恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

空白を埋めたくなるときの心理状況・離れた人が気になるときの対処

空白を埋めたくなるときの心理状況・離れた人が気になるときの対処

空白を埋めたくなる時、心理的には相手のことを思うだけでなく、色々な理由が考えられます。そのため自分でも理解できないほど執着してしまうこともあり、離れた人との空白の時間が気になってしまうのです。

「あの人は今どうしているかな?」と頭をよぎる存在はいませんか。そんな空白を埋めたくなる時の心理状況について、理由や対処方法を詳しくご解説していきましょう。

 

空白を埋めたくなる時の心理背景について

空白を埋めたくなるときの心理状況・離れた人が気になるときの対処しばらくご無沙汰している人に、無性に会いたくなることがあります。たとえば別れた恋人もそのうちの一人。一緒にいない間何をしていたのか、空白を埋めたくなる時は、次のような心理背景が考えられるでしょう。

 

ノスタルジックになっている

過去のことを思い出して感傷的になること、「ノスタルジック」になると、空白を埋めたくなる心理が働きます。子供の頃に遊んだおもちゃを見て懐かしく感じる瞬間や、過去に行ったことがある場所を恋しく思う時など。

ノスタルジーな思いとは、実は精神的にネガティブな状態で、現実を見つめ直したいサインの場合もあるでしょう。今自分がなんのために生活をしているのか目的が見えない時に、過去を振り返ることがあります。

人間関係も同様に離れた人が気になり、空白を埋めたくなるのはノスタルジックな思い出に浸りたいためなのでしょう。

 

未練がある

別れた恋人のことが気になり、久しぶりに会ってみたいと思う瞬間。共有しなかった時間を取り戻したくなるのは「未練」があるためです。

この心理は友人関係でもいえることで、仲良く付き合っていた人と急に距離が置かれてしまうと、まるで自分が悪いことをしたように感じてしまいます。

「あの時、もっと自分が積極的になっていれば、今でも付き合いがあったはず」と、元恋人なら別れたことを後悔している精神状態でしょう。

空白を埋めたくなる心理とは、相手の存在の大きさに気づいたことも関係しています。やっぱりあの人がいい、といつまでも離れた人が気になっているのです。

 

現在の生活に不満がある

空白を埋めたくなるのは、心理的に不満を抱えているためで、なぜ今の自分がこの状態なのか空白を埋めて検証したいのかもしれません。

たとえば恋愛なら、今付き合っている人に満足していない状態なのでしょう。そのため昔付き合っていた人との空白を埋めて、現在の不満を解消したいのです。

過去を振り返る行為は、今と昔を比較したいため。そんな気持ちは人間関係でよく表れますので、しばらく会わない人がいると、自分自身を知るためにも空白期間を埋めたくなるのです。

 

純粋に会いたいから

空白を埋めたくなる心理とは、純粋にその人に会いたい気持ちがあるため。特別な理由や損得勘定などは一切なく、頻繁に一緒にいた時期がとても楽しかったので、また同じ気持ちになりたいだけなのです。

美味しい食べ物をしばらくお休みしているような状況ともいえます。「今元気にしているかな?」ととても気になり始め、過去を思い出すとすぐにでも会いたくなるでしょう。そんな感情の高まりがあると、勢いで連絡してしまう可能性もありますね。

 

相手の暮らしが気になる

空白を埋めたくなるのは、心理的に相手にライバル意識を持っていることが考えられます。他人と自分を比較するのは人間なら自然な行為。とくに付き合っている人、付き合っていた人とは仮に仲良くしていても、ライバル意識が多少あるのは当然のこと。

友人だけでなく、恋人に対しても同様の感情を抱くことがあります。元彼の今の生活が気になるように、自分以上に幸福になっていないか競っているのです。そのため空白を埋めて、現在の暮らしぶりを自分と比較したいのでしょう。

 

