恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

子供好きアピールする人の心理と性格・結婚相手にふさわしい男性の特徴

子供好きアピールする人の心理と性格・結婚相手にふさわしい男性の特徴

子供好きアピールする人の心理は、本当に子供が好きなのか、それとも別のメッセージを送っているのか。男性の子供好きアピールは、場合によっては女性として考えてしまう瞬間かもしれません。

子供が嫌いな人よりも好きな人のほうが心は優しい印象を受けますが、果たして心の中にはどのような思いが隠されているのでしょうか。

では早速ですが、子供好きアピールする人の心理や、結婚相手にしたい男性の特徴ポイントをご説明していきましょう。

 

子供好きアピールする人の心理的特徴について

子供好きアピールする人の心理と性格・結婚相手にふさわしい男性の特徴小さい子供が公園で楽しそうにボールを追いかけている姿を微笑ましく見ている男性、赤ちゃんを見ると駆け寄ってしまう人など、子供好きアピールする人がいますよね。これは心理的には次のようなことが考えられるでしょう。

 

好かれたいから

子供好きアピールするのは、とても「いい人」を演じているためで、心理的に好感度を高めたい願望があります。子供好きは動物好きと同じように、弱い立場の人を守る心の優しい人。

そんな印象を周囲に与えますので、好きな女性にもっと自分を好きになってもらうための材料としてアピールしています。男性の場合は、子供の扱いが苦手な人も多いですよね。

だからこそ子供好きアピールは、女性と共通点を持ちやすく仲良くなれると考えているのでしょう。

 

純粋な性格

子供好きアピールする人は、心理的にまだ大人になりきれない部分があり、大人と子供という関係でなく、自分が子供視線になっているため。

とても無邪気で、見たものや感じたものに対して素直に衝撃を受ける純粋な人といえますね。女性よりも男性のほうが精神的に幼い部分があるともいわれるので、子供遊びが大人になっても楽しく見えるのは仕方ないかもしれません。

いつまでも冒険心があり、子供と一緒にいると素直に楽しいと感じられるタイプです。

 

面倒見がよい

子供好きアピールする人は、心理的に他人の面倒を見るのが大好き。無意識に使命感を抱き、困っている人にもさっと手を差し伸べてくれます。

子供好きなのは危なっかしいところが多いため、面倒見のよい自分のスキルが発揮できるからでしょう。常に目を離せない子供。面倒見がよい人は決して面倒に感じることはなく、お世話している時間がとても自分らしくて好きなのです。

職場ではリーダー的に周囲を仕切ることもあるかもしれませんが、基本的に根が真面目な人といえますね。

 

甘えん坊

子供好きアピールは心理的に自分に甘いところがあり、困った時に他人にすぐに頼ってしまう傾向があります。甘えん坊の男性に見られることがよくあり、女性へのアプローチがとても上手。

相手に負担をかけない程度の甘えぶりをするので、女性にとっては可愛い男性に見えるかもしれません。精神面が子供に近いものがあるので、子供が好きになるのでしょう。放っておけない存在で、母性本能をくすぐるのがとても上手です。

 

結婚したい相手だから

子供好きアピールするのは、自分の将来を好きな人にイメージしてもらいたいため。結婚したらこんなこともあんなこともできると、自分を売り込んでいるのです。

子供好きなので、もちろん子供はたくさん欲しいでしょう。結婚を考える相手だからこそ、恋人以上の価値を感じてほしいのです。子供が遊んでいる姿を見ながら「将来、子供は何人欲しい?」と質問してくるタイプでしょう。

 

子供が苦手な人は育児が苦手なの?

