恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

年下男性がタメ口をきいてくる心理・好意かどうか判断するポイント

年下男性がタメ口をきいてくる心理・好意かどうか判断するポイント

年下男性のタメ口は、心理的に相手にメッセージを送っている可能性があります。男性が女性に見せる好意の仕草や態度には、わかりにくいものもいくつかありますので、大切な瞬間を見逃さないよう慎重に考えてみませんか。

そこで今回は、年下男性のタメ口の心理的特徴について、詳しくお伝えしていきましょう。気になる人の存在は、心の中も参考にして判断したいですね。

 

年下男性がタメ口になる心理とは?

年下男性がタメ口をきいてくる心理・好意かどうか判断するポイント職場の後輩、年下男性がタメ口で話しかけてくるのは、一見マナーがない態度にも見えますが、心理的には次のような意味が考えられます。

 

年上女性が好き

彼女が年上のカップルは世の中に少なくありませんが、この場合、女性が姉さん女房のようにリードしていることがよくあります。年下男性にとって年上女性はハードルが高いと感じることも多く、積極的にアプローチできない場面もあるでしょう。

そんな時に年下男性がタメ口をきく心理が働き、年上女性が好きであることをアピールしています。どちらかというと恋愛には消極的なのですが、そんな控えめな態度が年上女性からは好評なのです。

 

甘えている

年下男性がタメ口をきく心理は、相手に甘えているため。子供が誰にでもタメ口になるように、自分を幼く見せたい願望が見え隠れしていますね。

誰かに甘えたいという気持ちがいつもあるので、年齢差がある人とは親密になる確率も高いでしょう。タメ口になる時も威圧的ではなく、子供のような純粋さがあることが特徴。

いつまでも敬語だと心が離れたままですが、タメ口になると心理的にも相手との距離がぐっと縮まる気がしますよね。年下男性から頼られる女性は、もともと姉御肌なのかもしれません。

 

ライバル視している

年下男性がタメ口になるのは、年上女性をライバル視しているため。たとえば職場の後輩の男性がタメ口で話しかけてくるのは、年齢に関係なく、対等な位置づけをしたいためなのです。

たとえ仕事が先輩よりもできるとしても、コミュニケーションの中で自分が相手を敬う習慣があると、超えることはできないように感じるのでしょう。

態度だけでも相手の格上にいたい願望があるため、優位になりたい心理でタメ口を使ってしまうのです。このタイプは世間知らずにも見えるので、不快な態度が気になるかもしれません。

 

気さくな人

思ったことをストレートに発言したり、誰とでも仲良く気さくに付き合ったりする人は、言葉遣いもタメ口になる可能性があります。

もちろん上司などの目上の人に対してはきちんと接していますが、友達的な付き合いが可能な相手には、タメ口で気楽に付き合いたい願望があるでしょう。

年下男性がタメ口を使うのは、相手と仲良くなりたい前向きな意図があるから。とくに気になる女性に対しては、早く距離感をなくしたいため、昔からの友人のようにごく普通の話し方になっているはずです。

 

敬語が苦手

年下男性がタメ口になる心理背景には、ただ単に自分の周囲に敬語を使う人が少なく、言葉の使い方がわからないことも関係しています。

そのため敬語という存在がほとんど頭にないので、相手との関係を考えて言葉を選ぶ習慣がないのです。親や友人がタメ口を使う人ばかり、そんな環境で暮らしていると、それが当たり前になってしまうのは確か。

上下関係を学ぶチャンスは人生のうちに何度も訪れますので、厳しい先輩や上司に出会った時にしっかり叩き込まれるでしょう。

 

好意があるかどうかを判断する方法

年下男性がタメ口をきいてくる心理・好意かどうか判断するポイント年下男性がタメ口になる心理は、相手への好意を示している場合がありますので、気持ちを確かめるための判断ポイントをご説明しますね。

タメ口に対しては、あまりよい印象を受けない人もいるでしょう。しかし心の中では特別な感情を抱いている可能性があります。

 