最後の別れ方が気になっている

空白を埋めたくなるのは、心理的に別れ方に満足していないため。喧嘩別れした恋人のように、きちんと話し合いせず感情的に離れた場合によく感じる心理作用です。

「これで最後にしよう」とお互いに納得した場合は、気分が吹っ切れて新しい人生を迎えられる可能性があります。しかし一方的に「もう会わないから」と別れを告げた場合、たとえ現在新たな恋をしていても、エンディングがいつまでも心に引っかかっているため、空白を埋めてお詫びしたい気持ちがあります。

 

元彼を思い出してしまう時の対処

空白を埋めたくなるときの心理状況・離れた人が気になるときの対処空白を埋めたくなる時、相手によっては気軽にメッセージを送って再会できる人もいますよね。しかし気持ちの整理がしにくい元彼の場合、離れてからずっと気になるのであれば、次のような対処方法を検討してみましょう。

 

前向きになることだけ考える

過去を振り返るのは、ネガティブな精神状態である可能性が高いのですが、思い出し方によっては楽観的でポジティブに現在の自分にメリットを与えることも可能です。

もし元彼のことが気になり、空白期間を取り戻したくなったら、アクションを起こす前に楽しかった時を前向きに自分の中で消化してみましょう。

「楽しかった」「愛されていた」「よい思い出になった」と、過去を素晴らしい状態で完結させれば、いつまでも後ろを振り返ることはないはず。よい思い出は未来の自分のモチベーションになります。

 

自分を磨く

空白を埋めたくなる時は、心理的に現在不満を抱えている状態なので、過去がとても素晴らしく見えているのでしょう。いつまでも過去から抜け出せない人は、さらに現在の生活が不利になることもあります。

忘れられない元彼のことは、記憶を上書きするためにも将来にフォーカスすること。今は自分磨きをして新しい出会いを見つけたり、趣味や仕事に夢中になったりすると、思い出に振り回されていた自分に気づくかもしれません。

 

SNSのアカウントをチェックしてみる

元彼の近況が知りたくなった時、実際に会ってしまうと状況がどう変わっていくか不安もあるはず。そんな時は空白を埋める手軽な方法として、ツイッターやFacebookなどのSNSアカウントをチェックしてみるのもよいでしょう。

特別愛情が残っているわけではないけど、なんとなく気になるという場合もよくあります。昔の友人の現在が知りたくなるような感覚。そんな時はあえて会う必要はないので、SNSでわかる限りのことを収集して満足しましょう。

 

たっぷり過去を振り返る

空白を埋めたくなるのは、単にノスタルジックな気持ちになっていることもよくあります。デートの待ち合わせで使ったカフェに行くと、元彼を思い出してしまうような場合も。

過去の人間関係をふと思い出す場面は、現在の生活にたくさん隠されています。離れた人が気になるのは仕方ないことなので、逆にたっぷり過去に浸って気持ちを整理することも必要かもしれません。

とくに元彼は離れてから思い出が美化されているので、辛い時期を無意識に忘れようとしています。しっかり過去を精査して、現在の自分を正当化してみることも必要ですね。

 

空白を埋める方法について

空白を埋めたくなるときの心理状況・離れた人が気になるときの対処空白を埋めたくなるのは、人間がそういう生き物であるため。知らない部分に不安を抱き、新しい情報を頭の中にインプットするためにも、空白スペースはなくしておきたいのです。では離れた人との空白期間は、どう埋めていけばよいでしょうか。

 

連絡してみる

会いたいなと思うのは、もしかすると一方的な気持ちかもしれません。相手が同じように空白期間を気にしているかどうか、まずはそれとなく連絡をとってみましょう。迷惑そうにされたら、過去はそのまま封印して前に進むべきかもしれません。

 

思いきって会う

元彼のことが気になる場合、いつまでも頭から離れない時期があります。それは復縁するタイミングかもしれませんので、勇気を出して会うことも方法です。その場合はプレッシャーをかけず、相手の状況も理解してあげましょう。

 

まとめ

空白を埋めたくなる心理は、未だに相手のことを大切に思っているからですね。素直に気持ちを伝えるだけでも、これから前進する原動力になるかもしれません。

 

☆弊社の公式ホームページのコラムもお勧めです!

>>>結婚相談所にて顔は重要?結婚をしたいと思った時に知っておきたい内容

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報