恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

冬にスカートをはく女性心理・寒そうなファッションを男性はどう思う?

冬にスカートをはく女性心理・寒そうなファッションを男性はどう思う?

冬にスカートをはく女性は、心理的にファッションでアピールしたいことがあるようです。寒い季節に肌を出すのは特別な意味があるためで、女性としてはあまり意識していないかもしれませんが、おしゃれと心理作用には深い関係があります。

では寒そうなファッションは男性目線でどう感じているのか、女性心理と合わせて早速ご解説していきましょう。

 

冬にスカートをはく心理はどうして?

冬にスカートをはく女性心理・寒そうなファッションを男性はどう思う?厚手のコートやニット帽、マフラーなど、しっかり防寒アイテムを着用しているのになぜかスカート。そんなファッションをする女性の心理はどうしてなのでしょうか。

 

異性を意識しているから

寒い時はできるだけ暖かい服装…というのが一般常識と思われますが、女性は冬でもスカートをはくことがあります。それは心理的に異性の視線を意識しているためで、細い足が自慢の女性や、足のお手入れをしているので人に見られたいなどの理由があるようです。

特定の相手が対象ではなく異性全体。いつも男性からちやほやされたい願望があるタイプともいえます。寒いのにミニスカートで足を出すととても目立ち、男性は思わず視線を送ってしまいますよね。どう思われているかよりも「見られている」だけで満足しているのです。

 

おしゃれにこだわりがある

冬にスカートをはくのは、心理的にこだわりが強いタイプだから。自分がいいと思ったものは他人がどう言ってもやり通す性格なので、冬の雪が降る日でもスカートをコーディネートしたい時は、寒くてもおしゃれのために我慢できます。

このタイプの女性は、個性的な部分をアピールするのが好き。春物や秋物など、冬の季節に縛られず、その日に着たいものを選ぶので一風変わった人に見えるかもしれません。

しかし他の人がやらない発想を持っているので、女性からはセンスが支持されています。

 

可愛く見られたい

スカートはパンツよりも女性らしく可愛く見える洋服です。冬にスカートをはく女性心理は可愛く見られたいためで、デートの時にスカートをはくことがよくあります。

さらにミニスカートになると、ハイソックスやタイツブーツ、可愛いシューズなど、ボトムスのコーデが色々と楽しめますので、さらに素敵なオシャレができますね。大人っぽい印象よりも可愛い印象を意識したい人は、冬でもスカートを選ぶでしょう。

 

女性らしさを意識している

冬にスカートをはく女性は、心理的に女性らしさをアピールしたいため。男性を意識していることもあり、魅力的な自分を見てほしい願望があるからなのです。

エクササイズして体型を維持している人や、女性らしい体型に自慢がある人は、季節に関係なく皆に見せたいと思うはず。スカートをはいた足を組むなど、ドキッとさせるような仕草で男性にアプローチしています。

 

体型をカバーしている

冬にスカートをはくのは、実は下半身のスタイルに自信がないため、スカートならヒップや足のシルエットがごまかせるメリットがあるのです。

心理的にコンプレックスがあるので、他人に自分の弱みを見せたくないタイプ。いつも強がっていることも多く、なかなか本音を言わないタイプかもしれません。

タイトジーンズなどに興味を持っていても、お腹周りや足が気になってどうしてもはけないという人もいるでしょう。好きな人とデートをする時、見られたくないところを隠しておきたい心境があります。

 

流行を意識している

冬にスカートをはくのは、心理的にトレンドを追いかける性格で、雑誌で可愛い柄のミニスカートが紹介されていたからなど、流行を意識していつもおしゃれしています。

多少冬に合わないファッションでも、人よりも一足先にトレンドを取り入れて目立ちたいタイプともいえるでしょう。逆に自分のファッションが周囲と違いすぎると不安を感じる部分もあるので、個性が少し欠けているところもあるかもしれません。

 

スカートが楽

冬にスカートをはくのは、パンツよりもスカートのほうが楽だから。パンツだとトイレに行った時に面倒で、裾の泥はねも気にしなければなりませんし、きちんとアイロンがかかっていないとカッコ悪い場合もあります。

その点スカートならふんわりしているので、パンツのように下半身のスタイルが丸見えになりにくいことも好都合。体型がはっきりわかるほどぴったりしたパンツも近年は多いので、コーデする際に色々なことを考えるのが面倒な時は、寒くてもスカートのほうが楽なのです。

 

男性目線で感じる冬のスカートの本音

冬にスカートをはく女性心理・寒そうなファッションを男性はどう思う?冬にスカートをはく女性心理は、男性を意識していることが考えられえますが、男性目線ではどのように感じているのでしょうか。女性の期待通りによい反応にはならないこともあるようです。

 

センスよくコーデしてほしい

冬のスカートはパッと見ただけでもとても寒そうなので、通りがかりの人ですらチラッと見てしまうでしょう。注目度が高くなると想定されるスカート。男性目線ではかなりコーデの上級者向けだと思っています。

きちんとタイツやブーツなどを合わせておしゃれに着こなしてくれればいい、寒くても全体的なバランスが整っていればいい。寒そうという印象以上に、素敵な雰囲気がアピールされていればよいという意見は多いようです。

 

スタイルがよく見える

冬のスカートは、足が見えてスタイルのバランスが整うので好きだという人も少なくありません。足に自信があることも伝わりますので、普段からきちんとセルフケアしているのだろうとうかがえますよね。

スカートはレギンスやタイツ、ソックスなど、あらゆるアイテムとコーデができるので、センスがかなり要求されます。パンツだと女性らしさが欠けてしまうこともあるので、好きな人のファッションに女性らしさを求める男性は冬のスカートは賛成派でしょう。

 

無理しているのがわかる

冬にスカートはたとえブーツをはいていても、パンツほどの防寒作用はありません。寒くて辛いはずなのに無理しておしゃれしているのが男性にもわかるので、少し抵抗を感じる人もいるようです。

寒い時期のスカートは嫌ではないけど、頑張りすぎているのでは…。そんな思いを抱く男性も多いため、なんでもいえる恋人同士ならファッションチェックされることもあるかもしれません。

 

寒そうだからやめてほしい

男性から見た冬のスカートは、とにかく寒そうで季節感がないのでやめてほしいという意見もあります。とくに丈が短いスカートで素足だと、見ている人まで寒くなってしまいますよね。

季節感を意識する人なら冬はパンツスタイルで、スカートをはく場合はロング、ブーツでしっかり防寒といった一般的なおしゃれを好むでしょう。

たとえミニスカートが好きだとしても、季節に合わないファッションは逆に恥ずかしく感じています。

 

パンツスタイルが見たい

冬でもスカートをはく女性は、普段から比較的スカート率が高いと考えられます。似合っていればそれも可愛らしく、女性らしさをアピールできてよいのかもしれませんが、雰囲気を変えてたまにはパンツスタイルやジーンズのカジュアルなファッションも見たいのが男性の本音。

パンツだとウエストなどの体型がはっきりとわかるので、さらに女性らしさが感じられるという人もいるでしょう。

 

まとめ

冬にスカートをはく心理は、女性同士なら理解できることかもしれませんが、男性目線では寒いファッションなので苦手に感じる人もいるようです。

好きな人には自分をよく見せたい気持ちがあるのは当然。自分が一番輝くおしゃれをするなら、季節感も多少は意識するとよいのかもしれません。

 

☆弊社の公式HPも読んでみてくださいね!

>>>婚活アプリのサクラの存在が気になる!と思った時の対策

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報

結婚相談所インフィニについて