恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

好きかもしれない心理・隠された気持ちに気づいたら次はどうする?

好きかもしれない心理・隠された気持ちに気づいたら次はどうする?

好きかもしれないという心理は、これからの相手との接し方がわからず困りますよね。態度に出して相手にアピールするか、それとも気持ちはずっと隠しておくべきなのか。

そんな恋愛の始まりの際に感じる、ぎくしゃくした気持ちについてご解説します。人を好きになるのは意外なタイミングで、予想していないからこそ困惑するものなのでしょう。



好きかもしれないと思う瞬間

好きかもしれない心理・隠された気持ちに気づいたら次はどうする?異性の存在は気になるけれど、一人だけをとくに意識していると感じる場面。そんな時は好きなのか、それとも気になる他の理由があるのか、最初は自分でも気づかないでしょう。次のような場合で、好きかもしれない心理がよく働きます。

 

人柄を知った時

いつも軽いイメージがあるのに、二人だけになったら相手の誠実な部分がわかったなど。普段は見抜けない内側を知った瞬間に、急に相手を好きになることがあります。

女性は恋愛相手に対して、信頼関係を強く求める傾向がありますので、誠実な人ほど心惹かれるでしょう。たとえば職場の仲間。普段仕事で表面的な付き合いしかしないけれど、二人で話をしたら男としての強さを感じ、頼りたくなることがあります。

 

特別扱いされた時

好きかもしれない心理が働くのは、相手に特別扱いされた時です。好意の返報性のように、自分に優しくしてくれる人や大切に扱ってくれる人に対しては、同じくお返ししたい人間の心理があります。

他の女性には一切やらないことを、自分だけにやってくれる男性。メッセージの返信がとても早いなど、特別感を抱くと同時に好きという感情が湧いてくることもあるでしょう。

好きな人には、いつも自分だけを見ていてほしいと思うのは女性の本音、特別な存在になっている、もしくはなりたいと思う気持ちは恋愛の始まりかもしれません。

 

告白された時

相手から告白された時、好きかもしれない心理になるでしょう。意外な人からアプローチされると急に見方が変わり、友人だと思っていた人が特別な存在に見え始めます。

好みのタイプでなくても、自分を好きになってくれる人には好感を抱くのは自然なこと。たとえお断りしても、ずっと気になる存在のままになるはずです。

 

焼きもちを焼いている自分に気づいた時

好きでもない異性のことは全く気にならず、視界に入っていても意識することはないでしょう。好きかもしれないと感じるのは、相手が他の女性と話している姿を見て、何ともいえない気分になること。

それが「焼きもち」だと気づいた瞬間に、好きだと自覚するのです。他の人にとられたくない、自分だけのものにしたいという気持ちが生まれるのは、恋愛感情があるためですよね。焼きもちは、もっと相手に自分の思いを知ってもらいたいからなのでしょう。

 

目で追ってしまう時

なぜか目で追ってしまう男性がいませんか。好きになると相手の行動がとても気になりますので、体が自然と反応して情報を集めてしまいます。

職場の人なら外出先がどこか、何時に帰ってくるか。仕事中に誰と楽しそうに話しているか、知らない間に相手のことがよくわかっているはずです。

好きになると、お互いのことをもっと知りたいと思うのは当然ですよね。目で追ってしまうのは好きな人の仕草や動きなど、できるだけ記憶に入れておきたい願望があるからなのです。

 

好きかもしれないと思う時の心理診断

好きかもしれない心理・隠された気持ちに気づいたら次はどうする?最初は確信できない恋愛感情。はっきり好きだとわかる前は、自分でも葛藤しているはず。「なんでこの人のことがこんなに気になるの?」と思う瞬間は。好きかもしれない気持ちを心理的に診断してみましょう。

 

