恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

猫を飼う男性の心理は癒しがマックス状態?性格や恋愛傾向を徹底解説

猫を飼う男性の心理は癒しがマックス状態?性格や恋愛傾向を徹底解説

猫を飼う男性は、心理的な理由や恋愛傾向に特徴があることが考えられます。ペットが欲しくても面倒を見る時間がないという大人は世の中に大勢いるはず。しかし猫好きの男性は、自分の時間をペットのために使うことに全く抵抗がないようです。そこで今回は、猫を飼う男性の心理と恋愛傾向を詳しくご紹介していきましょう。

 

猫を飼う男性の心理について

猫を飼う男性の心理は癒しがマックス状態?性格や恋愛傾向を徹底解説猫と遊ぶ男性の姿はとても微笑ましく癒されますよね。動物のいる生活を求めるのは心理的なことが関係するといわれていますが、猫を飼う男性は次のようなことが心理的背景にあると考えられます。

 

とても他人に優しい人

猫を飼う男性は、心理的に他者に対してとても優しく思いやりがあります。相手がどのようなことを考えて何を欲しているのか、いつも細やかな考え方ができる人。

犬ではなく猫を選ぶのは、犬ほどわかりやすく感情表現をしない動物だからこそ相手の気持ちを考えることが楽しいのでしょう。困っている人の手助けはもちろん、浮かない顔をしている人に楽しい話をしてあげるなど、とても心の美しい人です。

相手の気持ちを考えてから行動する傾向があるため、自分の気持ちを我慢することもありますが、それでも人のためになるならと満足できるのです。

 

面倒を見たい

猫を飼う男性は、心理的に誰かの面倒を見たい、必要とされたいという思いがあります。猫だけに限りませんが、ペットを飼うことはとても負担があり時間もお金もかかります。

犬よりも猫は気ままに暮らすので少しは楽かもしれませんが、自分の空間に誰かがいるということは完全な自由があるわけではありません。お互いに気を遣い、面倒を見てあげることは共存するために欠かせないこと。

仕事が終わり疲れて帰ってきた時も、猫が足にすり寄ってきたら遊んであげたりエサをあげたり、お世話が必要になるでしょう。しかし誰かの面倒を見たい思いは、自分の存在を認識してくれる誰かにいてもらいたいからなのです。

 

警戒心が強い

猫を飼う男性は、心理的に他人をすぐに受け入れないところがあり、警戒心が強いタイプといえます。猫は音ですぐに逃げたりどこかに隠れたりしますので、そのような警戒心の強さに共感できる男性は、犬より猫に気持ちが傾倒しやすいでしょう。

警戒心が強いことは、初対面の人にもすぐにわかるかもしれません。自分のことはあまり話さず、長く付き合っている人でも知らないことがたくさんあるほど。

しかし一旦信頼関係が築かれると、自分の全てをさらけ出してとても慣れてくる人です。しかし心を開いていない相手に馴れ馴れしくされると、もっと距離を置いてしまうこともあるでしょう。

 

束縛されたくない

猫を飼う男性は心理的に自由を求めているためで、基本的に団体行動よりも一人で行動することを好みます。犬は尻尾を振ってついてきますが、猫はどこにいるのかわからない動物。

しかし急に膝の上に乗ってくるなど、とても気分屋でとにかく自由奔放ですよね。そんな猫の性質に似ている男性は、他人に気を遣わず自分で決めたことをやりたいタイプといえます。

皆で飲みに行くよりも、自宅でプライベートな時間をのんびり過ごしたい性格です。猫と一緒に過ごす時間がなくなるのが嫌なので、友人から遊びに誘われても断ることもあるでしょう。

 

責任感が強い

猫を飼う男性は、心理的に自分にプレッシャーをかけることが多く、最後まできちんとやることがポリシー。とても責任感が強く頑張りすぎてしまうこともよくあり、気づいたら体調を崩すほど仕事を頑張っていることもあるでしょう。

猫を飼うのは責任感のひとつ。生き物を大切にしなければいけないという思いがあり、ペットを飼う時もペットショップではなく里親探しなどで飼い主を求める猫を見つけるでしょう。

責任感が強い人は同時に我慢強いところもあり、途中で投げ出す弱い自分が嫌い。ストレスを溜めやすいタイプなので、家で猫が待っている生活はバランスをとるためにも都合がいいかもしれません。

