恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

共有したい心理を使い恋愛を楽しむテクニック

共有したい心理を使い恋愛を楽しむテクニック

共有したい心理を上手に活用すると、好きな人と急接近できるかもしれません。恋愛を楽しむのは感情だけでなく心理的な面も意識して、お互いの連帯感を強めることが大切ですね。

そのために意識したいテクニックが、共有したい心理の活用方法なのです。好きな人と趣味や食べ物の好みが同じだと、なんとなく仲間意識ができますよね。

そんな気持ちは共有したい心理が土台にあるためで、好きになってよかったと思える幸福な恋愛に必要不可欠なのです。

無意識に抱く、共有したい心理。どのようにして恋愛に活かすか、大切なポイントをご紹介しましょう。

 

共有したい心理が働くメカニズムについて

共有したい心理を使い恋愛を楽しむテクニックSNSであらゆる情報が発信される今の時代、共有するということは自分が求める前に周囲から与えられる機会が増えています。

人はなぜ共有したい心理が働くのか、気になるメカニズムについて見ていきましょう。

 

自分自身を表現したい

自分自身を他人にアピールしたい時や知ってもらいたい時に、共有したい心理が働きます。その理由は自分がどのようなことに興味を持っているのか、他人に知ってほしいため。

自分が好きなことを人から評価してもらいたい、あるいは共有して自分の趣向を知ってほしいという願望があるのです。

たとえば犬を好きな人が、友人にペットショップ関連の情報を提供したとしましょう。すると聞いた人は、教えてくれた人がペット好き、もしくは興味があるのだろうと推測できます。

 

誰かに教えたい願望がある

面白いテレビ番組や驚く話など、自分が興味を持った話題や楽しいことは人に教えたくなりますよね。

共有したい心理は「教えたい」という気持ちが原動力になっている場合もあります。たとえばネットで見つけた面白いサイト。

ある程度多くの人が、親しい人になら紹介したいと答えるはずですよね。自分が受けた衝撃や感情は、情報を共有して他人にも同じ体験をしてほしいと思うのでしょう。

世の中にはあらゆる情報やメディアがあり、人から教えてもらうものや教えたくなるものは色々とありますよね。

 

感情的に伝えたい

自分が抱いた感情は、他人にも共有してほしいと感じる場合があります。たとえば悲しい映画を観て、涙が止まらなかった時。

この映画を友人と共有して、どのような感情を持ったか知りたくなります。自分の感情が人に伝わることで連帯感が生まれ、さらに親近感が湧くのです。

また他人の感情に訴えたいものがある時も、心を動かされるものを共有して共感してほしくなりますよね。

 

共有したい心理を恋愛で活かすコツ

共有したい心理を使い恋愛を楽しむテクニック好きな人と何かを共有すると特別感が高まり、さらに恋愛感情も湧いてきます。そこで気になるのが、共有したい心理を活かすコツ。恋愛をエンジョイする、重要なテクニックをご紹介しましょう。

 

秘密を共有しよう

やってはいけないことを、ダメだとわかっているのにやってしまう時。人間の脳内では、アドレナリンが多く分泌されます。

アドレナリンは心拍数を早め、緊張感や高揚感を高める可能性があります。好きな人と秘密を共有するとアドレナリンが増える可能性があり、二人のドキドキ感がマックスになる効果が期待できるでしょう。

マンネリしたカップルにも、このようなテクニックは有効かもしれません。

 

ダメだと言われるとやりたくなる心理

カリギュラ効果と呼ばれる心理は、やってはダメと言われると余計にやりたくなる人間心理です。

反発的な行為にも見られるケースがありますが、相手が求めることとは反対の行為に出てしまう場合があるのです。

たとえば別れた恋人から、復縁を迫られる瞬間。「私のもとを去らないで」と言われたら、余計に逃げたくなる心理と同じです。

このカリギュラ効果を活かして恋愛で急接近するには、相手が望まないことをあえて言ってみるのもよいでしょう。

好きな人に興味のない態度を示して、気持ちを刺激すると効果があるのかもしれません。

 