緊張するかどうか

好きかもしれない時は心理的に緊張感が高まり、相手が近くにいると恥ずかしくなったり、ドキドキして何を話せばよいのかわからなくなったりします。

この場合の緊張感は、大勢の前で話すように視線を強く感じるため。好きな人の前で失敗しないよう、自分を守りながらも大切なことはきちんと告げたいと思っています。

恥ずかしそうにする自分の姿を見て気持ちを悟られると困る、そんな内気な人も多いはずです。

 

頭から離れない場合も

退屈な時にふと思い出す人。家族や恋人ならわかりますが、まだ付き合っていない異性なら好きかもしれない心理になるでしょう。いつもぼんやり考えてしまう男性や、今何しているのかな…と思い出す人などは、好きになっている証拠です。

クリスマスに「誰かと一緒に過ごしているのかも」と不安になり、少し悲しくなるのは嫉妬しているとも考えられますね。

 

噂話が気になる

好きかもしれない気持ちは、相手にどれくらい興味を持っているかでわかります。嫌いな人や興味のない人のことは、自分から積極的に情報を集めることはしません。

逆に好きな人の情報なら、些細な話でもずっと聞けますよね。何気ない会話で友人がその人のことを話題にしていると、重大ニュースのようにじっくり聞きたくなります。

それは相手のことが好きだから、どのような話題でも確保しておきたい願望があるのでしょう。

 

相手のためならなんでもできる

好きな人なら、自分を犠牲にしてでも大切に守りたい気持ちがあります。面倒な作業を頼まれても断ることはなく、喜ぶ顔が見たいためにやってあげるでしょう。

もともとの性格で人助けが好きな人もいるはずですが、好きな人の場合は相手に気に入られたり感謝されたりすることが、自分にとって重要なモチベーションになっています。

頼みごとを引き受けてあげて、関係を深めたい願望があるもの。多少辛くても相手のためなら…と思う気持ちは、純粋な恋愛感情といえます。

 

好かれたいと思う

好きかもしれないと思う気持ちは、心理的に相手に認めてほしいという思いと同じ。好かれたいためにファッションやメイクなど、自分を飾ることが増えてきます。

少しでも相手の好みのタイプに近づけるよう、努力している証拠ですね。髪型を変えたり、今までトライしたことがないセンスの服を選んだり、マンネリ化した自分から抜け出すのは違う魅力をアピールしているからなのです。

好かれたいと思う気持ちと同時に、自分の弱点や短所も全てさらけ出したい気持ちがあるのかもしれません。

 

顔がほころぶかどうか

好きな人と目が合うと、自然と顔がほころびます。話しかけられた時についニコニコしたり、仕事を頼まれて嬉しそうにしたりするのは、気持ちがそのまま顔に出ているからでしょう。

人間は幸せな時や嬉しい時は、無理せずに優しい表情になる場合が多いもの。好きな人と目が合った時も同じく、説明できない喜びを感じているのです。いつも笑顔になってしまう相手には、特別な感情を抱いていることがわかりますね。

 

SNSが気になる

好きかもしれないという心理状態は怖いもの見たさもあり、相手の全てを知りたい願望がとても強くなります。最近はSNSが、その人のプライベートを知るよいツールになっていますので、好きな人のアカウントはとても気になるはず。

とくに休日などはどのような行動をしているか知りたいので、SNSの投稿内容をチェックしてしまうでしょう。もしデートのような内容なら、きっとショックを受けるはず。

知りたいことも知りたくないことも全てチェックしたいのは、本気になる前の事前準備といえるのです。

 

まとめ

好きかもしれないと思う心理は、自分でも整理できない内容が多いでしょう。無意識に相手とデートしている様子を想像したり、告白されるシーンを期待するようになったりしたら、確実に恋をしている状況といえますね。

そんな自分の想いに気づいたらチャンスを逃さず、好きな人に勇気を出して話しかけてみませんか。恋心を抱くだけでは、状況の展開はないかもしれません。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>寄り添う心理はとても大切・恋人の不安を取り除くためにやるべきこと



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報