恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

人を好きになれない心理を理解して恋をするステップ

人を好きになれない心理を理解して恋をするステップ

人を好きになれない心理はなぜか、一人で悩んでいる人はいませんか。全てを放り出しても一緒にいたいと思える人や、絶対に離れたくないほど大好きになる人の存在は、毎日の生活に刺激を与えてくれます。

人を好きになれない心理があると、人生に物足りなさを感じることもあるでしょう。最近は、真剣に人を好きになれない人が増えているともいわれています。

ドラマのような素敵な恋愛を求めているのに、現実になるとどこかで冷めた自分がいるのです。

人を好きになるのは、成長のステップ。学ぶことがとても多く、さらに賢明で強い人になるために大切です。

そこで人を好きになれない心理の原因と、恋をするためのステップについてご紹介していきましょう。



人を好きになれない心理はどうして?

人を好きになれない心理を理解して恋をするステップ「恋をしたいけれどできない」と思う時があります。相手がいないわけでなく、自分の心に問題を抱えている場合も。ではそんな時の深層心理には、どのような理由があるのか見ていきましょう。

 

恋愛するチャンスがない

人を好きになるには、対象がいないとできません。いつも一人で家に閉じこもり、人と接触を避けている人は、人を好きになるチャンスが訪れないでしょう。

素敵な恋愛をしたい願望があるにもかかわらず、現実的に出会いがないため恋をする自分がイメージできない状態なのです。

恋愛が現実逃避をするような難しいものに見えてしまい、結果的に自分から求めて出会いを探すことはありません。

たとえば女性の多い職場など、異性との関わりが少ない環境にいるとドキドキ感が薄れて、恋愛からは遠のいてしまうかもしれないでしょう。

 

自分自身が愛せない

人を好きになれない心理は相手に問題があるのでなく、自分自身を愛せないことが原因の可能性があります。

モテない、好きな人がいないと自分の可能性を決めつけてしまうと、次第にコンプレックスが生まれてしまいます。

自信がない人からは、自然とネガティブな印象が周囲にも伝わるため、結果的に出会うチャンスがあってもよい方向に進展しないのです。

自分の苦手や嫌いな部分は、あって仕方がないもの。少しでも理想的な人間に近づく努力が、その人の魅力となっていくのです。

 

欠点ばかりが見える

人を好きになれない心理は、相手のよいところよりも欠点が目についてしまうことが原因です。

減点方式で人を判断する性格の人は、相手によい部分があっても見逃す時が多く、素敵な人と出会っても悪いところだけが印象に残ってしまいます。

これだと完璧な人を見つけるのは不可能で、どんなに素敵な人に出会っても満足することはないでしょう。恋愛相手は、結婚相手を選ぶように条件を高くすると、なかなかチャンスがやってきません。

 

恋愛に興味がない

恋愛以外に夢中になるものがある人は、あえて恋人を探す時間を費やすことはないでしょう。仕事や趣味など、楽しい時間が過ごせる生活があれば、恋愛しなくても充実できるかもしれません。

恋愛がさほど重要でない人は、誰かを好きになりそうになると自分の感情にブレーキをかけてしまい、その先に進むことがないでしょう。

恋愛の何が楽しいのか、一人の時間に魅力を感じている間は、恋愛以上に刺激的なものばかりに目がいってしまうのです。

 

辛い思い出がある

過去に辛い恋愛をした経験がある人は、人を好きになれない心理があります。二度と同じ経験をして傷つきたくないため、自分を守っている状態です。

辛いトラウマから解放されるために、新たな恋をする人は多いでしょう。しかしその心理状態になるまでは、人によって時間がかかる場合もあります。

しかし恋愛体験からは悪いことだけでなく、大切な内容も色々と学んでいます。上手く経験を活かせるように、恋愛する心の準備ができるまで慌てないのが大切ですね。

 

人を好きになれない心理から抜け出して恋をするステップ

人を好きになれない心理を理解して恋をするステップ恋愛は絶対にするべきことではありませんが、他人と信頼関係を築いて愛情を土台にした生活は、人間として価値のある経験になります。

恋愛がしたいけれどできない人は次のポイントを意識して、人を好きになるようにチャンレンジしてみませんか。

 

視野を広げよう

一度固定観念を持ってしまうと、そこから抜け出すのは大変です。とくに恋愛はあらゆる視野を持つのが大切なので、今までの世界とは違うところに興味を持つのも必要です。

自分には「このようなタイプが合っている」と頭で考えるのでなく、意識的に違うフィールドを見るのもよいでしょう。

視野が狭いと行動範囲が狭くなるだけでなく、考え方も固執してしまい恋愛のチャンスが減ってしまいます。人を好きになるには、あらゆる可能性を考えて視野を広げてみましょう。

 

出会いを探す

人を好きになれない心理は出会いがないため、恋愛感情がどのようなものなのかわからないことが原因です。

一人の時間が好きな人は、極端に異性と接触する機会が少なく、好きになる人が見つからない可能性があります。

同じ生活サイクルでは違った人との出会いがないため、普段行かない場所に行ったり、しばらく会わない友人と連絡をとったりするのもよいでしょう。

出会いはどこにあるかわかりませんので、同性の友人を増やすのもメリットにつながります。

 

異性の視線を意識しよう

人を好きになれない心理は、恋愛している自分の姿がイメージできないのも原因です。異性を恋愛対象として意識しないと、恋が始まるチャンスは訪れません。

もし好きなタイプが現れたら、恋愛相手として少し意識してみましょう。自分から意識すると相手にも気持ちが通じて、特別な関係に進展する可能性も。

特定の人と関係を築くためには、まず見方を変えるのが大切なのです。異性として意識するのは、自分からも魅力をアピールするチャンスにつながります。

 

相手の全てを受け入れる

誰かを好きになるのは意識でなく感情が先走り、知らない間に恋をしていたということがよくあります。

自然な流れで自分と相性の合う人に接近し、徐々に恋愛感情が湧いていきます。しかし人を好きになれない心理があると、相手をしっかりと見ることができず、中途半端な印象を受ける時もあるでしょう。

緊張しやすい人は友人などの第三者を介して、気になる人と接するのも方法のひとつ。出会いがあったら無駄にせず、積極的に近づこうとする努力が必要ですね。

 

頭で考えない

恋愛相手はこうあるべきだと頭で考えてしまうと、自然な流れで人を好きになることはないでしょう。

恋は本能的に始まるのが、最も理想的。人を好きになれない心理は、頭で冷静に判断する自分がブレーキをかけているのです。

頭で考えず、感情や本能に従って自分に正直になってみませんか。すると意外なところで、素敵だと思える人がいるはず。

恋愛体質と呼ばれる人は、フィーリングやノリで簡単に人を好きになれます。誰かを意識するのが高いハードルになっている人は、まずは本能的に感じるものを大切にしてみましょう。

 

感受性の強い人になろう

人を好きになれない人は、感情を受け入れるのが苦手な一面があります。喜怒哀楽は人間として当たり前なので、人を好きになるのは恥ずかしいことではありません。

感受性の強い人になるように、ドラマや映画で恋愛の疑似体験をしてみましょう。誰かに愛される自分をイメージすると、恋愛生活が楽しく見えるもの。

 

まとめ

人を好きになれない時は、無理やり恋愛をするようにプレッシャーをかける必要はありません。

いつか必ず夢中になる人が現れるのを信じて、その日に向けて自分磨きをしてはいかがでしょうか。自分自身を快適に感じて好きになるのが、恋愛への最初にステップになります。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>恋愛の話をする心理に男性がなる時とは?恋人候補になるかも!



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報