恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

周りを振り回す人の心理状況を理解して上手に自分のペースにする方法!

周りを振り回す人の心理状況を理解して上手に自分のペースにする方法!

周りを振り回す人の心理状況は、表面的にはわからないところもたくさんあり、態度だけを見ると周囲が嫌な気持ちにさせられる難しい存在です。

もし恋人がこんなタイプの人だと、デートでも意見が食い違いストレスを感じることも多くなりそうですよね。そこで今回は、周りを振り回す人の心理状況について詳しくご解説していきますので、上手に自分のペースに変えられるようにしてみましょう。

 

周りを振り回す人の心理的特徴について

周りを振り回す人の心理状況を理解して上手に自分のペースにする方法!周りを振り回す人の心理背景には、次のようなことがあると考えられます。どこに行っても出くわす可能性があるこのタイプの人たちは、思うままの振る舞いが少し行き過ぎてしまうことがありますよね。

 

長所だと思っている

周りを振り回す人は、心理的にそれが自分の長所だと思っているため、決して意見を譲ることはありません。嫌なことは嫌だとはっきり意思表示できる自分がすごいと思っているのでしょう。

そのため長所をどんどんアピールするつもりになっているので、周りを振り回し続け、次第に皆から距離を置かれてしまうこともあるかもしれません。

自己分析が苦手で、自分に悪いところはないと思っているので、皆を振り回しているとは全く思っていないでしょう。

 

とてもデリケートな性格

周りを振り回す人は、心理的に自分の弱いところを他人に知られたくないため、予防線を張っています。振り回される側になると、相手のことを考えて傷つく場面も増えてしまいそうです。

そのため自分の言いなりになってくれる人だと愛情を感じ、大切にされると思い安心することが特徴。一見強気な人にも思われるタイプですが、とても傷つきやすいため、先に他人を動かしてしまうのです。

 

他人の立場を考えない

周りを振り回す人は心理的に余裕がなく、他人の気持ちや考えを理解するほど頭が回りません。自分のやりたいことを把握するので精一杯。そのため自然と自分が満足することを選び、他人が我慢するはめに。

もしこんなことをしたら相手はどう思うか、違った角度から考えられない人なのです。自分勝手なところがありますが、悪気がなく自分中心になっていることもありますので、誰かがきちんと教えてあげることも必要かもしれません。

 

当たり前のこと

周りを振り回す人は、心理的に自己肯定感が強すぎるところがあり、自分が考えることは全て正しいと思っています。そのため「皆が困らないようにやっているから」と少し上から目線に。

他人が我慢しているのは当たり前で、感謝する気持ちもありません。基本的に他人を振り回すという感覚はありませんので、他人から批判的なことを言われると不思議でたまらないでしょう。

 

我慢が嫌い

周りを振り回す人は心理的に自分がとても可愛いので、嫌なことを我慢するのが苦手。親が子供を甘やかすように自分がしたいことしかやらないので、合わせる周りがとても苦労します。

そんな性格はプライベートも仕事も同じ。我慢できないので、普段から愚痴こぼしや文句が多く、ネガティブな印象を周囲に与えます。面倒くさいことは嫌い、できるだけ楽しい思いをして暮らしたい人なのです。

 

意志が弱い

周りを振り回す人は心理的に意志が弱く、実は他人に合わせているつもりになっています。一度決めたことを最後まで全うすることは少なく、その時の気分でコロコロ考えを変えてしまう時もあるでしょう。

それは周りから嫌われたくない不安があるからで、振り回すつもりはないけれど、失敗しないよう用心しながら考え方を変えている時もあります。

 

自分のペースを崩さない恋愛のコツ

周りを振り回す人の心理状況を理解して上手に自分のペースにする方法!周りを振り回す人と恋愛する場合は、相手の心理背景を考え、さらに自分のペースを乱さない工夫も大切です。いつも相手の言いなりになるのは嫌なもの。そんな時は次の方法で、上手に相手と接してみましょう。

