恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

家を知られたくない心理がある!しつこくしてくる人を避ける方法

家を知られたくない心理がある!しつこくしてくる人を避ける方法

家を知られたくない心理になるのは、相手を信頼していないためなのか、それとも特別な理由があるからなのか、とても気になるところです。

男性との初デートでドライブの帰りに「家まで送るよ」と言われると、一瞬返答に困りますよね。心理的に拒絶する背景があると、家を知られたくない頑なな態度になる場合があります。

プライベートをシェアするためには、それなりの人間関係は欠かせません。最近は恋人にも自分の家を知られたくない人が増えているといわれますが、なぜそんな気持ちになるのか、心理面で考えられる理由をご解説しましょう。

 

家を知られたくない心理について

家を知られたくない心理がある!しつこくしてくる人を避ける方法SNSで友人を作っても、お互いにプライバシーに触れないように付き合う人は近年増えていますよね。住所や連絡先などについてどこまで質問すればよいのか、ふと疑問に感じる場面もあります。

では家を知られたくない心理の理由について、ポイントをご説明していきましょう。

 

踏み込んだ関係になりたくない

家の場所を知っている関係は、お互いに信頼している証拠。何かあったら家まで行けば連絡がつく状態は、二人とも安心できますよね。

しかし最近は仲がよくても、個人情報を頑なに守る人も増えていますので、連絡先は知っているけれど住所は知らない関係もよくあります。

一歩踏み込んだ関係になるのが嫌な時は、家を知られたくない心理になるでしょう。私生活をオープンにするのは、踏み込んだ関係でないとできないこと。急にプライベートに入ってくる人は、用心したくなりますよね。

 

家を見られるのが恥ずかしいから

築何十年の古い家。ご近所はどこも新築で、綺麗なところに一軒だけ古びた家があると、かなり目立ってしまうでしょう。そこがもし自分の家だとしたら人に知られるのは恥ずかしいので、できれば住んでいる場所は教えたくありません。

見栄っ張りの人だと小さな家なのに、庭つきの豪邸に住んでいるような話をしている場合もあるでしょう。嘘がバレるのが怖い時は、家を知られたくない心理になります。こんなところで生活しているの?と、意外な一面を知られる瞬間です。

 

親しくなるまでプライベートは教えたくない

家を知られたくない心理は、相手に心を許したと思われたくないためです。家の場所はよほど信頼できる人でないと教えたくないという人は、世の中に大勢いますよね。

万が一しつこくされて家の近くまで来られると、それ以外に逃げる場所がありません。たとえば知り合ったばかりの異性で、好きなタイプの人でもまだ恋人関係ではない時。

相手をよく知るまでは、軽率な行動に出たくない心理があります。お互いの家に行き来するのは、親密な関係があるためだといえるでしょう。

 

自分のスペースを邪魔されたくない

家は本来の自分に戻る場所なので、仕事から帰ってくるとホッとできます。人に気を遣ったり他人からどう思われるか心配したりせずに、リラックスできる場所です。

でも人に家の場所を知られると、いつ誰が訪れるかわかりません。急な来客の可能性が高くなると、家でのんびりとパジャマのままで過ごすのは難しいでしょう。

自分のスペースを守る人は、きちんとルールを守れる人にしか家を教えません。きっちりとプライベートとの線引きをしているので、恋人関係でも家を教えるまで時間がかかるケースもあるはず

 

兄弟や親を見られたくない

実家に住んでいる場合は、親や兄弟がどのような人なのか興味が湧きますよね。家族はその人の育った環境がわかるポイントですが、いつもきちんとしている人なのに家族が乱雑なタイプだと驚きます。

逆に家族がきちんとしているのに、だらしない性格の人もいますよね。このような意外性を知られたくない時に、自分の住む場所を内緒にしたくなります。

兄弟や親が全く自分とかけ離れたタイプだと、周囲が色々と詮索してくる可能性もあるので、とにかく家は内緒にしておきたいのです。

 

しつこく家を聞いてくる人を避ける方法

家を知られたくない心理がある!しつこくしてくる人を避ける方法家を知られたくないのに、しつこく聞いてくる人がいますよね。そんな場合は無理やり情報を提供する前に、上手くかわす方法をマスターしておきましょう。

 

それとなく嫌なふりをする

「住所教えて」と気軽に尋ねてくる人がたまにいますが、郵便物を送ってもらうなど、理由がある時は仕方がありません。しかしただ住んでいる場所を知りたいために質問してくる人もいるため、そんな場合はそれとなく嫌なふりをして話題を避けましょう。

個人情報はできるだけ人に言わないようにしているなど、少し冗談めいた言い方でスルーするのも方法ですね。

 

送ってくれる場合

仕事仲間や恋人など、一緒に出かけて家まで送ってもらう場面があります。何も言わずにそのまま相手の意思を受け止めてしまうと、家の前まで来てしまいます。

知られたくない場合は、家の近くで車から降りるのがコツ。たとえば家の前は道が狭いからなど、言い訳して離れたところで別れましょう。

それでもしつこく送ってくれる人は、逆に迷惑に感じる場合もあります。後々嫌な思いをしないためにも「ここでいいです」とシートベルトを外しながら、車から降りる体勢を整えておきましょう。

 

正直に教えたくない理由を話す

家を知られたくない心理が働いても、相手には気持ちが通じないことがあります。「住所くらい、どうして教えてくれないの?」と、逆切れする人もいるかもしれません。

その場の雰囲気が悪くなりそうな場面は、正直に家を知られたくない理由を話しましょう。もっと親しい関係になったら教える、家が小さくて恥ずかしいからなど。理由がわかれば相手も、それ以上押しつけてくることはないでしょう。

 

嫌な経験があるとごまかす

過去に嫌いな人に家までしつこくつけられて、とても困ったことがあるなど、過去の経験を理由にして断るのも方法です。

実際にトラウマになるような体験をすると、信頼している人でもプライバシーに関する内容は伏せたくなりますよね。そんな不安を相手に話せば、きっと状況を理解してくれるでしょう。

 

家に人を呼びたくない理由について

家を知られたくない心理がある!しつこくしてくる人を避ける方法家でパーティーをしたり賑やかに過ごしたりするのは、時間制限がなくとても居心地がよく快適な空間です。しかし最近は、家に人を招きたくない人が増えているといわれていますので、気になる理由についてご説明しましょう。

 

後片づけが面倒

友人が来るとお茶を出したり、部屋の掃除をしたりして面倒ですよね。来客があった後は精神的にも疲れるので、さらに片づけがあると誰も呼びたくない心理になります。

 

プライベートを見られたくない

ベッドルームやトイレ、お風呂など。家の中には普段人に見せない自分の秘密が、色々と隠されています。遊びに来た人はそんな意外性を見つけるために、じろじろと家の中を見渡してしまうでしょう。

他人のチェックが入るのが負担に感じると、誰も遊びに来てほしくなくなります。

 

家の匂いが心配

家にはそれぞれの匂いがあります。誰かが来ると家の掃除はもちろんですが、家の匂いも不安になり負担に感じるケースも。

自分にとって快適なスペースでも、気づきにくい雰囲気や匂いは、突然の場面ではどうにもなりませんよね。

 

まとめ

家を知られたくない心理は特別変わったことではありませんが、人一倍プライベートを守りたがるタイプがいます。それは自分が他人を信頼できない問題があるのか、心の中を考えてみるのも必要かもしれません。

家を教える人とは、お互いに心を開いて付き合えるよい関係があります。そのように安心できるまでは、慌てず徐々に距離感をなくすのが重要ですね。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>人を好きになれない心理を理解して恋をするステップ

関連記事