恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

得意料理を聞く男性の深層心理にあること・結婚したい女性だけにやることは?

得意料理を聞く男性の深層心理にあること・結婚したい女性だけにやることは?

得意料理を聞く男性の心理が知りたいと思ったことはありませんか。よくある話題のようにも感じますが、得意料理となるとつい相手の真意を探りたくなりますよね。

答えに迷ってしまうこの質問ですが、今回は得意料理を聞く男性心理と、結婚したい女性だけにやってしまうことをご説明しましょう。

 

得意料理を聞く心理について

得意料理を聞く男性の深層心理にあること・結婚したい女性だけにやることは?「美味しいものを食べたい」というのは誰にでもある思いですが、得意料理はそれぞれレパートリーがありますので、男性が気にする理由には裏がありそうですよね。では心理的に考えられる理由をご説明しましょう。

 

家庭的な女性が好みだから

得意料理を聞く男性は、心理的に家庭的な女性を好む傾向があり、ホッとした家庭を作りたい願望があります。このタイプの男性は凝った洋風料理よりも、お母さんが得意とする煮物やカレーライスなど、食べ慣れたものを作ってほしいと感じています。

料理のスキルを聞き出そうとするのは、好きになった女性のことをさらに深く知りたいから。もし家庭的な面がある人なら、真剣に付き合ってみようかなと迷っている段階かもしれません。

 

共有できることを探している

男性も自炊をするようになり、料理が上手な人は最近増えていますよね。食べるだけでなく作ることに関心がある人は、自分と同じ趣味を持つ人を探すようなつもりで、女性に得意料理を聞く心理が働きます。

「女性なら料理ができて当たり前」という考え方の男性はきっと多いでしょう。得意料理を質問するタイプの人は、できるかできないかを判断しているのではなく、料理が好きか嫌いかを確認しています。

「得意料理はたくさんあるよ」などという答えが返ってくると、モチベーションが高くなるでしょう。

 

結婚前提で考えている

得意料理を聞く男性は、心理的に相手を結婚前提と捉えている可能性があります。男性の胃袋を掴むということは、恋愛や結婚においてよく重要視されますが、結婚のきっかけになるのが女性の手料理だったということもよくあります。

毎日テイクアウトよりも、シンプルでも手料理が食べたい男性は多いはず。家庭的で家族を第一に考えてくれる女性なのかどうか、結婚後をイメージしての質問をしているのです。

女性も仕事を持ち、キャリアを伸ばすことが多い時代なので、家庭的な女性はさらに魅力的に見えるかもしれません。

 

甘えたい

食べるのは毎日のこと。美味しい食事を好きな人に作ってもらうに越したことはありません。料理や掃除、洗濯などの家事一般は、育った環境が反映されやすいことで、男性にとってはお母さんを思い出す作業なのです。

なんでもやってくれた面倒見のよいお母さんのように、彼女にも自分の面倒を見てほしい甘えが、得意料理を聞く男性心理に関係してくるといえますね。食べたいものをさっと作ってくれる人を求めています。

 

脈あり

得意料理を聞く男性心理は、相手に好意を寄せているサインで、もっと仲良くしたい願望があります。料理は音楽の趣味や好きな食べ物とは違ったレベルの質問で、とてもプライベート。さらに女性としてのスペックを判断される難しい質問でしょう。

いいなと思った人がイメージ通りなのかどうか、詳細を知りたい男性心理が働きます。料理をしてもらうには、どちらかの家に行かないと難しいですよね。それほど仲良くなりたいという気持ちが見え隠れしているのでしょう。

 

食べることが大好き

お腹が空いたから食べるという男性だけでなく、好みにこだわるグルメも最近増えています。食べることが趣味で、「食」についてとても詳しいタイプ。

美味しいお店の話や料理のジャンルなど、食べること自体に関心を持っているので、その延長として得意料理を質問してきます。結婚したい、付き合いたいという気持ちよりも、自分と感覚が似ているかどうかを判断している段階です。

