恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

束縛する心理って何?束縛彼氏の気持ちを知って仲良くなるコツとは

束縛する心理って何?束縛彼氏の気持ちを知って仲良くなるコツとは

束縛する人とは、心理的な意味を考えて上手に付き合いましょう。やきもち妬きの彼氏は彼女の行動がいつも気になり、過剰な心配をして喧嘩になることも。

「他の男性と話もできない」というくらい、束縛する心理が働く彼氏は少し考えものですよね。

でも相手の態度だけでなく、なぜそのような性格なのか。心理の根底にあるものを考えると、理解できる部分がいくつか出てくるでしょう。

多少の束縛なら、愛情表現として気持ちよく受け入れられるもの。しかし度が過ぎると、今後の付き合い方にも困ってしまいますよね。

なぜ彼氏が束縛するのか気になるなら、心理的な意味を考えてみませんか。それでは早速ですが、仲良く付き合うためのポイントをご説明します。束縛する心理はなぜなのか、彼氏の気持ちを見ていきましょう。



束縛する彼氏はこんな特徴がある!

束縛する心理って何?束縛彼氏の気持ちを知って仲良くなるコツとは男性の性格はさまざま。友達の彼氏と自分の彼氏を比較すると、向こうのほうがよく見えてしまう時があります。

とくに束縛する彼氏は、彼女の人間関係にも影響を与える存在。それでは、束縛する心理が働く彼氏に共通する点について見ていきましょう。

 

スマホをチェックしたがる

「私の彼氏は、もしかしたら束縛タイプかも?」そんな不安を抱いている人は、まずスマホ関係の場面をチェックしてみましょう。

彼女がスマホを見るたびに「誰から連絡が来たのか」「何を見ているのか」と、やたらとチェックする男性。

写真や動画など、彼女が保存しているものをなんでも見たがります。また隠そうとするものは、しつこく追及してくるでしょう。

こんな彼氏だと、たとえ仕事関係の連絡でも信じてくれません。証拠を見せなければ、納得してくれないこともあるでしょう。

 

遊び人の女友達を嫌う

彼氏がいない女友達や、遊び人として知られている女友達。そんな人と自分の彼女が、仲良く付き合うことをとても嫌がります。

たとえば、女同士で食事をする約束がある場合。「誰が参加するのか」と、遊び人の友達がいないかとても気になります。

自分の彼女を信じていても、周囲から悪い影響があるのは困ること。流されて遊び人と一緒に遊んでしまうのは、なんとかして阻止したいのです。束縛する心理をもつ彼氏は、女同士で出かけることにもあまりよい顔はしないでしょう。

 

頻繁に連絡してくる

彼女の行動が、24時間気になる束縛彼氏。よく連絡をしてくるのはもちろん、彼女が出かける時も必ず連絡を入れるようにしています。

とくに夜の連絡は、彼氏にとって大切な部分。寝る前の連絡がない時や、朝になっても連絡がとれない時はイライラしてしまうでしょう。

「怪しい」と思われる彼女の行動がある時は、写真を要求しどこで何をしているか確認したがります。もちろん一緒にいるのが誰なのかは、とても心配になるところでしょう。

 

洋服チェックがうるさい

束縛する心理がある彼氏は、彼女が他の人にとられることを必要以上に怖がります。そのため目立つ服装などは、とても嫌がるでしょう。

男性の視線を集めそうな、露出があるファッションや派手な色の服など。自分のためだけならよいものなのですが、公共の場に出てほしくはありません。

他の男性に彼女を見られるだけでやきもちを妬き、相手をにらみつけることも。さらに彼女に対しては、服装を考えるように指摘することも。シンプルで地味な服装こそが、束縛彼氏にとって一番安全なスタイルかもしれません。

 

束縛する心理について

束縛する心理って何?束縛彼氏の気持ちを知って仲良くなるコツとは女性の場合も、彼氏を束縛することはよくあるでしょう。でも男性の束縛は、女性とは少し違う意味があります。彼氏がなぜ彼女を束縛するのか、心理的な意味を見ていきましょう。

 