弱点を知ってもらう

好きな人や恋人には、人には言えない自分の弱点を共有しましょう。好かれるように相手好みの人間を無理に演じていると、不自然で恋が上手くいかなくなります。

正直に自分の苦手をアピールするとストレスなく付き合えるため、本当の自分の魅力が相手にも通じるでしょう。

弱点を知ってもらうと二人だけの秘密になり、相手を守ってあげたい、助けたいという気持ちが湧いてきます。

その心理がいつまでも一緒にいたくなる恋愛感情へ進展して、急激に仲良くなるチャンスにつながるでしょう。

 

乗り越える壁がある関係にする

「ロミオとジュリエット」をご存知ですよね。有名なシェイクスピアの作品で、愛する二人が結ばれずに終わってしまう悲恋のお話。

このように周囲から反対されると余計に燃え上がってしまう心理があり、とくに恋愛関係は障害を乗り越える状況があるカップルほど興奮して恋愛をする傾向があります。

相手と自分の身分が違い過ぎるように、無理だと周囲から言われるほど一緒になりたくなる心理です。

共有したい心理はこのような高い壁を作り、共に乗り越えようとする連帯感が絆になるのでしょう。

 

同じストレスを共有する

人間は楽しい出来事を共有するよりも、辛さや悲しさを他人と共有するほうが信頼関係が築きやすいといわれています。

共有したい心理を恋愛に活用する際も。ストレスを対象にして近づくのがコツ。たとえば職場恋愛ですが、苦手な上司が同じ、仕事のストレスが似ているなど、共有するネガティブな出来事があるとお互いに励まし合って恋愛関係に進展しやすいのです。

不倫も同じで、悪いことをしているという同じストレスがあるために、一層恋愛感情を抱きやすくなるのでしょう。

 

好きな人に近づくコツを掴もう

共有したい心理を使い恋愛を楽しむテクニック共有したい心理で好きな人に近づくコツは、以下のポイントを意識すると成功しやすいでしょう。心理的に相手の心を掴み、自然と大切な存在にシフトしてくださいね。

 

相談ごとをする

自分の悩みやコンプレックスを共有すると、相手が特別に気を遣ってくれるようになります。

たとえば友人と上手く付き合えない悩みを相談した場合、普段の生活でもあれこれアドバイスをしてくれるでしょう。

気にかけてもらうためには、自分の欠点などを相談して近づくことがオススメです。

 

秘密を共有する

誰かの噂話など「絶対に言わないで」と、二人だけの秘密を作るのが重要です。他の人が知らないことを知っているのが二人だけという状況は、チームワークのような協力体制ができ上がります。

さらに秘密に関する情報交換を行うため、必然的に二人だけの時間も増えるでしょう。そんなきっかけを使い、恋愛関係をスタートすることもオススメです。

 

内緒で告白する

「好きです」と勇気を出して告白できる人は、共有したい心理をストレートに恋愛関係につなげるチャンスです。

友人にも言っておらず、告白するのは自分で決めたこと。そんな内緒の行動は緊張感をもたらし、人に内緒で二人だけの関係ができ上がるかもしれません。

 

まとめ

共有したい心理は友人や恋人など誰にでも共通して、お互いに注目する存在になるメリットがあります。

好きな人に興味を持ってもらいたい時は、心理的な行動を起こして自然に近づいていきましょう。

共有する話題が多いほど、相手との関係はさらに親密になること間違いありません。まずは簡単に面白い動画サイトを教えてあげるなど、些細な共有からスタートしてもよいですね。

共有してくれてありがとう。そんな感謝の気持ちが、愛情へと変わっていくのでしょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてくださいね。

>>>添い寝する心理~彼氏が彼女に甘えてくる理由について

関連記事