小食であまり食べることに興味がない女性だと、盛り上がりに欠けてしまうのでしょう。

 

褒めてあげたい

「ハンバーグ」「カレー」「肉じゃが」など、男性がキュンとなる手料理はたくさんありますが、得意料理を聞く心理は女性を褒めてあげたい願望があります。

自分のことを褒めてくれる人には同じく褒めたいミラーリング効果があり、好意を寄せている人ともっと親しくなりたいため。「そんなものまで作れるの?」と大げさに感動して料理のスキルを褒めることで、自分に興味を持ってほしいと考えています。

 

得意料理の答え方のポイントについて

得意料理を聞く男性の深層心理にあること・結婚したい女性だけにやることは?得意料理を質問された時に、答えによっては気持ちが冷めてしまう人もいるかもしれません。それほど食べることは男性にとってあらゆる意味がありますので、答えに困った時は次のポイントを意識してみましょう。

 

逆に質問する

得意料理を聞くのは、家庭的であるかどうかを知りたいことがまず考えられますが、質問の意図がわからないため、期待通りの答えを出すのが難しいですよね。

そんな時は逆に質問して「食べたいものは何?」と返してみましょう。得意料理をひとつだけ持つよりも、料理全般なんでもできるというようにアピール。食べたいものをいつでも作ってあげるというスキルの高さを伝えてみましょう。

 

好感を持たれそうなものを答える

ハンバーグ、パスタ、カレー、丼ものなど、女性に作ってもらいたい男性の好きな料理があります。とくにハンバーグは男性に人気のあるメニューのひとつなので、得意料理を答える時は無難に選ぶことも方法ですね。

いかにも手料理という献立は、男性がさらに関心を持つきっかけになるでしょう。炊き立てご飯が進むおかず的なもの。定番メニューも少しだけ自分らしさを加えたオリジナルにしておくと、料理好きに思われやすいのです。

 

正直に答える

料理が苦手な女性も少なくありませんので、男性にこの質問をされるととても答えにくく困る人もいるでしょう。テストの採点をされているような緊張感が走る質問ですが、自分をさらけ出して相手に理解してもらうためには正直に答えましょう。

「料理が苦手だから今勉強中なの」「忙しくて料理をする暇がないの」など、素直に自分の思いを伝えること。できるふりをする人よりも、取り繕わず素直でいる人のほうが素敵です。

 

結婚前提の女性だけにやること

得意料理を聞く男性の深層心理にあること・結婚したい女性だけにやることは?結婚を前提に付き合いたいと思う女性だけにやることが、男性にはいくつかあります。本気度を知るためにも、交際中は意識してみましょう。

 

家族に紹介する

実家に連れて行ってくれる、兄弟と頻繁に会うなど、自分の育った環境を共有したがる人は結婚を考えているためです。恋人なら紹介はしないけれど、結婚相手だから親にも知ってほしく、家族ぐるみで付き合いたいのです。

 

将来について話す

将来について語ることが多いのは、結婚を前提に考えているため。どこに住むか、子供が何人欲しいかなど、漠然とした話でも自分が描く未来を話すのは未来を共有したいからなのです。今だけに意識を集中させている人は、恋愛だけでも満足するタイプかもしれません。

 

働き方について知りたがる

家庭を築くということはお金もかかりますので、結婚相手とは金銭感覚が似ているほうが安心ですよね。女性の働き方は時代と共に変化していますので、それとなく今の仕事についてどう考えているかを質問するのは、結婚後の生活をイメージしているため。

キャリアを伸ばしたいのか、それともパートで家庭を優先したいのか。結婚生活で何を優先しているか、金銭感覚も合わせて知りたいのでしょう。

 

まとめ

得意料理を聞いてくる男性は、女性に興味を持っていることは間違いないでしょう。美味しいものを好きな人と一緒に食べられる環境は、これから先も最高の幸福になるはずです。

 

☆こちらの弊社メディアも読んでみてくださいね!

>>>結婚相談所インフィニ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報