恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

食事に誘う心理・男性からの誘いで恋愛に発展させる方法

食事に誘う心理・男性からの誘いで恋愛に発展させる方法

男性が食事に誘う心理は好意的なこととして受け止めるべきか、それとも違う意図があるのか判断を難しく思う時がありませんか。

好きな人から誘われたら、すぐにOKしたくなる瞬間。お互いに同じ気持ちだと素敵ですよね。

しかし場合によっては、せっかく誘われたのに期待した展開がない場合もあります。好きな男性と恋愛に進展するには、食事に誘う心理を理解して上手く対処することが大切なのです。

二人きりで過ごす時間は、事前の心構えがなければ失敗するケースもあるでしょう。そこで気になるのが、食事に誘う心理についてです。

男性からのアプローチにはどのような目的や意味があるのか、詳しくご説明していきましょう。



食事に誘う6つの男性心理について

食事に誘う心理・男性からの誘いで恋愛に発展させる方法食事に誘う男性心理で、主に考えらえる6つの理由について見ていきましょう。この大切な点がはっきりしないと、次のステップに進める可能性は低くなります。

 

恋愛対象にしたい

食事に誘う男性心理として最も考えられるのは、相手が好きな女性だということです。好意を抱く人とはもっと親密な関係になり、相手の気持ちを知りたくなります。

なかなか二人だけになるチャンスがない時は、食事に誘って話をしたいと感じるでしょう。「食事」というのは、誘われた相手もさほど特別に感じない場合もありますし、断られにくい物ごとでもあります。

逆に二人で映画を観よう、または飲みに行こうと誘われると、少し抵抗を感じることもありますよね。無難に好きな人を誘える方法が、食事の可能性もあるでしょう。

 

時間つぶしの相手

次の仕事まで時間がある時や、彼女とのデートの待ち合わせまで時間が空いてしまった場合など。

時間つぶしをするのは一人では辛い時がありますので、そのような状況で誘いやすい人を食事へ誘う、というケースもあります。

友人のようになんでも話せる相手なら、時間が余ったからご飯を食べに行かない?と気軽に誘うこともあるでしょう。

どのような付き合い方なのかによって、男性が食事に誘う心理は変わってきます。いきなりその場の流れで誘われた場合や、ありふれた雰囲気のレストランなど。

特別感がない時には、時間つぶしなどの自分の都合だけで誘っている可能性があります。

 

相手が気になる存在

目がよく合う女性、可愛らしい人など、気になる存在とはもっと接近したくなることが男性心理です。

自分に対する気持ちを確かめたいので、話をしたいと思うのは本気のサインである可能性も高いでしょう。

また二人きりになった時の女性の態度を知りたいと思う時も、将来の恋人像を意識しているからです。

気になる人との食事は接近するよいチャンスになるので、この場合は女性が好みそうなお店を厳選して選んでくるでしょう。

 

二人で話す目的がある

食事に誘う心理には、何かしらの目的があります。さほど大切でない場合もありますが、中には二人で話をする必要があるケースも。

たとえば相談ごとに乗ってほしい場合や、何か勧誘したいものがあるなど。あまり仲良くない人からいきなり食事に誘われる時は、多少は警戒しておくべきでしょう。

お目当てが違うものなのに、誘われて浮かれてしまう女性もいます。がっかりしないためにも食事に誘われるのは、恋愛とは一切関係ない理由があることを知っておきましょう。

 

下心がある場合

男性から食事に誘われると、本当は何が目的なのか不審に感じる時がありませんか。食事をした後にバーでお酒を飲み、女性が酔ってしまうシチュエーション。

そんなチャンスを待っている可能性もあります。遊び相手として誘ってくる男性は、一見好意を寄せている素振りをするでしょう。

欲しいものが手に入るまでは、女性をおだててやたらと優しく接してきます。もし好きな男性が本気でない場合、誘われても遊びか本気か見分けがつかないことも。

食事に行き想定外の展開になったなら、その場の雰囲気に流されないよう注意しましょう。

 

