恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

若く見られたい心理の真相・見た目年齢が大切な理由とは?

若く見られたい心理の真相・見た目年齢が大切な理由とは?

若く見られたい心理は、多くの人が納得できることでしょう。いつまでも若く素敵でいたい、そんな願いは毎日のモチベーションにつながりますよね。

女性は男性よりも見た目年齢を意識しますが、それは一体なぜでしょうか。気になる女性心理の謎と、見た目年齢が大切な理由についてご解説しましょう。



若く見られたい女性心理について

若く見られるのは誰でも嬉しいはず。実年齢を隠したくなる時期は、誰にでも訪れるでしょう。そんな時でも自信を持てる人は、日頃から自分磨きを意識しているからかもしれません。では気になる、若く見られたい女性心理についてご説明します。

 

注目されたい

若く見られたい女性は、心理的に注目されたい意識が強く、人の視線や考え方を気にする傾向があります。若く見られるのはとても素敵ですが、絶対に実年齢よりも上に見られてはいけないというルールもありません。

あくまでも自分の価値観が影響していますので、周囲の視線を気にする人は注目されたい願望があると考えられます。昔から派手な服装を好み個性的だった人、中高年になっても若い時の輝きが手放せず、若く見られたいと熱望している人は、何かと若さを意識するでしょう。

 

コンプレックスがある

若く見られたい女性心理は、背景にコンプレックスが隠されているかもしれません。見た目年齢だけでなく体型や顔のパーツなど、気に入らないところがひとつはあるはず。

それを乗り越えるために、見た目年齢で勝負したいのです。コンプレックスは誰でも抱えているはずですが、受け止め方はさまざま。

仕方ないと諦めるか、ストレスになるほど悩むか、考え方がセルフケアを左右するでしょう。

 

男性の目を意識している

若く見られたい心理は、男性の視線を意識しているためです。結婚して子供もいるのに、まだ女性として扱われたい願望があるでしょう。

男性は何歳になっても、若い女性を好む人が多いもの。そんな考え方があるため、生涯モテる女性を目指して若く見られたい心理が働くのです。このタイプは男性に「私、何歳に見える?」と質問をすることが多いかもしれません。

 

美意識が高い

若く見られたい女性心理は、美意識の高さが関係していますので、年齢よりも美しく自分を飾ることに集中しています。オシャレをせず、なりふり構わない人にはなりたくないのでしょう。

そのためにも常にトレンドを意識して、ヘアセットやメイクもきちんと時間をかけています。人の視線にさらされない人は、必然的にオシャレも手抜きになるのは仕方ありませんよね。

たとえば同じ年齢でも、職業や生活パターンによって美意識の高さは変わってしまうでしょう。

 

努力家

とても努力家なのが、若く見られたい心理の女性。年齢を今のままストップすることは誰にもできませんが、見た目を若く保つために努力するのは可能です。

努力家の女性は、いつまでも若くて美しい自分でいたいため、日頃からエクササイズや食事なども注意して管理しているでしょう。

そんな努力が外見にも表れるため、自分に自信を持って生活しているはずです。

 

ライバル意識が強い

若く見られたい女性は心理的にプライドが高く、ライバル意識が強い傾向があります。女性にとって見た目年齢は、暗黙の競争ポイント。

若く見られることで「素敵」「モテる」「憧れ」など、あらゆるよい評価につながります。ライバル意識が強い人は、とくに同世代に対して火花を散らすほど意識するはず。

同窓会前になると、やたらお肌のマッサージをしたり、洋服を買いに行ったりするタイプかもしれません。見た目年齢が若いほうが勝ち組、そう解釈してモチベーションにしています。

 

本能的な感覚

若く見られたい女性の心理は、本能的なところも関係しています。女性はいつまでも出産できるわけではなく、若さを意識するのは繁殖能力を男性にアピールしている心理状況があります。若く見られたいという気持ちは人間特有で動物本来の繁殖戦略なのでしょう。若い女性を好む男性も同じく、無意識に子孫を残したい動物本能が働いているのかもしれません。

 

見た目年齢は大切?

若く見られたい女性は多いはずですが、毎日の努力は決して無駄ではありません。見た目年齢が若いと、メリットになることがたくさんありますので、これからも気持ちを引き締めて自分磨きに励んでみましょう。

 

異性からちやほやされる

見た目年齢が若いと異性が気になる対象となり、ちやほやされることも増えます。するともっと自分磨きが楽しくなりますので、どんどん綺麗になるサイクルが出来上がります。

女性がオシャレをしたりメイクにこだわったりするのは、自分のためだけでなく男性からの評価を気にするのも理由です。知らない人からチラチラと見られるだけでも、なんとなく気分がよくなりませんか。

異性の視線は、女性をいつまでも若く維持する要素になりますので、見た目年齢は自分を輝かせるためにも大切なのです。

 

容姿が重視される職業に就ける

女性は若く見られると、仕事でもメリットがあるでしょう。たとえば販売などの接客業やサービス業など、人と交流する仕事は若さを感じる女性のほうが、お店にとってもメリットになります。

容姿端麗とはいかなくても、身だしなみを意識する人はキャリアも伸ばしやすいのかもしれません。

 

自信が湧く

見た目年齢は他者に与えるイメージだけでなく、周囲からの反応がよくなり自信へとつながります。コンプレックスを隠すために、見た目年齢を意識する人がいるように、人間は外見で人に与える印象が大きく変わりますよね。

「若く見えますね」「その年齢には見えないですよ」などと褒められると、自分の弱みは気にならなくなるはずです。とくに男性や自分より若い人から褒められると、やる気につながります。

 

好感度が高くなる

若く見られる人は、周囲から好感を持たれやすい可能性があります。第一印象でその人のイメージはほぼ決まってしまうともいわれ、とくに年齢については見た目が左右するでしょう。

魅力的な若さを維持している女性は、知らない人とも話が盛り上がり、とてもポジティブなエネルギーを周囲に与えてくれるはずです。

 

無理のある行動に注意!

若く見られるための自分磨きは、女性にとってハードルが高いことです。やりたいこととやれることの境目を理解して、自分らしく素敵に輝きましょう。

 

年齢にふさわしくないオシャレは注意

ミニスカートや体型のわかるような服装、派手なカラーリングやメイクなど、ある年齢になるとできないファッションもあるのです。

体型も顔と同じく、年齢と共に変化するのは自然の流れ。そういう中でセンスが逆戻りしすぎると、ちぐはぐになってしまうかもしれません。

 

楽だからという発想をなくす

大人っぽいオシャレだと、どうしても年齢が上に見えてしまうことがあります。だからとってカジュアルにするのも避けたほうがよいでしょう。

若作りで失敗するのは「楽だから」という発想を優先してしまい、カジュアルとの違いがわからなくなっているため。自分磨きは多少手間がかかるので、面倒だからといわずにできることから始めましょう。

 

まとめ

若く見られたい心理とは、若い人の「真似」をすることではありません。自分の年齢を快適に感じられると、自然と年相応の素敵な印象を演出できるはずです。

また日頃から家族や友人など、周囲の人の視線をもっと意識して、オシャレをするモチベーションにするのも大切ですね。身だしなみ、仕草、話し方など内面から感じる若さも意識しましょう。

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>気にしないと言う人の心理について・相手の気持ちを深読みしたほうがいいの?



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報