恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

彼女にお金を使う男性心理・愛情とお金は比例してしまうの?

彼女にお金を使う男性心理・愛情とお金は比例してしまうの?

彼女にお金を使う人は心理的にも理由があり、愛情とは違った意味があるようです。恋人に誕生日プレゼントを買ってあげることや、外食してお金を払ってくれることなど。

恋人同士ならよくあるシーンですが、中にはなんでも買ってくれる男性もいるようです。そこで今回は、彼女にお金を使う男性心理について、愛情のバランスとの関係も詳しくご解説していきましょう。

 

彼女にお金を使う男性心理とは?

彼女にお金を使う男性心理・愛情とお金は比例してしまうの?大好きなら当然…と簡単に済ませてしまうところですが、心の奥まで探ると、彼女にお金を使う人は心理的に次のような意味があることが考えられます。

 

本命の人だから

彼女にお金を使う男性心理は、相手が本命の人で自分の人生に欠かせない存在のため。お金を使っているという感覚は一切なく、好きな人のためなら当然だと思っています。

女友達に高価なプレゼントは買わないけど、大好きな彼女にはお願いされたらなんでも買ってしまうタイプ。それだけ愛情があるため、好きな人にはどんどん尽くしてしまうでしょう。

 

罪悪感があるため

彼女にお金を使う男性は、心理的に後ろめたいことがあるためで、彼女のご機嫌をとっている意味があります。内緒で合コンに行きお金を使ってしまったから、代わりに彼女にもバッグを買ってあげるなど。

自分の行いを正当化したいために、彼女には「お金」で気持ちを清算しています。喧嘩した後に彼女に花束をプレゼントしたり、洋服を買ってくれたりする彼氏がいますよね。

それと根本的には同じ発想で、たとえ彼女にバレていなくても、気持ち的に罪悪感が残るようなことをしている可能性があります。

 

喜ぶ顔が見たい

誕生日でもないのに彼女にアクセサリーを買ってあげたり、食事を奢ってあげたりするのは、シンプルに彼女の喜ぶ顔が見たいため。好きな人からプレゼントされたら嬉しいのは当然ですよね。

仕事で頑張っている彼女、いつも自分のことを面倒見てくれる世話焼きの彼女。大好きだからこそ、愛情表現としてお金を使いたくなるのでしょう。

プレゼントした時に思った以上に嬉しい反応をしてくれる女性だと、男性もお金を使う価値を感じるはずです。

 

経済的な余裕をアピールしたい

彼女が欲しがるものを買ってあげられないのは男としていけない、そんな考え方を持っている人は、彼女にお金を使う心理が働き、男としてのプライドを経済的な面でアピールしています。

彼女との関係を真剣に考えているため、将来結婚して豊かな暮らしを夢見ていることも理由。お金があるから安心して結婚を考えてほしいと、さりげなくメッセージを送っているのかもしれません。

経済力があることは、女性から見て頼れる男性の特徴。毎回割り勘になるよりも、ストレスは少ないかもしれません。

 

自分のほうが立場が上だと思っている

彼女にお金を使う男性心理は、自分のほうが立場が上だと思っているため。少し傲慢な面があり、「買ってやった」「奢ってやった」と相手に借りを作らせた気分になっているでしょう。

このタイプの人は見返りを期待しているので、彼女が何もお返ししてくれないと急にお金の使い方が変わります。お金にはとてもシビア。

しかも自分のほうが偉いと思っているので、男女平等に物ごとを考えない傾向がありますね。

 

愛情不足のため

彼女にお金を使う男性心理は、とても幸せな恋愛関係というイメージがありますが、逆に愛情不足で彼女に振り向いてもらいたいためにお金を使っているケースもあります。

プレゼントしてもらったから彼氏に貢献しなければならない、と感じるタイプばかりではありません。物質的なことに簡単になびかない女性も多く、彼氏がいつも機嫌をとるために色々と買ってくれる関係。