行きたいお店がある

行動力のある男性は、いつもあちこち新しいスポットを発見して刺激を求めています。行きたいレストランがあると一人ではつまらないので、誰かを誘うこともあるでしょう。

たとえばカップルでなければ入りづらい、とてもオシャレなレストラン。仲がよい女性を誘って、一緒に行ってもらう時があります。

行列ができる人気のラーメン屋さんなど、一人で行くのは気が引ける場所もありますよね。行きたいお店がある場合は気軽に誘ってきますので、食べ歩き仲間になれるケースもあるでしょう。

 

恋愛に発展する可能性があるのはこんな場合

食事に誘う心理・男性からの誘いで恋愛に発展させる方法食事に誘われるだけでは、相手の気持ちは上手く掴めません。恋愛に進展するのは次のような場合で、自分の魅力を上手に伝えるのが大切ですね。

 

消極的な男性からの誘い

食事に誘う心理を考えると男性の目的は色々とあり、下心なのか本気なのかわからないことがありますよね。

そんな時に判断基準になるのが、消極的な人からの誘いかどうかです。どのような男性でも女性を食事に誘うのは、断られる可能性があるので勇気が必要ですね。

誘い慣れている男性なら、手当たり次第で女性にアプローチしてくるでしょう。しかし消極的な男性なら、あらゆるリスクを考えて決断しなければ誘ってはきません。

食事中も緊張して話が続かないかもしれませんが、本気度はかなりあると見込めるパターンですね。

 

行きたいお店を聞いてくる

食事に誘う男性の中には、自分が行きたいお店を勝手に指定する人もいるでしょう。この場合はあくまでもそこに行くことが目的で、誰と一緒に行くかはさほど重要ではありません。

でも誘ってきた男性が女性の行きたいお店、好きな食べ物や都合がよい日など、全て女性の好みで設定してくる場合は自分の好感度を上げたいためです。

このような人は失敗しないよう慎重に食事のセッティングをし、かなり早くから予定を聞いてくるでしょう。

 

デートスポットに行く

カップルが多い静かなレストランや、デートスポットで人気のお店など。恋人同士を意識している男性なら、このような場所をあえて選んでくる可能性もあります。

食事に行く日はかなりオシャレをして、気合を入れてくることも特徴です。よい雰囲気になると手をつないでくるなど、恋人同士のような行為をしたがります。

これが好きな男性なら女性からも積極的にアプローチをして、一気に仲良くなれる時ですね。

 

約束の前日に確認の連絡がくる

本気の男性なら、絶対に二人で会うチャンスを逃しません。当日ドタキャンをされないように、前日には必ず確認の連絡がきます。

恋愛関係になる一歩目として、まずは相手が当日来てくれることが最初のハードルです。自分と同じくらい楽しみにしてくれているかなど、確認のつもりでメッセージが前日にくる場合もあるでしょう。

さほど特別でもない人なら、当日に軽く声をかけてその場の流れで食事に行くこともできます。でも恋人にしたい人なら、相手の態度や気持ちはとても気になります。

 

恋愛の話になる

食事中に恋愛の話になるのは、気持ちを探ってきているサインです。好きな男性のタイプや休日の過ごし方など、プライベートな質問が多い人は恋愛対象として相手を見ている可能性があります。

これ以上の関係になりたくない人なら、無理して話を合わせる必要はありません。そのためはっきりと好みのタイプを告げて、期待させないほうが安心ですね。

もしくは他に好きな人がいることを、上手く匂わせておくのもよいでしょう。

 

まとめ

食事に誘う男性の心理は、本気かどうかを判断して自分の態度を考えるのが大切です。食事をOKしたから恋愛もOKか?という判断に至らない場合もあります。

好きな男性からの誘いなら自分からも誘い返して、次々と二人の時間を増やし好意的な態度をアピールしましょう。

 

☆こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

>>>添い寝する心理~彼氏が彼女に甘えてくる理由について



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報