恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

自分でイケメンと言う男性心理・性格や特徴を理解知り仲良くするコツ

自分でイケメンと言う男性心理・性格や特徴を理解知り仲良くするコツ

自分でイケメンと言う男性の深層心理には、具体的にどのようなことが隠されているのでしょうか。イケメンかどうかは周りの人が決めることなのに、自分を過剰に評価するタイプがいますよね。

またルックスは個人の好みがあるので、自分でよかれと思ってもあまり大げさにアピールはしにくいことです。女性にとってはそんな男性は少し付き合いにくいタイプに見えるものですが、今回は自分でイケメンと言う男性心理について詳しくご解説していきましょう。

 

自分でイケメンと言う男性心理について

自分でイケメンと言う男性心理・性格や特徴を理解知り仲良くするコツ「俺はモテる」「イケメンだ」など、返す言葉をなくしてしまう発言をする男性。自分でイケメンと言う男性は、次のような心理背景が関係しています。

周りと温度差が生まれやすい男性ですが、心の中を理解するとよいところも見えてくるはずです。

 

自分を可愛がりすぎ

自分のことをよく知っている人は、悪い面も含めてきちんと受け入れています。これは周囲の評価を冷静に理解しているためで、自分がどのような存在なのか正しく知っているので、悪いところも魅力もわかるのです。

しかし自分を可愛がりすぎる人は、悪い評価は一切無視。他人の意見や考え方はよいところだけは受け入れるけど、改善すべきところは聞く耳を持ちません。

その結果自分を過剰評価してしまうので、イケメンでないのに「イケメン」だと思い込んでしまうのでしょう。それは見た目だけでなく性格的な部分も、自分はとても優れた人間だと思っているはずです。

 

客観視できない

自分でイケメンと言う男性は、心理的に固定観念がとても強い傾向があります。過去に「カッコいいですね」と褒められたことが一度だけあっても、それが社会全体の評価だと思い込んでしまっているのです。

固定観念が強いことは、逆に客観視ができないのと同じ。平均的、一般的というレベルを無視して、自分が納得する考え方だけに固執しやすいのです。

このタイプは自分が信頼する人の意見をすぐ信じたり、自分がよいと思ったものは必ずよいと思ったり、偏った考え方になりやすい特徴がありますね。

 

現実逃避している

自分でイケメンと言う男性は、心理的に自信がないためで、現実から逃げているだけなのです。弱点を他人に知られないよう、自分がカッコいいと思い込み現実逃避して不安をなくすという自己防衛策。

他人には決して言いませんが、本当は自分のルックスが嫌でもっとカッコよくなりたいと思っているタイプでしょう。そんな欲が逆に理想の自分を作り出しているため、普段は自分のことを「イケメン」だと言っているのかもしれません。

 

特別扱いされたいため

自分でイケメンと言う男性心理は、周りから特別扱いされたい願望が強いため。イケメンの人は常に女性から好意的な態度で接してもらえて、何かと好都合なことがあります。

カッコいい人や綺麗な人は、何もしなくても自然と注目が集まる存在。そんな人に対する強い憧れがありますので、特別扱いされたいため「俺はカッコいいから」と言ってしまうのでしょう。

ナルシスト的な部分がありますので、常に自分の見え方をチェックしているはずです。物ごとの中心にいないと満足できないタイプかもしれません。

 

好きな人にアプローチしている

自分でイケメンと言う男性は、心理的に相手にアプローチしている場合もあります。自分のことをベタ褒めする男性は、女性にとって苦手な存在。

自分のことを前向きに売り込んでくる男性は、その女性に気に入ってもらいたいためにやり過ぎた行為になっているのです。自信のある男のほうが好かれるだろうと、自分なりにアプローチ方法を考えているのかもしれません。

 

自分をイケメンだと思う人がよくやっていること

自分でイケメンと言う男性心理・性格や特徴を理解知り仲良くするコツ心の中で思っているだけならいいのですが、困るのは周囲にアピールしてくること。女性が思わず引いてしまうタイプは次のような行動が目立ちます。

