恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

年齢をごまかす女性心理・若作りしたい理由はなぜ?

年齢をごまかす女性心理・若作りしたい理由はなぜ?

年齢をごまかす心理は、年を重ねるごとに多くなりますが、男性よりも女性のほうが年齢は気になることでしょう。

若く見えるメイクや、元気よく見えるファッションなど。常に年齢を土台に、自分の魅力をアピールしたがるのは女性の特徴です。

最近は年齢がわからないほどの美魔女の存在が話題になりますが、何歳になっても若さがある人は羨ましいですよね。

そんな素敵な人を目指して、女性はダイエットやアンチエイジングで毎日努力をしています。しかし中には若く見せるだけでなく、年齢をごまかす人がいます。そこまでして若くいたいのはなぜか、気になる心理をご解説しましょう。



年齢をごまかす人の心理を考えてみよう

年齢をごまかす女性心理・若作りしたい理由はなぜ?年齢をごまかしたいと思う時はよくありますが、それ以上に若さにこだわる女性が世の中には存在します。

もちろん実年齢よりも若く見られたいと思うのは誰しも共通していますが、一番の理想は年相応に魅力的になることではないでしょうか。では年齢をごまかす女性心理について、理由を見ていきましょう。

 

褒められたい

「年齢を言ったら、相手が信じてくれなかった」という時は、とても気分がよくなりませんか。

実年齢よりも若く見られるのは「よいこと」。そんなイメージを持っている人が、世の中にはほとんどです。

子供の頃は年齢よりも上に見られたくて、無理やり背伸びをする時期もあります。しかしある程度の年齢になれば、誕生日が近づくと憂鬱になってきますよね。

人から褒められるのが好きな人は年齢をごまかす心理になり、若くいることでポイントアップしたいと考えています。

 

ライバル意識が強い

女性が張り合うのは見た目の美しさや体型、そして見た目年齢があります。同世代と競って自分が一番若々しいと、ライバルに勝った気持ちになりますよね。

とくに競争心が強い人は、相手が誰でも常に自分が視線を集めたいもの。年齢で若い女性に勝てなくなると、ごまかしてまで注目されたくなるのです。

若さをアピールするために過剰な若作りをする女性もいますが、ライバル意識は別のところで発揮したほうがよいといえます。

 

異性に注目されたい

年齢をごまかす心理は、異性に注目されたいため。男性は若い女性のほうが好みかもしれませんので、興味を持ってもらうためには多少嘘をついても近づきたいのでしょう。

異性に対して年齢をごまかす心理は、相手のことが好き、もしくは気になる存在の可能性が高いといえます。

年の差で嫌われたら困るので、最初から対象に入るように予防策を張っています。でも好きな男性が、もし年齢で女性を判断するような人だったらどうしますか。

人の魅力は、見た目や年齢では決められませんよね。必死に若く見せて興味を引いても、相手にそれほどの価値がないかもしれません。

 

プライドが高い

プライドが高い人は自分の評価を上げるために、あの手この手で周囲にアプローチしています。

年齢をごまかすこともそのうちのひとつ。実際の年齢を言ってがっかりされたくないため、プライドを維持するために自分に有利な嘘をついてしまいます。

プライドが高い女性は、内面よりも外面にこだわる特徴があり、周囲の人に対しても同じように表面的な部分だけで判断をしています。

そのため人間関係で上手くいかない場合もあるので、オープンに付き合える人を大切にしなければなりません。

 

若いと思われている

年齢をごまかす心理は、見た目と実年齢が伴わないためで、嘘をついたほうが周囲が納得する場合があります。

たとえば30代の独身OL。夜遊びが好きで、結婚すら考えないほど自由な人の場合です。実年齢を言ったら周囲が驚き、がっかりするかもしれません。

そんな反応を見たくないため、見た目年齢に合わせて年齢をごまかす心理があります。まだ若いからと周囲が納得してくれるように、違う年齢の自分を作り上げているのでしょう。