子供好きアピールする人の心理と性格・結婚相手にふさわしい男性の特徴結婚相手に求めることは色々とあるはずですが、子供の接し方次第では結婚後の生活が不安になることもあるかもしれません。男性は子供に慣れていない人も多く、はっきりと子供が苦手とアピールする人もいますよね。では子供が嫌いな人に子供がいると、育児はどうなるのでしょうか。

 

子供を好きになる

子供が苦手、嫌いという男性は決して珍しくはありません。仕事でほとんど家を空けていると、育児や家事は全て奥さんに任せになってしまいます。

そのため子供を好きになるよう、無理に努力をする人は少ないかもしれません。しかし自分の子供が誕生すると、ある種の苦手意識がなくなり、180度見方を変えて子供にベッタリになる人も。

わからないことに不安を抱くのは当然なので、子供が嫌いでも育てる楽しみや親としての責任などであらゆる情が出てきます。

 

熱心なお父さんにはならない

将来を意識するうえで不安になるのは、男性が子供が苦手な場合。子供という未知の世界の生き物にどう接していいのかわからないので、自然と子供から距離を置いてしまうかもしれません。

休日は疲れているので、子供の相手はせずずっと寝ているお父さんに。自分の子供が可愛くないということではなく、積極的に近づくよりも責任があるので育児するタイプでしょう。

 

慎重な判断が必要

子供が苦手でもよい親になる人はたくさんいますし、自分の子供は溺愛しても他人の子供が苦手というケースもあります。子供好きアピールする人のように、心理的に相手に好かれるように演じている人もいますので、男性がどこまで子供好きなのか態度や言葉だけではわからない部分があります。

子供がいる生活を現実的に考えず、楽しい面だけに魅力を感じる人も育児には向かないかもしれません。好きか嫌いかよりも、子育てについては冷静に二人で話し合う必要があります。

 

結婚相手にふさわしい男性の特徴

子供好きアピールする人の心理と性格・結婚相手にふさわしい男性の特徴結婚相手にふさわしい男性は、女性によって優先するところは違うかもしれませんが、感情だけでは決められない部分もたくさんありますよね。その場合は次のようなポイントも意識して判断してみましょう。

 

計画的な人

その場の流れで物ごとを決める人には、将来的に不安を感じませんか。とくに結婚は経済的な面も準備が必要なので、一歩先を考えて二人の幸福のために準備する姿勢がある人は安心ですね。

計画性がない人だと、結婚式の段取りの時点から負担がかかってしまうでしょう。

 

犠牲を払ってくれるか

結婚相手とは愛情関係があるだけでなく、相手のために自分をどこまで犠牲にできるかが判断基準のひとつです。自己中心的な人だと、いつも自分のことを先に考えくれない人だと、温度差が生じ上手くいかないはず。

好きな人のために仕事を頑張り、嫌なこともやってくれるかどうか。時には自分のライフスタイルを変えるほど、決意を固めなければならないこともあるのです。

 

人生観が理解できるか

結婚相手にふさわしい人は、人生観がきちんとあること。価値観や考え方は育った環境も関係しているため、どうしても譲れない部分があるかもしれません。

人生観とは、将来を二人で計画する際にとても大切な要素なので、目標設定ができるか、二人の人生として視点を切り替えられるか、お互いに受け入れられる関係がいいですね。

 

ピンとくる人

結婚相手にはピンとくるものがあるはず。収入や職業、ルックスなどの条件ではなく感覚的なもので、絶対に離れないという強い運命を感じることもあるでしょう。

条件を全て満たす人が最高のパートナーになるとは限りません。最終的には自分のインスピレーションが、正しい答えを導いてくれるのです。

 

まとめ

子供好きをアピールするのは、心理的に自分をよく思ってもらいたいためでしょう。子供が好きな人に悪い人はいないともいわれるように、ただのアピールだけだとしても、子供嫌いを前面にアピールする人よりは付き合いやすいはずです。

将来を考える相手とは、「子供」についてはとても繊細な話題なので切り出しにくいかもしれません。しかし家族を増やすことは、お互いに人として成長するためにも大切といえるでしょう。

 

☆弊社の公式ホームページのコラムも読んでみてくださいね!

>>>中高年がお見合いにて意識しておきたいポイントについて

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報