恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

紫陽花が好きな人の心理と性格・うまくいく恋愛相手はどんなタイプ?

紫陽花が好きな人の心理と性格・うまくいく恋愛相手はどんなタイプ?

紫陽花が好きな人の心理と性格を知ると、恋愛相手としてさらに付き合いやすくなるかもしれません。紫陽花の色はとても癒され心が惹かれるお花ですが、好みの花によってその人の性格がわかることもあるのです。

そこで早速ですが、今回は紫陽花が好きな人の心理と恋愛傾向について詳しくご解説しますので、好きな花の魅力のように自分を素敵にアピールしてくださいね。

 

紫陽花が好きな人の心理的特徴について

紫陽花が好きな人の心理と性格・うまくいく恋愛相手はどんなタイプ?お花が好きな女性はとても多いですよね。どれも素敵な魅力がありますが、とくに紫陽花を好む人は心理的に次のような意味が考えられます。

 

柔軟性がある人

紫陽花が好きな人は、心理的に紫陽花の色のグラデーションのように、境目がなく自然と他者に柔軟であること。たとえば真っ赤なバラのようにはっきりした単色系が好きな人は、感情表現もはっきりしていますが、紫陽花は色彩を変える魅力があり色と色の境目はありません。

自然と色が安定するのは柔軟性が高いためで、そんな紫陽花を好む人も心理的にその場に合わせて対処を上手く変えられる人といえますね。

 

素敵に年を重ねていきたい

紫陽花が好きな人は、心理的に「加齢」に対するこだわりがあり、自然の力で素敵に色を変える紫陽花のように、自分も美しくエイジングしたいと思っています。

人生のさまざまな思いを重ね、世界に一人だけの自分を美しく保存していくこと。年をとることに不安を感じるのは誰でも当然のことですが、紫陽花好きな人は歴史を重ねていく自分をとても楽しんでいます。

そのため無理な若作りをせず、見た目年齢が若い人も多いかもしれません。

 

ミステリアスな人

紫陽花は土壌のPHによって色が変わる個性的なお花。そのため紫陽花が好きな人は心理的にミステリアスなところがあり、イメージとは違った自分をアピールすることもあります。

きちんと栽培して時間をかけるからこそ発見できる紫陽花の色彩。それは人間関係でも活かされ、相手をよく知るまで自分自身をオープンにしない部分もあるでしょう。

他人からは少し変わった人に見られることもありますが、全てを見せないところが逆に他人の興味を引く理由になっているのです。

 

平和を好む

紫陽花が好きな人の心理は、色彩との関連性だけでなく「丸」という形も心理的効果に影響しています。長方形などの角のある形とは違い、丸は見た目も優しく気持ちが安定しますよね。

紫陽花が好きな人は心理的に平和を好む人で、争いごとは極力避ける傾向があります。口論になってもエスカレートしないよう、自分の言い分を我慢してしまうタイプ。平和を好む反面、ストレスが溜まりやすいこともあるかもしれません。

 

個性的

紫陽花を好む人は、心理的に個性やその人だけの特徴を重要視する傾向があります。紫陽花の定番でもある紫色は、物ごとを捉える感覚が優れていて、他の人が気づかないところも注目できます。

神秘的で芸術肌のところがありますので、美しいものに惹かれ自分が好むものには過剰なこだわりを持っているでしょう。イメージする力にも長けているので、アート系が得意な人も多いのです。

 

二面性がある

紫陽花が好きな人は心理的に二面性がありますので、よく言えば隠された才能を発揮するマルチタレント的な存在です。紫陽花は優しいピンク色になったり濃い紫色になったり、さまざまな顔を見せてくれますよね。両極端な要素を兼ね備えていますが、他者にとってかなり刺激的な存在になっているはずです。

 

紫陽花が好きな人の恋愛傾向について

紫陽花が好きな人の心理と性格・うまくいく恋愛相手はどんなタイプ?お花が好きな人はとても優しく美的感覚も優れています。恋愛でもそのような一面を発揮するのか、気になる恋愛傾向についてご説明しましょう。

 