 

絶対に嫌なことは譲らない

周りを振り回す人は、自分の言いなりになってくれる人を好んで付き合う傾向があります。恋人同士だと相手に甘えてしまうこともありますので、多少のわがままは仕方ないことも。

しかし毎回相手に振り回されるのは決して快適な雰囲気にはなりませんので、絶対に嫌だと思うことは譲らない姿勢を大切にしましょう。断る時ははっきりとわかるように、意思表示はお互いさまであることを理解してもらってください。この際も自分勝手な意見ではなく、きちんと理由を説明することが必要です。

 

感情的にならないこと

相手の気持ちを思いやれない人は、感情的に物ごとを考えるところもありますので、意見が食い違うと一方的に自分の思いをぶつけてくる場合も。お互いに感情的になるとどんどん状況が悪くなりますので、自分のペースを維持したい時は冷静な対応が必要です。

勝手な態度が目立つ時はイラッとせずに、なぜそんな行動をとるのか相手に説明をしてもらいましょう。意味がわかれば怒らずに済む場面もあるはずなので、常に冷静な会話を心がけてください。

 

距離を置く

自分の考え方や行動を他人から指示されてしまうのはストレスの原因に。やりたいことをやりたいのは誰も同じなので、恋人がこのような思いやりのない人なら、しばらく距離を置いてみるのも方法です。

平等な立場にならず、一方が上から目線になると真剣に向き合う自分がとても疲れてしまいます。大切な相手なら多少無理して付き合うことも可能ですが、いつも他人が合わせてくれると思い込んでしまうと、自分勝手な人はなかなか変わってくれません。

 

振り回されてしまう人の特徴

周りを振り回す人の心理状況を理解して上手に自分のペースにする方法!自己中心的な人が好む「振り回されやすい人」にはなりたくありませんが、無意識に我慢して他人に合わせていることは、日常生活内で意外とよくあるもの。ではどのようなタイプが注意するべきなのか、特徴についてご説明していきましょう。

 

優柔不断の人

たとえ簡単なことでも、決断する際には責任が伴います。優柔不断な人は失敗することがとても不安なので、最後の最後まで迷ってしまいなかなか決められないことが特徴。

そのため周りを振り回すタイプの人にしてみたら、とても扱いやすい人に見えるため、どんどん相手の言いなりになってしまいます。これからは他人のことよりも、まずは自分の考えに意識を集中させてみてください。なかなか決まらない時は、タイムリミットを決めておくと安心かもしれません。

 

思いやりがある

他人のためなら何でも我慢して、相手にやりたいことをやらせてあげるのはとても思いやりがあるから。言いなりになっている自分にイライラすることもあるかもしれませんが、それは長所なので自分を責める必要はありません。

しかし少しだけ自分のことも考える余裕を持ち、思いやりは大切にしてくださいね。もし他人の優しい気持ちを逆手にとって利用する相手なら、今後は距離を置いて付き合うこと。大切な人なら、些細な我慢でも心から感謝してくれるはずです。

 

自信がない

決断したことや自分の考え方を強くアピールできないのは自信がないため。否定されることを恐れているので、結果的に相手のやりたい放題になっています。

自信のなさを克服するためには、簡単なことでも自分が決めて実践する習慣を始めてみましょう。デートの行き先を決めたり、自分がやりたいことをはっきり意思表示したりするなど、仮に上手くいかなくてもまずは最初の一歩が大切です。

 

まとめ

周りを振り回す人は、心理的に強さに憧れを持っているのかもしれません。恋愛関係を壊さないためにもお互いに我慢するのは当然ですし、はっきり思っていることを言える関係を作ることは、これから先も長く付き合っていくコツになるでしょう。

 

☆御社の公式HPのコラムも呼んでみてくださいね!

>>>30代からの婚活で気をつけるポイントを知って婚活をスタートさせよう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報

結婚相談所インフィニについて