自信がない

彼女を束縛する心理で、多くの男性が抱えるのは自信がない悩み。「他の人にとられてしまうかも」「他の人を好きになったらどうしよう」と不安に思うのは、自分に自信がないためです。

自分でも気がつかないところに、コンプレックスを抱いている人も。失うことに対して、異常な恐怖心を抱くこともあるでしょう。

自信がない人は、周囲の視線がとても気になります。評価を下げたくないために、強い自分を装ってアピールしたくなるのです。

 

人を信用できない

人を信用できない、束縛する心理をもつ人。元をたどると子供の時の出来事や、辛い恋愛などのトラウマが残っている可能性もあります。

大好きな彼女に対しても、完全には信用できない部分があります。そのために、行動が心配になってしまうのです。

いくら彼女が説明しても納得せず、悪い方向へ考えてしまうでしょう。信頼関係は、時間をかけて築くもの。しかし束縛する彼氏はそのプロセスがわからず、必要以上に干渉して相手を信用しません。

 

マイナス思考

束縛する心理の特徴として、マイナス思考があります。束縛は「愛情の裏返し」とも考えられますが、相手に不快な思いをさせるのはよいことではありませんよね。

束縛する彼氏はとてもマイナス思考で、あらゆることをネガティブに考えます。たとえば、彼女から連絡が来るはずの時間に連絡がない時。

「どこかで遊んでいるのかもしれない」「何かあったのかもしれない」と、とても心配になります。

物事をポジティブに解釈できない性格は、恋愛だけでなく人間関係や仕事にも影響してしまうでしょう。

 

依存心が強い

束縛する心理がある彼氏は、彼女をリードしている印象を受けることもあります。しかしそれは甘えたい気持ちの表れで、自分の欲求を満たすために束縛しているのです。

依存心が強い彼氏は、彼女に甘やかしてほしいと考えます。そうして、わがままな行動に出ることもあるでしょう。

束縛させないためには、彼氏を甘やかさないことも必要かもしれません。依存心が強い人は、その弱さを人に知られたくないのです。保身のために束縛することもあるでしょう。

 

束縛彼氏と仲良く付き合うコツについて

束縛する心理って何?束縛彼氏の気持ちを知って仲良くなるコツとは束縛する彼氏は「そこだけを直してくれれば、もっと好きになれる」という場合が多いですよね。そんな彼氏の短所を受け入れて、仲良くするコツについて見ていきましょう。

 

愛情表現をたっぷりすること

束縛する彼氏は心配症で、彼女が好きすぎるためについ行きすぎた行動に出てしまいます。彼女の行動を見張るようなことは、本当はやりたいと思っていません。

そこで彼女はたっぷり愛情表現をし、彼氏を安心させてあげることが解決策のひとつに。他の男性のことが気にならなくなるほど、夢中な素振りをしてみましょう。

 

正直に話そう

束縛は度合いによって異なり、軽いやきもち程度なら可愛らしく見えるもの。しかしストレスに感じ、彼氏の言動が嫌になるほどでは言葉で伝えることが必要です。メールの回数やデートの頻度など、二人で相談して考え直すこともよいでしょう。

 

自信をつける

自信不足の彼氏を強くさせるためには、彼氏の得意なことを伸ばしてあげること。たとえばスポーツが得意な彼氏なら、地元チームに参加して運動をするのもよいですね。

そして何よりも、彼女が彼氏を頼り「いつも必要にしている」と知ってもらうことが大切。それこそが、男性としての自信回復につながるかもしれません。

好きな彼氏とはあらゆるハードルを越え、いつまでも仲良く付き合いたいですよね。そのためには束縛をやめてもらい、お互いに信頼関係を築く努力をしてみましょう。

 

まとめ

束縛する心理をもつ彼氏は、相手を嫌がらせるためにやっているのではありません。心の中の不安やイライラが、溜まってしまっているサインなのでしょう。

彼氏と幸せな恋愛関係を続けるには、心理的な部分も考えてあげるとよいでしょう。言葉では伝えられないことは、自然と態度に出てしまうもの。彼氏の気持ちをしっかり掴むには、オープンにしていきましょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてください。

>>>デート前に連絡をする心理で分かる男性のタイプとアプローチ法



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報