 

癒されたい

猫を飼う男性は心理的に癒されたい思いがとても強く、人には言えない悩みごとを抱えていることも。とても人当たりのよいタイプで周囲に気を遣う人なので、さらに心身に疲労が溜まりやすい傾向があります。

疲れていても「大丈夫だよ」と言って頑張ってしまうので、どこかで息抜きが必要になるでしょう。しかし自分の弱みを人に知られるのは嫌。そのため人間に癒しを求めることはなく、ペットに愛情を注いでホッと一息入れたいのかもしれません。

 

誰かに甘えられたい

猫が顔をすり寄せて甘い声で鳴きながら自分のところにやってくる姿はとてもキュンとしますよね。猫を飼う男性の心理は、誰かに甘えられたいため。誰でもいいのではなく、自分が信頼している人だけに見せる心理状態で、同じく相手からも甘えられたい願望が強くなっています。

たとえば恋愛中の人なら、恋人に愛されているか不安に感じている時かもしれません。しっかり者の彼女で自分の立場がない時など、もっと甘えた態度で愛情を再確認したいと思うのでしょう。そのような気持ちのやりとりをする必要がない猫は、お互いに甘えて甘えられる快適な関係があります。

 

猫を飼う男性の恋愛傾向について

猫を飼う男性の心理は癒しがマックス状態?性格や恋愛傾向を徹底解説猫を飼う男性の恋愛傾向をまとめました。犬派は積極的に動き回るところがある反面、猫派の男性には独特なポイントがあります。

 

デートはインドア

猫を飼う男性の恋愛傾向の特徴は、デートはインドアが多いことです。基本的に家にいるのが好きで、屋外よりも屋内のほうが安全だと思っていますので、デートはできれば自分の家が理想。

もし外で会う場合も、アウトドアではなくこぢんまりとしたカフェやカラオケなどを好むでしょう。猫は人が多いところを警戒しますので、猫好きの男性も同じく大勢の人が集まるところは避けるはずです。

混雑する場所よりも平日の空いた環境が好き。デートするためにわざわざ有休をとってのんびりインドアで過ごすこともあるかもしれません。

 

ギャップのある女性を好む

仕事中はとても精力的で強気でも、二人になると急に甘えてくる彼女。そんなギャップがある女性を好むのが猫好きの男性の特徴です。猫の先が読めない行動は緊張感や刺激を与えてくれますので、恋愛にも同じことを求める傾向があります。

猫を女性にたとえると「ツンデレ」タイプ。一見扱いが難しく感じるタイプで、二面性があるけれど自分しか知らないところがあるため、とても愛おしく感じるのです。冷たい視線を向けていても、本当は自分に甘えたいのだろう…そんな心の内側を考えて接するのが楽しいのでしょう。

 

一途な恋をする

猫を飼う男性はとても一途で、一人の女性をずっと愛し続けます。そのため過去の恋愛を引きずりやすいところもあり、元カノと今の彼女を比較してしまうこともあるかもしれません。

基本的に警戒心が強いので、やたらと自分の全てをさらけ出すことはしませんが、大好きになった相手に裏切られると人間不信になるほど。恋愛相手とは真面目に将来を考えるタイプなので、結婚を視野に入れて付き合えるかどうか厳しく判断していることもあるかもしれません。

 

お互いの時間を大切にする

「気が向いた時に一緒にいればいい」というのが猫派の男性の恋愛のコンセプト。束縛されるのは嫌なので、お互いに時間を大切にし、そのうえで恋愛できる相手を好みます。

デートが習慣化されたり、メッセージの返信を催促してきたりするタイプとは上手くいかないかもしれません。

 

まとめ

猫を飼う男性心理はとても優しく、他人の痛みを自分のものとして受け入れる思いやりがあります。しかし恋愛となると自由気ままにしていたいところもあるため、猫を扱うように猫好きの男性とも適度な距離があると快適な付き合い方ができそうですね。

 

☆こちらの弊社公式HPのコラムもお勧めです!

>>>薬剤師が婚活をするとモテる!知っておきたい婚活のポイントについて

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報

Love & Marriage Story

結婚相談所インフィニについて