激しい恋よりも癒しの恋

紫陽花が好きな人は激しく人を愛するよりも、そばにいるだけで安心するような癒しの恋に向いています。紫陽花は癒し感が魅力で、梅雨のうっとうしい時期でも心を軽やかにしてくれますよね。

そのため恋愛も同じく波風立ちやすい関係よりも、ひっそりと道端で頑張る紫陽花のように、気づくととても存在感のある人なのです。好きな人に夢中になっても、どこか冷静さを残しているタイプですね。

 

バラエティに富んだデートを好む

紫陽花の色彩が変わるように、恋愛傾向も変化を意識する特徴があります。デートはいつも同じ場所よりも、毎回違うところに行きたがるタイプ。好奇心旺盛であり、しかもマンネリをとても嫌がります。

アイデアがたくさんある人なので、同じ場所でデートしても違った楽しみ方を考えてくれるでしょう。次に何が起こるかわからないサプライズデートなどがいいかもしれません。

 

気持ちがコロッと変わる

紫陽花が好きな人の恋愛傾向は、気持ちがいつの間にかコロッと変わってしまう場合があること。楽しい会話中に急に悲しい表情をするなど、相手が戸惑ってしまう場面もあります。

それは紫陽花の色の特徴である、活動的な赤と冷静な青のコンビであることにも共通していますね。正反対の要素を持っているため、感情表現も全く違ってしまうのです。

ぶつかり合う要素を上手く表現できるよう、一緒にいる人がサポートしてあげることも必要でしょう。

 

ロマンチック

紫陽花が好きな人は、基本的にとてもロマンチックな恋愛を好みます。女性なら男性からたっぷり愛情表現されたいタイプ。男性の場合は、女性らしい人を好むタイプです。

紫陽花の紫色は、自分と同じくらいに相手から愛されたい願望がありますので、恋愛していないと自己が完成しないと不安になることもあるでしょう。

好きになった人にはいつも自分だけを見ていてほしいタイプなので、少し焼きもちを焼きやすいところも。恋愛体質なので、のめり込みすぎると生活まで乱れてしまうほど熱中してしまいます。

 

相手の気持ちを考えすぎる

癒し系のタイプなので、自分が快適にいられるよう相手の気持ちも常に労わってくれることが魅力。しかし考えすぎて相手の要望に100%応えようと無理をするので、恋愛が突然負担に感じることもあるでしょう。

また嫉妬や妬み、不安などのネガティブな感情も相手にぶつけることを避けるため、一人で悩んでいることもよくあります。敏感に他人の気持ちを察知できるのはスキルのひとつ。しかしレベルが高すぎるため、適度に自分を優先することも必要です。

 

紫陽花好きと相性のよいタイプについて

紫陽花が好きな人の心理と性格・うまくいく恋愛相手はどんなタイプ?紫陽花好きの人と相性のよい恋愛相手は次のようなタイプ。自分のよさを活かし、足りないところを補ってくれる人の共通点を見ていきましょう。

 

大雑把な人

紫陽花が好きな人は考えすぎるところがありますので、同じく繊細すぎる人だとなかなか辛い環境から抜け出せません。少し大雑把なところがあるくらいのほうが、紫陽花好きを励ましてあげられます。

なんでも追及したがるこだわりは、ありがたい反面周りにも負担になることがあるでしょう。大雑把な人なら気にせずいつも一緒にいてくれるので、バランスがとりやすいのです。

 

ペースを崩さない人

紫陽花好きな人は、平和で癒しのある関係が好きです。激しくアプローチするよりも、自分のペースを崩さず相手を尊重してくれるタイプと相性が合います。

趣味などのこだわりがある人とも価値観が合うので、お互いに学び合えるよい関係になるでしょう。

 

まとめ

紫陽花が好きな人の心理は見た目通り、とてもエレガントな部分と癒されたい気持ちが特徴ですね。いつまでもカラフルに魅力を発揮できるよう、紫陽花の魅力をしっかり理解してくれる人が恋愛相手としても理想です。

 

☆こちらの弊社公式ホームページのコラムもお勧めです!

>>>お見合いの決め手になるのはどんなこと?その内容について

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報