恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

目が合う心理でわかる!相手の本音について

目が合う心理でわかる!相手の本音について

偶然だと思っていても、目が合うと気になってもう一度見てしまうことがありますよね。もしかして恋の始まり?と、新たな出会いの予感を感じる時も。

同じ人と何回も目が合った時には、相手の心理が知りたくなります。恋愛感情だけでなく人間関係の中で、目は重要な相手を知るポイントに。

それでは、目が合う心理からわかる相手の本音を探っていきましょう。

 

好意がある

目が合う心理でわかる!相手の本音について目が合う心理には素直な感情が表れるため、好きな人をずっと見ていたい気持ちになります。そっと見ていたい人は、目が合うと心理的にぱっとそらしてしまう場合も。

目が合う頻度が多くなると、好意があるのではないかと相手の心理が気になることがあります。目は自分の気持ちをそのまま映すので、好意があるとつい目で追いかけてしまうでしょう。

 

知りたくて興味がある

目が合う心理には、好きな人の姿を一秒でも多く見ていたい気持ちに。気になるとどこにいても、好きな人を見てしまいますよね。

恋をすると、好きな人のことがもっと知りたくなります。ふとした表情や仕草など、目に焼きつけておきたい思いが込められているのです。

 

慌ててそらしてしまう場合も

目が合うと心理的に慌ててそらす時がありますが、そらし方によって相手に嫌いだと勘違いさせてしまうことも。恋をしていると、好きな人にこの気持ちを届けたくなりますよね。

しかし恥ずかしくて伝えられないもどかしさから、気持ちとは反対の行動に出てしまう人も。複雑な恋心に自分自身が疲れてしまう時もありますが、目が合う時は微笑みながらゆっくりそらすイメージを意識しましょう。

話せるタイミングが見つかる可能性もありますので、目が合っても慌てないのがコツになるでしょう。

 

好きのサイン

何度も同じ人と目が合う心理には、好きの気持ちが隠れています。好きな人を前にすると、目が合うだけでドキドキして何もできない心理状態になることも。

何度も合うと恥ずかしくなり、思わず笑ってごまかしてしまう人もいるでしょう。自分のことを少しでも気にしてくれたらいいなと、姿を見かけるたびに目でアピールしています。

目が合うと心理的に嬉しくて、いつもよりもテンションが高い状態で接してくるでしょう。

 

早く打ち解けたい

目が合う心理でわかる!相手の本音について初対面や何度か顔を合わせたことがある人と目が合う心理は、警戒しながら相手を観察していることがあります。仲良くなりたい気持ちがあっても、話せる機会が見つからないためそわそわしてしまう人も。

目が合うのは、心理的にも早く打ち解けたい思いがあるからです。相手の反応を見ながら、どのように仲良くなれるのかを探っている場合も。

目が合った時は、こちらからも笑顔で会釈や挨拶をすると話しやすい雰囲気になります。

 

話したいことがある

まだ知り合って間もない人と目が合う心理には、話しかけたいけれど声がかけられない思いが隠れています。聞いてみたいことがたくさんあるのに、嫌がられたら…と思うとなかなか声がかけられないのです。

気心が知れていないので、相手の様子を見ながら接するところも。気を遣っている状態なので、目が合う時は知らんぷりをせずに反応すると、相手が話しやすい状況が作れるでしょう。

 

好みのタイプだから

女性と男性では目が合う時の心理に違いがあり、警戒心の強い女性よりも男性の方が一目惚れしやすいと言われていますよね。

男性は好みのタイプの女性がいると、気になって見てしまうところも。言葉に表さなくても、態度や仕草から素直に感情が見える場合もあるのです。

目は心の中を教えてくれるので、目が合う時は男性の心理を読み取るチャンスになるでしょう。

 

仲良くなれるきっかけが欲しい

目が合う心理には、仲良くなれるきっかけを探している場合も。共通点や話題が欲しいのですが、なかなか見つからない状態です。

どちらかから話しかけるまでは、この状況が続いてしまう可能性も。目が合う回数や時間を増やすと、少しずつ歩み寄れる関係が期待できるでしょう。

目が合った時に、はにかんだ笑顔や照れた表情で脈ありサインを送っています。

 

目が合った時はどうすればいい?

目が合う心理でわかる!相手の本音について目が合うと、どうしたらいいか心理的にも動揺する人も。すぐにそらしてしまうよりも、そのまま見つめると好印象を得られそうですよね。

恥ずかしくて実践するのが難しく感じてしまいますが、少し意識するだけで相手との距離も近くなるでしょう。

 

笑顔で見つめ返そう

目が合うのは突然なので、心の準備が整っていないことが多いもの。素の自分が、瞬間に表れてしまいます。慌てた表情や無表情になる人もいますが、迷惑だと思われてしまったのではないかと、相手を不安にさせてしまう時も。

相手が目をそらすまで、笑顔を意識しながら見つめると相手にも印象良く見せることができるのです。ニコッと微笑むと、相手に安心感を与えるでしょう。

 

声をかけてみるのもオススメ

目が合うと、その後が気まずくなって困ってしまう時もあります。何もしない人もいますが、気になる人やお世話になっている人には、自分から声をかけてコミュニケーションを深める方法も。

目が合う心理は話しかけて欲しいと思っている人もいますので、消極的にならずに思いきって話しかけていきたいですね。

意外と会話が盛り上がって、楽しい時間を過ごせることも。なるべくかしこまらずに、リラックスした雰囲気が好印象になるでしょう。

 

こちらから見つめよう

相手から視線を感じて目が合う時は、毎回同じ展開では脈なしだと思われてしまう可能性も。新たな展開を期待するには、自分からアピールすることも必要になります。

視線をそらしてしまった後に、自分から見つめ直したり、姿を見かけた時は遠くからでも視線を送ってみたりと、いつもとは違った方法もオススメ。前よりも親しみやすく、気軽に話しかけられる関係へと変化していきます。

 

無意識で見ている場合も

目が合う心理でわかる!相手の本音について好意を抱いている印象が強いですが、目が合う心理には無意識でなんとなく見てしまう場合も。自分と似たような服装をしていた人や、綺麗な人やカッコいい人を見つけた時にも無意識に目で追ってしまうでしょう。

偶然が重なると好意へと変わっていくものですが、今はまだその手前の段階なのです。

 

知り合いの可能性があるかも

知らない人と目が合うのは、どこかで見たことがあるかもしれないと記憶を思い出している場合も。知り合いによく似ているからとの理由も考えられるでしょう。声をかけるべきか悩んでいる可能性も。

昔の知り合いの場合は、本人か確証できないとなかなか声をかけにくいものですよね。声をかけにくい時は、軽く会釈をして反応を見ると、相手から近寄って話しかけてくるでしょう。

 

自分が見ている側の時も

見られているのがわかると、視線に対して敏感になる人もいます。落ち着かない心境になりますが、気にしすぎると思い込みだった可能性も。

視線の先には自分ではなく、他の人を見ていたという展開もあれば、見られていると思っていても、実は自分が見ている側だったなんてこともあるのです。

自分でも気づかないうちに、無意識に気になる人を見ている場合があるでしょう。

 

まとめ

目が合うと、ドキッとしたり緊張したりと心理的にも気になりますが、相手の気持ちは視線と行動に表れています。

いろいろなシチュエーションによって対応を変えて接すると、相手の動きにも変化が見られるでしょう。気になる人と目が合った時は、待っているだけでなく自分からも視線を送って思いを知ってもらいたいですね。

 

☆こちらの記事もチェックしてください!

>>>わがままな心理を知って彼氏の気持ちを理解する方法

関連記事