自分主体の彼女だと彼氏はいつも振り回されてしまい、お金のかかる恋愛関係になりますね。

 

承認欲求が強い

恋人にお金を使わなければならないルールはありませんが、毎回デート代を彼氏が払ってくれ、しかもプレゼントも安物ではなく高価な物を買うのは承認欲求が強い可能性があります。

常に他人の視線や考え方が気になるため、認められるように行動する人。職場でも成績を気にして、人一倍ストレスを抱えやすいタイプかもしれません。

愛されているという感覚がわからず、物質的に彼女を喜ばせないと安心できないのでしょう。自分を受け入れているか、その答えはプレゼントした時の彼女のリアクション次第なのです。

 

お金の使い方は愛情と比例するか?

彼女にお金を使う男性心理・愛情とお金は比例してしまうの?恋愛関係はとても好調だけど、相手の「金銭感覚」のことになると不満を抱くということもあるでしょう。女性にとって気になる「愛情とお金」の関係ですが、男性の愛情はお金の使い方と比例するのか、詳しくご説明していきますね。

 

愛情は多少なりとも関係している

女性は男性から食事をご馳走されたり、プレゼントされたりする立場。彼氏には誕生日やクリスマスなどの「イベント」で、理由があるからプレゼントを買うことが多いでしょう。

このため男女で比較すると、男性のほうが恋愛関係においてお金を使うことは多いはずです。愛があればお金なんて…という言葉。現実的には、男性の愛情はお金の使い方にも表れている様子。恋人と友人ではお金の使い方は明らかに異なり、本命になるほど出費額は多くなります。

 

信頼できる人にお金を使う

お金を使う相手とは、男女共通して特別な関係があります。全く知らない人に高価なプレゼントはしませんが、家族や恋人には多少無理してでもお金を使ってしまうことはありますよね。

それは愛情とは関係なく「信頼」が理由です。信頼できる人とは、自分が期待することを与えてくれる相手。これだけ高い買い物をしたのだから…と見返りを期待しなくても、きちんと相手が貢献してくれる関係。

信頼関係がある相手には素直に喜んでもらいたいので、金額よりも相手が喜ぶものをプレゼントしたくなります。

 

愛情とお金が比例しない人の特徴

彼女にお金を使うのは愛情表現の意味があるので、プレゼントは一切なくデートも毎回女性が奢るという関係は、その女性にお金を使いたくない理由が考えられます。

しかし世の中には金銭的に余裕がなく、使いたくてもお金が使えない人もいますよね。その違いは自己中心かどうか。愛情があってもお金を使わないのは、自分を犠牲にしてまで相手を幸福にしたい「思い」がないからなのです。

自分の欲しいものはどんどん買い、友人と出かけたり趣味にお金を使ったりする男性は基本的に自己中心。高価な買い物をする必要はないけれど、好きな人を金銭的に喜ばせたい思いがないというのは、愛情か何かが不足している可能性がありますね。

 

お金で愛情は買えない

彼女にお金を使うのは男性独自の理由がありますが、結果的にお金は愛情を左右するものになるのでしょうか。スキンシップや愛情表現はたっぷりでも、お金を一切使わない彼氏。なんとなく不安が残りませんか。

ある程度はお金の使い方で愛情を計ることはできても、それだけが全てではありません。大切なのは負担を感じても、好きな人を喜ばせるために努力しているかどうか。

500円のプレゼントがやっとでも、彼女のために買ってくれる人はとても愛情が深いといえるでしょう。

お金で愛情を買うことはできませんが、金銭感覚や価値観のつながりは愛情関係をさらに強化するために大切な条件になることは確かでしょう。

 

まとめ

彼女にお金を使う男性心理は恋人に対しての思いや、自分の考え方など、色々なことが複合的に重なっているでしょう。割り勘のカップルは長続きしやすいとよくいわれますが、お互いに納得できるお金の使い方ができるよう、これからも意識していきたいですね。

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>彼氏の有無を聞かれはぐらかす人の心理・嘘をいいたくなるのはなぜ?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報