 

若い頃が忘れられない

「まだ若くてよいね」と、周囲が羨望の眼差しで自分を見てくれた時代。しかし年を重ねるごとに、年齢でよいインパクトを人に与えることはできなくなります。

若さは見た目はもちろんですが、恋愛や美容、健康などの全てにおいてメリットをもたらしてくれます。

異性からもちやほやされ、とても楽しく刺激的だったあの頃。その思い出がいつまでも頭の中に残っていると、年齢をごまかす心理になり若い自分を呼び戻したくなるのでしょう。

 

若く見られるコツを習得しよう

年齢をごまかす女性心理・若作りしたい理由はなぜ?誰しも若く見られたい願望はあるもの。その度合いは個人差がありますが、年齢を重ねるごとにエネルギーは高まりますよね。そこで知っておくと得する、若く見せるコツをご紹介しましょう。

 

年相応を意識する

年齢をごまかす心理は「若さ」に対して、過度なこだわりを持っていることが考えられます。40代でも見た目が若いなら、本当の年齢を言うのは抵抗にならないでしょう。

しかしごまかしてまでも若さをアピールしたい人は、年齢を評価点と考えているためなのです。

20代でも30代後半に見える女性はいますし、50代でも40歳くらいに見えるほど肌が綺麗な人もいますよね。

若さとは見た目でなく、気持ちの問題です。無理に年齢を意識せず、年相応の魅力を意識してください。40代の人が10代の間で流行っている服装をして、ちぐはぐになるのは避けたいですね。

 

隠すのではなく活かす

年齢をごまかす女性心理は、他の人よりも魅力的でいたい願望があるためです。年齢と共に表れてくる衰え、目じりのシワや髪のパサつきなど、わかっていてもどうにもならないことがありますよね。

年齢にこだわる人は、このようなサインを無理やり隠す傾向があり、逆に目立ち年齢がわかってしまう時があります。

たとえばメイクですが、若く見せようとシワを隠すためにファンデーションを厚塗りにすると、返って溝がくっきりと強調されてしまいます。

年齢を重ねるのは、悪いことではありません。体型の崩れや肌の老化など、隠したい部分は逆に上手く使い、自分らしさをアピールするように心がけてみませんか。

 

生活習慣のリズムを整える

若さは肌のハリやツヤではなく、全体からあふれるエネルギーが大切。体力的な限界を感じてしまうと、ひとつひとつの動きにも年齢が感じられてしまうのです。

そうならないためには普段から運動や食生活、睡眠時間や健康管理などをしっかりとし、溌剌とした生活リズムを整えておくとよいでしょう。

年齢ではなく気持ちから若さを出すためには、普段の心がけが大切なのです。ダラダラと一日を過ごすよりも、自分のルールに沿って規則正しく生活できる人は、いつまでも若さであふれています。

 

夢中になることを見つけよう

年をとるのは誕生日の数ではなく、気持ちが大切です。30代でも20代の気持ちで生活するためには、いつまでも夢中になれるものを大切にしましょう。

趣味の時間や友人付き合い、または恋愛など。周囲からどう見られているかが全く気にならない環境を持つと、自然と気分的にも若さが取り戻せます。

なんとなく生活を続けるよりも、好きなことや興味を持つ人のほうが刺激的ですよね。アンチエイジングによい食生活など、年齢だけでなく自分にメリットになることを発見してください。

 

まとめ

契約書や申込書などを記入する際、年齢欄が気になるのは誰しも同じです。年齢をごまかす心理はもっと自信を持ち、他人でなく自分の満足度を高めるのが改善のコツになるでしょうね。

何歳に見られてもよいとオープンになると、自然と自分らしい若さがアピールされるものでしょう。

 

☆こちらの記事もお勧めです。

>>>憧れる心理を活用して自分を磨く人になろう!



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報