 

自分のことを話すのが好き

自分をイケメンだと思っているタイプは自意識過剰なところがありますので、コミュニケーションでも特徴がよくわかるでしょう。常に皆が自分に注目していると思っているので、話題はいつも自分のことばかり。

「○○さんに告白されたよ」「クラスで成績1位になったことがあるよ」など、自分語りが好きなのですが、とくに過去の栄光や皆が驚くような話を選びます。自慢話になる傾向が多く、周囲が複雑な思いになっていることにも気づかないでしょう。

 

周囲の評価に満足していない

ナルシスト的な男性は、自分を褒めてくれる人のことが大好き。ご機嫌をとりいつも絶賛してくれる人には、積極的に自分から近づいていきます。

逆に敵対心を持ってしまうのは自分とは価値観が合わない人で、イケメンなのにイケメンだと思ってくれない人。こんなにカッコいいのになぜ女性は振り向いてくれないのかと、ネガティブな気持ちになることもあるでしょう。

このタイプの人は「俺ってカッコいいでしょ」「イケメンだと思うでしょ?」と押しつけがましいアプローチをしてきます。

 

カッコつける

イケメンだと思っている人は、普段の些細な仕草からもアピールされています。カッコよく片手でライターに火をつけてタバコを吸ったり、バーで慣れたようにオーダーしたりするなど。

意識的にイケメンを演じていますので、やりすぎて周囲と温度差が生まれることはよくあります。男性から見るといきがっている人だと思われることもあるでしょう。

 

上から目線で話す

自分でイケメンと言う男性は、カッコいいことが「偉い」と勘違いしているので、自信に満ちて他人には上から目線で接することがよくあります。

「食事行く店決めといて」「明日必ずメールして」など、自分のほうが偉いことを会話の中でも強くアピールします。自分がモテるという全く根拠のない自信のため、付き合いにくい存在になるのは間違いないでしょう。

 

いつも鏡を見ている

女性が鏡でメイクを直すのとは違い、男性が長時間鏡の前で時間をかけるのはナルシストの傾向がありますね。いつも鏡を見て髪を直す人、ガラス窓で自分の姿を頻繁にチェックする人など。人によってはスマホのミラー機能を愛用して常に自分の姿を見て陶酔しています。

身だしなみがきちんとしているのはいいのですが、そんなに気を遣う人よりも多少ネクタイが曲がっているくらいの人のほうが、女性はつい興味を持ってしまいますね。

 

ナルシストタイプと仲良くするコツについて

自分でイケメンと言う男性心理・性格や特徴を理解知り仲良くするコツ自分でイケメンと言う男性心理を理解すると、表面的なことではなく内面から相手に近づくと上手く接することができます。困った時は次のポイントを意識してトライしてみてくださいね。

 

他の人への接し方をチェック

自信過剰なタイプは、稀に特定の女性だけにそんな態度になることもあります。上手く愛情表現ができず、ナルシストのような誤解を与えてしまうので、その場合は他の人にも同じ態度なのかチェックしてみましょう。

もし自分だけにそんなアプローチをしてくる場合は好意を寄せている可能性があるので、二人でじっくり会話をして相手の性格をもっと知ることも方法です。

 

適度に自分が主導権を握る

ナルシストタイプに全て任せてしまうと、完全に相手のペースになり大変です。どうしても譲れないところは自分がしっかり主導権を握ること。

また正直に相手を評価してあげることもよいので、「カッコいいけど髪型を直すともっと素敵になるよ」など、オープンに接してみましょう。

 

まとめ

自分でイケメンと言う男性心理は、実は不安でいっぱいなのかもしれません。突き放すよりも逆に優しく接してあげると、本来の魅力を開花できる人の可能性もあります。

 

☆こちらの弊社公式HPのコラムもお勧めです!

>>>婚活の自分磨きの仕方とは?女性が自分を磨くポイントについて

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報

Love & Marriage Story

結婚相談所インフィニについて