩」です。花を飾る女性心理はそんな風景をカラフルにしたいためで、仕事場ならモチベーションアップする目的もあるでしょう。

殺風景な場所にいると気持ちが沈みやすくなりますが、派手な場所だと集中力もアップするかもしれません。

職場は自分の部屋ではありませんので、好きなアーティストのポスターを貼ったり、オシャレな家具を置いたりするわけにはいかないもの。その代わりにカラーをプラスするために、綺麗な花を選んでいるのです。

 

ストレス解消になるものが欲しい

花の命は尊いもの。開花したピーク時は、ずっと続くものではありません。そんな花の喜びを目の前にすると、イライラする自分自身が嫌に感じますよね。

綺麗な花を見ると心が洗われ癒されるので、ストレスが溜まっている時は花を飾る心理になります。自然の美しさは人間の弱さを教えてくれるので、不安や悩みを抱く時は生命を感じるものと一緒に過ごすと気分が楽になります。

ペットを飼っている人のようにホッとできる空間を作るため、デスクに花を飾りたい気持ちになるのです。

 

女性らしさをアピールしている

花と女性には、共通点がいくつかあります。華やかさや儚い美しさ、可憐に咲く姿など、花が好きな人には女性らしさを感じますよね。

たとえば男性の多い職場では、花を飾る心理が働く女性も多く、女性特有の魅力や美しさをそれとなく周囲に見せているケースもあるでしょう。

また好きな人がいる場合も同じで、女性らしくしとやかに見られたいので花を置く習慣を意識する人もいます。花瓶の水の交換をこまめにやっている姿は、男性にはとても健気に見えるでしょう。

 

季節を感じたい

室内でずっと生活していると外の気温すらわからなくなり、いつの間にか季節が変わっているケースがあります。花を飾る心理は、実感しにくい季節を感じたいため。

その時季の花をデスクに飾ると、自然と四季を生活の中でも感じられるようになります。春の桜や夏のひまわり、クリスマスはポインセチアなど。

一年の流れを、花で演出したい気持ちがあります。ドライフラワーだと少し味気ないので、モテる女性は定期的に花を買い替えているはずです。

 

感性を刺激している

野原に咲いている自然の花を見ると摘み取りたくなるのは、華やかな自然の美しさを取り入れて感性を刺激したい願望があるためです。

公園や森林の中で咲き乱れる花や植物は、本来その場所に咲いているのが一番。しかし人間は自分の欲求を満たすために、机の上や部屋の中に花を飾ってしまうのでしょう。

花のある生活は色彩やデザイン、香りなどあらゆる感性を磨き、よいアイデアをもたらしてくれることがあります。そんな暮らしに憧れる人は、花を飾る習慣があるのでしょう。

 

アウトドアが好き

室内よりもアウトドア活動が好きな人は、自然の環境をできるだけ普段の生活にも取り入れています。仕事中はとくに狭い部屋の中で、閉鎖的な気持ちになってしまいますよね。

そんな時に花を見ると、別世界に逃避できるケースも。深く息を吸い込むと、花の香りがふわっと漂ってきます。

仕事でイライラした時は、屋外で新鮮な空気を吸いたくなることもありますが、花があるとアウトドアにいるような空間が体験できます。

 

花を飾るとメリットがある?

花を飾る女性心理・職場でモテる人は花が好き!花を飾る女性の姿はとても優しく、素敵な印象を受けます。モテる人は自分の仕草や行為を意識しているので、花を意識的に飾りメリットを得ている可能性も。では花を飾ることでどのようなメリットが期待できるのか、詳しくご説明しましょう。

 

空間が素敵に変わる

寝室やリビングなど、部屋の見た目はとても大切。職場のデスクとなると、さらに大勢の人に対してあらゆる内容をアピールしています。

花は彩りと華やかさが魅力なので、周辺を綺麗に演出するためによい印象を与えてくれます。また花びらの形や茎の長さ、直線や平面、丸みなどあらゆるアクセントがあるので、部屋に変化を与えてくれます。

職場に花を飾るモテる女性は、仕事環境でも美意識が高く、近所に住む人にも快適な印象を与えてくれます。

 

自分が魅力的に見える

花を飾る心理は男性から褒められたり、他の人に感謝されたりすることも意識しているでしょう。花があるゆとりの生活は自分が素敵になり、気分までよくなります。

そんな人は花をこよなく愛する自分を、もっと好きになれるでしょう。観葉植物や花がある生活は、人を幸せな状態にしてくれるので、いつも笑顔が絶えない素敵なイメージを人に与えられます。

 

気分が落ち着く

風水でよい気を引き寄せるためには、命のエネルギーがあるとよいとされています。スピリチュアルなパワーを得る時にも、花がある生活はメリットになるかもしれません。

尊い命である花は人間や動物と同じ、とても意味がある大切な存在です。自然物が近くにある生活は、時に神聖な力を感じることもあるでしょう。

仕事が上手く捗らない時など、デスクに一輪飾るだけでもスムーズに物ごとが進む場合もあるかもしれません。

 

職場でモテる女性になるコツ

花を飾る女性心理・職場でモテる人は花が好き!職場でモテる女性になるには、他の人がやらない内容で周囲にアピールするのが大切です。花を飾る心がけを大切にしながら、さらに次のポイントも意識してみましょう。

 

掃除をする

デスクの上や職場仲間が共有するデスクなど、手が空いた時にサッとお掃除しましょう。綺麗好きな女性はプライベートも想像できるほど、きちんとしているのが魅力になります。誰も手をつけないところは、率先してお掃除して感謝されたいですね。

 

思いやりを大切にする

仕事場だからと割り切っていると、素敵な出会いはないかもしれません。仕事を通じて相手に思いやりの気持ちを持つ、また誰にでも対して同じ態度で接するなど、職場では損得勘定を持たずに人付き合いするのが大切です。

好きな人だけ手伝ったり媚びを売ったりするのは、他の女性から見ても好感を持てません。女性同士でも仲良くできる、好感度の高い人を目指しましょう。

 

花を観賞する時間を大切にする

花を飾る女性は、しとやかで素敵です。しかし意図的にやっていると思われる場合もあるので、花の魅力を楽しむためにゆとりのある時間配分をしましょう。休憩時間やお茶を飲むひと時、花を眺めて一人の時間を持つのも素敵ですね。

 

まとめ

花を飾る心理になったら、好きな色や品種の花をたくさん買って、華やかな空間作りをしてみませんか。職場は、仕事や人間関係のストレスが多い場所です。

快適な空間にするためにも、自分のためだけでなく周囲の人が優しい気持ちになれるよう、花を飾る習慣を心がけたいですね。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>アロマが欲しい心理とは・自分だけの快適なリラックス法を見つけるコツ

関連記事