恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

愛情が欲しい心理になった時・異性から優しくしてもらうためのコツ

愛情が欲しい心理になった時・異性から優しくしてもらうためのコツ

愛情が欲しいのは、心理背景に何かが関係している可能性があります。愛情たっぷりの中で暮らしていれば、物足りなさを感じることはないはず。

異性の優しさが欲しくなった時、自分の心の中を考えるとよい対処策が見つかるかもしれません。では愛情が欲しい心理と、異性から優しくしてもらうコツについてご解説していきましょう。


スポンサーリンク

愛情が欲しい人の心理背景について

愛情が欲しい心理になった時・異性から優しくしてもらうためのコツもっと人に愛されたい、恋人の愛情が感じられないなど。人間は愛情不足になると、周囲に対しての心の余裕がなくなってしまいます。では愛情が欲しい心理になるのは、どのような理由があるか考えてみましょう。

 

執着しやすい

愛情が欲しい人は心理的に恋人をはじめ、他人に執着しやすい傾向があります。根底に愛情がたっぷりとないと満足しない思いがあるため、その反動で依存心が強くなるのでしょう。

子供が親の興味を引くようにいたずらするのと同じ。愛情が欲しい人は自分の存在に気づいてほしいため、過剰な態度や言動が目立つ場合もあります。そんな姿勢が続くと、相手の負担になる場合もあるので注意が必要です。

 

愛情不足で育った

愛情が欲しい心理になるのは、昔から愛情を求める習慣があります。その理由は子供時代に、親から充分な愛情を受けて育っていないため。

仕事が忙しい親や兄弟が多くて満足できないなど、育った環境は社会生活にも大きな影響を与えるため、愛情を求める人はそんな環境が普通になっている場合もあるでしょう。

愛情とは相手に抱く感情のこと。家族や恋人など、特定の人を大切に考える気持ちや愛おしく思う気持ちは、自分を素敵に変えるためにも重要な感情です。

 

不安を感じる

過去に辛い恋愛体験がある人は、その時の記憶がいつまでも残っているため、他人の態度次第ですぐに不安を抱いてしまいます。好きな人がいても「いつか自分から離れてしまう」と、余計な不安を自分で掻き立てることもあるでしょう。

愛情が欲しい心理は、根底に相手を束縛したい気持ちが隠されています。不安をかき消すために、相手をずっとそばに置いておきたい。そんな願望が強いため、考え方を見直して余裕を持つことも必要ですね。

 

要求しすぎる

愛情が欲しい人は、心理的に常にあらゆるものを求める癖がありますので、愛情も与える以上に自分が受け取りたい気持ちがあります。

愛情不足を一度感じてしまうと、普通の人よりも他人から認められたい願望が強くなりますので、同時に相手に要求しすぎるように。

恋人に対して愛情表現をいつも要求すると、信頼関係のなさが浮き彫りになってしまうかもしれません。愛されるというのは認められること。

しかし人間同士、足りない部分があってもお互いにカバーできるよう、相手に与えてあげるのも大切です。

 

他人が信用できない

他人が信用できない人や、信頼関係を築くまでに時間がかかる人は、いつも愛情不足を感じる傾向があります。愛されているという実感は、自分に自信を与えることにもつながりますので、愛情不足とは自己否定とも考えられるでしょう。

「自分は愛される人間ではない」と悲観的になるので、自然と他人が信用できない存在に。大好きな恋人がいても、いつか浮気されるだろうと疑いを持ち、逆に自分が相手を裏切ることにもなりかねません。

 

孤独が好き

愛情が欲しい心理は、孤独を好むことが考えられます。他人からもっと注目してもらいたい願望がありながらも、周囲に溶け込めない自分がいます。

人付き合いの方法がわからず、自分から行動を起こすことはないでしょう。そのため自然と周囲と距離を置いてしまい、誰も自分のことに興味を持っていないと投げやりに。

その結果、無理して他人と関わることを避けて、孤独が快適に感じるようになるのです。

 