他の女性にはタメ口を使わない

時代の変化により、言葉遣いにあまり神経を使わない人が増えているのは確かですよね。年下男性がタメ口を使うのも、そんな背景があるからかもしれませんが、もし自分だけにタメ口をきいてくる場合は脈ありの可能性があります。

他の人とは違った印象を与えたいため、わざと記憶に残るようタメ口を使っているのです。「失礼な人」といった悪い印象になるかもしれませんが、とにかく自分を覚えてほしいための必死な作戦なのです。誰にでもタメ口をきく場合は、性格的にオープンだと解釈できます。

 

力になりたがる

年下男性のタメ口でわかるのは、女性と同じレベルにいたい願望があること。しかし守ってあげたい気持ちがあったり、頼れる彼氏を目指していたりする場合は、何かと力になりたがります。

たとえば職場の後輩の男性が「この仕事は俺がやっておくから心配しないで」とリードしてくる時、少しドキッとしませんか。年齢はあくまでも数字。

力関係を決めるものではありませんが、きちんと物ごとを考える人なら接し方で相手への気持ちを伝えようとしています。

 

メッセージが多い

コミュニケーションの方法だけでは、相手の恋愛感情を判断できないことがよくあります。緊張してタメ口になる、または言葉を知らないために失礼な話し方になるといった場合もあるため、どのタイプなのかわかりませんよね。

しかし好きな女性にはメッセージでアプローチすることも多いため、普段の接し方以外からも気になる行為をチェックしてみましょう。LINEのラリーがずっと続くようであれば、とても好意を寄せていることがわかります。

 

年下男性との恋愛のテクニックについて

年下男性がタメ口をきいてくる心理・好意かどうか判断するポイント年下男性と恋愛をするには、いくつかのポイントが大切になります。年齢をあまり意識せず、次のステップに行くよう心がけてみましょう。

 

あまり上から目線にならない

体育会系やマナーに厳しい人は、年齢差を上下関係として解釈するため、年下に向かって態度が大きくなることがあります。これは恋愛関係の場面では避けたいことで、年下男性に上から目線になってしまうと、プライドを傷つけ上手くいかない可能性も。

男性はとてもデリケートな心を持っていますので、好きな女性から指示されたり、強い態度で接してこられたりすると誤解してしまいます。

 

あまり奢らない

経済的な余裕がある年上女性は、デートでもお金を出し、彼氏が欲しがるものを買い与えることもあるでしょう。自分のほうが年上だからという責任感があるため、そんな態度になるのです。

しかし本音では男性に頼りたい気持ちもあり、甘やかしてしまいたくない不安もあるはず。そんな時はきちんと割り勘にして、同じ立場であることをアピールしましょう。

甘える性格の男性だと、年上女性を頼りにしすぎて意思表示できなくなる場合もあります。

 

無理に若く見せようとしない

年下男性と恋愛関係を築く際に避けたいのは、無理に若く見せようとすることです。明らかに年上だとわかるカップルも稀にいますが、彼氏の年齢とつり合うように見せたいですよね。

しかし年齢にこだわりすぎると本来の魅力がなくなり、逆に違和感を与えてしまう可能性があります。自分の年齢を上手に表現できるように、洋服選びやメイク方法もやりたいように意識してみましょう。

若く見える女性が好みなら、彼氏は年下女性を選ぶはずです。年上女性に恋をするのは、年上ならではの魅力があるためなのです。

 

まとめ

年下男性がタメ口になる心理は、特別な気持ちが隠されている可能性がありますね。好きな人との会話は言葉遣い、仕草など、あらゆるところで違ったアピールがあるでしょう。

タメ口はよほど慣れた人でないとできないこと。今まで敬語を使っていた男性が突然タメ口に変わったら、心境の変化があったと捉えてもよいかもしれません。

 

☆こちらの弊社メディア記事もお勧めです!

>>>お見合いで結婚の決め手になるのはどんなこと?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報