恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

タイトな服を着る心理・男性を意識するとやってしまうこと

タイトな服を着る心理・男性を意識するとやってしまうこと

タイトな服を着る心理はなぜでしょうか。ファッションやメイクは、自分を美しく見せるために大切なこと。センスが人によって違うのは、単なる好みだけでなく心理背景も関係しています。そこで今回は、タイトな服を着る心理についてご解説していきましょう。



タイトな服を着る女性心理について

タイトな服を着る心理・男性を意識するとやってしまうことピンクのフリフリのスカートやカジュアルなジーンズなど、女性らしさを感じるファッションテイストは色々とあります。その中でもとくにフェミニンな印象がアピールされる「タイトな服」を選ぶのは、どのような心理背景があるのでしょうか。

 

他人の視線を意識している

タイトな服を着る心理でまず考えられるのは、他人の視線を集めたいためです。自分を認めてくれる人が多いほど、男性でも女性でも満足するタイプ。

とくに異性の視線を気にしているので、わざと短いスカートを穿いたり、ボディラインがわかる服を好んで選んだりしているのです。男性からじっと見られると、自分が好かれていると感じるのでしょう。

人に見られることで優越感を覚える人は、大胆なファッションをすることがよくあります。

 

自慢したい

タイトな服を着る心理は、自分のスタイルのよさを自慢したいためです。体型をコンプレックスに感じる人は、世の中に比較的多いもの。

しかし体型に自信がある人は、少しでも多くの人に自分の魅力を知ってほしいので、自慢したい部位をとくに強調したファッションを選びます。

たとえば細くて綺麗な脚が自慢なら、スキニージーンズやミニスカートを穿いて自慢したいでしょう。選ぶ服によって目立つパーツは変わってくるもので、自分に似合うファッションをよくわかっているからこそ、タイトな服を着る心理になる場合もあるかもしれません。

 

安心する

ボディラインがはっきりわかる洋服に抵抗がある人は多いでしょう。できればカバーしたい体の部分は、誰でもひとつはあるもの。しかしタイトな服を着るのは、心理的にぴったりした洋服が安心するためなのです。

誰かにギュッとされているような安心感は、大きめの服では得られないかもしれません。オーバーサイズの洋服は、体型をカバーするにはよいアイテムですが、逆に袖が長すぎたり空気が入り込んだり、気持ちの面で不安を感じることもあります。

 

恋愛の駆け引きにしたい

男性は、自分の好みの体型をしている女性に対して、思わずじっと熱い視線を送ってしまうものでしょう。なかなか積極的に近づいてくれない男性がいて、駆け引きをしたいと思う時には効率的な方法です。

恋愛の駆け引きが上手な女性は、メイクやファッションを上手く活用しています。男性をドキッとさせるものについて、既に熟知している可能性が高いでしょう。

 

流行を追っている

スキニージーンズ、ミニスカートなど、ファッションのトレンドには必ずタイトなアイテムがいつの時代にもあります。とくにスキニー系のボトムスは、近年トレンドになっているので、1着は持っている人が多いでしょう。

レギンスとスカートをコーディネートしたり、スキニージーンズとオーバーサイズのトレーナーを組み合わせたり。上手な着方をすればやりすぎ感もなく、自然とタイトな服をコーディネートできます。

流行に敏感な人は、多少抵抗があっても周囲と同じく輝きたいため、タイトな服も積極的に取り入れているはずです。

 

女性らしいと思っている

女性らしさとは外側でなく、本来は内側から湧き出てくるもの。でも第一印象で判断される場合は、ファッションはとても大切な個性になります。

たとえば初めてデートする相手。できるだけ女性らしさをアピールするために、大人っぽく肌を適度に露出することがあるでしょう。色気をアピールすることが「女性らしさ」だと思っている人は、態度や仕草など、他の角度からもアピールしないとちぐはぐになる可能性があります。

 

鍛えた体を自慢

タイトな服を着る心理は、普段から体を鍛えているので、筋肉質なボディを見てほしいのかもしれません。ぽっちゃり系の女性は、男性から人気が高い反面、「鍛えたボディは美しくカッコいい」と褒められる場面も多いでしょう。

割れた腹筋、余分な脂肪がついていない二の腕、すらっとした脚など。トータル的に鍛えているボディなら、自分だけで満足するのはもったいないですよね。

そんな女性は、自分の努力を評価してほしいためにタイトな服を着て、密かに目立ちたい願望があるのです。

 

男性を意識して女性が無意識にやること

タイトな服を着る心理・男性を意識するとやってしまうこと男性の褒め言葉は、女性が美を追求するためのモチベーションになります。恋をすると綺麗になる女性が多いといわれるように、女性は男性の視線や意見に左右されることがよくありますよね。では男性を意識すると、女性がついやってしまうことを見ていきましょう。

 

面倒を見てあげる

男性の視線を集めたりかまってもらったりするのは、女性の刺激になっているはずです。とくに好きな男性に自分の存在を特別視してもらうには、他の人にやらないことをやってあげるでしょう。

家庭的なイメージがある女性は、いつでも男性の心をギュッと掴むポイント。たとえば手作りのお菓子をプレゼントしたり、手早く片づけをしてあげたり、まるでお母さんのような安心感がある人は気になる存在のはずです。

 

笑顔で話す

あまり興味のない男性でも、できるだけ好感を残しておきたいと思うのは女性の本音。モテる人になりたい願望は、誰でもあるかもしれません。

そんな人が無意識にやってしまうのは、笑顔を振りまくことです。優しく目を合わせてにっこりしてしまうのは、自分でもコントロールできない特別な気持ちがある可能性も。笑顔や熱い視線は、男性を引きつける女性のパワーにもなっているでしょう。

 

ボディタッチ

男性から好意を持ってもらいたい願望がない女性は、きっといないはず。どの程度アピールできるかは個人差がありますが、女性特有の武器を使って男性に近づきたいと思う場合もあるでしょう。

そんな時に無意識にやってしまうのがボディタッチ。男性とスキンシップをする機会を増やすことで、さらに気持ち的にもつながれます。

好きな人にどうアプローチするか困った時も、それとなく腕を掴んだり肩を叩いたり、スキンシップが今後の関係にメリットをもたらすでしょう。

 

可愛らしい仕草をする

男性の前でわざと可愛い仕草を見せる女性は、同性にはあまりよい印象は残せません。他人がやることは何かと目につきますが、女性は無意識のうちに同じようなことをやっている可能性があります。

男性に気に入ってもらいたいので、場合によってはいつもとは違う自分を演じる場面も。好きな人の前でもじもじしてしまうように、自分をよく見せたいため印象づける素振りをしているのです。

 

失敗する

簡単なことができないふりをしたり、失敗したりするのは男性を意識していて、自分に興味を持ってほしいから。たとえば職場の好きな男性にアプローチする際に、すでに知っていることもわからないふりで質問したり、アドバイスを求めたりするケースがあります。

とっさにこんな態度になるのは、心の奥でその人を特別に思っているから。できないことを男性にお願いすると、頼られた男性はまんざらでもなく、その女性を守りたくなるでしょう。

 

まとめ

タイトな服を着る心理になるのは、最近は女性だけではありません。男性もスキニーパンツ、ぴったりしたTシャツなどを着る人が増えています。

ボディラインをアピールしたいのは、目立ちたい願望があるからでしょう。やりすぎないためにも、ファッションだけでなく自信を持つ自分磨きを始めてみませんか。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>何度も確認してしまう人の心理・慎重すぎるメリットとデメリット



 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報