異性から優しくしてもらうコツ

愛情が欲しい心理になった時・異性から優しくしてもらうためのコツ愛情が欲しい時に一番愛されていると実感できるのは、好きな人からの優しさではないでしょうか。では愛情が欲しい時は次のコツを活かして、異性から大切にしてもらってくださいね。

 

自分を大切にする

もっと愛されたいと思った時には、相手の気持ちを引き寄せるだけでなく、まず自分を大切にする必要があります。彼氏からもっと愛されたいと思った場合は、マンネリ化しているファッションセンスを変えたりメイクに凝ってみたり、自分を素敵に輝かせる習慣が大切。

さらにもっと向上心を持つことは、自分自身を一番に感じるよい習慣になるはずです。

 

自分の長所と短所を理解する

異性に優しくしてもらうためには、表面的なことだけを意識してもあまり効果はないでしょう。きちんと自分の短所を知って、改善するべきところを理解している人。

また長所を上手くアピールして、相手に誤解されないように受け入れてもらうのも大切です。自己分析ができない人は、異性にもなかなか魅力が伝わらないかもしれません。

これからは客観的な考え方で、自分と向き合ってみましょう。または家族や仲のよい人から意見をもらって、他者に与える自分のイメージを考えてみるのも方法です。

 

与える立場になる

異性から優しくしてもらい愛情を感じたい時は、受け取ることばかりフォーカスせず、自分から相手に与える立場になってください。

「これだけやってあげたのだから…」と恩着せがましい態度になるのは、純粋に相手を想う気持ちではありません。相手が何を求めているか、必要なものをピンポイントで考えて与えられる人は、自然と異性からも大切にされる存在になるはずです。

プレゼントなどの物質的な内容以外にも、悩みごとの相談相手になるなど、相手のために努力する姿はとても魅力的です。

 

思いやりを持つ

思いやりは自分を犠牲にしないと、相手のために尽くせない場合もよくあります。しかし大切な人に幸せになってもらいたいと思う気持ちは、純粋な愛情からやってくるもの。

愛されていると実感しやすい気持ちなので、好きな人にアプローチする際もまずは相手を優先して考える、思いやりの心を大切にしてください。

自分さえよければよいという思う人は、自然とそんな態度が相手にもわかっています。本当の思いやりとは見返りを求めないことで、いつも大切に考えてくれる人に対しては、自然とお返しをしたくなるはずです。

 

異性に好かれやすいポイントをおさえる

異性から優しくしてもらうには、男性好みのポイントをおさえておきましょう。たとえば彼氏が好きな料理を上手に作れる、シンプルでナチュラルなメイクをするなど。

男性の興味を引くことを知っていると、さらに優しくしてもらえると考えられます。女性としての魅力をアップさせることは、異性の視線を集めるだけでなく、自分にとってもメリットが色々とあります。素敵に輝く努力は、内面からの魅力にもつながるでしょう。

 

愛情不足は自分でも解消できる!

異性に優しくされると自分自身に自信がつき、もっと素敵になろうと努力するモチベーションになります。愛情不足を感じた場合は異性に頼るだけでなく、自分磨きも効果が期待できるでしょう。

得意分野や興味があることを探し、なんでも好奇心を大切にすること。そうするとあらゆる角度から知識豊富になり、自然と自己満足度も高まるはずです。

他人の視線や価値観よりも、自分が何を一番大切にするか、こだわりを持って生きることも考えてみませんか。

 

まとめ

愛されたいと思う時は、孤独や不安があるのかもしれません。自分一人では埋められない寂しさはどこかにあるはずですが、愛情をたっぷりと受け取るためには、自分自身を愛する気持ちが土台になければいけない場合もあるでしょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>ピンク好きの人の心理と色でわかる恋愛モードについて


スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

結婚相談所インフィニ

実績のある理想的な婚活の場所です!
(スポンサーリンク)

ハーバリウムジャパン

Moon Light

花言葉や恋愛のお悩みなどはこちらのメディアがお勧め!

(スポンサーリンク)

☆姉妹サイト

姉妹サイトもお勧めです!

Miracle Days

☆エンタメ系
Rising future

☆ツイッター