恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

名前を呼べない心理背景にあるもの・自然と名前を呼び合うための方法

名前を呼べない心理背景にあるもの・自然と名前を呼び合うための方法

名前を呼べない心理背景には、どのようなことが関係しているのでしょうか。どんなに長く付き合っていても、名前を呼びにくい人がいますよね。

それは恋人同士、夫婦にもよくあることで、急な場面で相手を呼べず困ることもあります。そんな不思議な関係について、今回は名前を呼べない心理と自然に呼べるようになる方法をご紹介しましょう。

 

名前を呼べない心理について

名前を呼べない心理背景にあるもの・自然と名前を呼び合うための方法職場なら意識せず周囲の人の名前を呼べるのに、なぜか恋人や特定の友人だと、相手を名前で呼べないことがあります。なぜそうなのか、自分でもわからないことがあるかもしれませんが、名前を呼べないのは次のような心理背景が関係しています。

 

恥ずかしいから

名前を呼べない心理とは恥ずかしい気持ちが土台にあり、相手に特別な感情を持っている可能性があります。なんとも思わない人ならあだ名でも苗字でも呼べるのですが、自分のことをアピールしたい相手になると恥ずかしさが勝ってしまい、名前を呼んで普通に接することができないのです。

そのため呼ぶ時は「ねえ」「あのさ」など、気づいてもらうために精一杯の努力をしているでしょう。

 

馴れ馴れしいと思われたくない

名前を呼び合う関係はある程度知り合いであったり、仲がよかったりする人ですよね。名前で呼ばれると、心理的にも距離感がぐっと縮まるので、親しくなりたい時には積極的に名前を呼ぶことがコツです。

たとえば営業マンが新規顧客を掴むために、初対面でも相手を「さん」付けで会話をしてくることがあります。そんな時は少しプレッシャーを感じる場合も。

名前を呼べない心理背景にあるのは、そのような場面をイメージして、馴れ馴れしいと相手に思われたくないためなのです。好印象を残したい願望があるので、慎重に相手に近づいています。

 

名前を呼ぶきっかけをなくした

名前を呼べない心理背景にあることは、知り合った時に相手の名前を呼ぶきっかけをなくしたため。でも付き合いはどんどん進み、とても仲良くなっているのに、なぜか距離感が残っているというケースもあります。

今さら名前で呼べない、いきなり名前で呼び出しだらおかしい、そんな不安があるのでしょう。とくに恋人関係の場合は、何ごともタイミングが大切。

手を握るチャンスを逃していつも並んで歩くように、スタート時は少し勇気が要るものなのです。

 

相手を不快にさせたくない

名前を呼べない人は、心理的に相手の気持ちを深く考えすぎて、不快にさせたくないために呼べない理由があります。このタイプは仲がよい友人のことも名前で呼べず、ぎくしゃくした気持ちが自分の中にいつも残っている状態。

人見知りしやすい人だと、さらに他人の気持ちを意識しすぎて、名前で呼ぶのはハードルの高い行為になるでしょう。あだ名で呼んだら嫌がられるかな、そんな心理が働く人は、あまり周囲の人に気軽に話しかけることもないかもしれません。

 

気持ちを知られたくない

好ましく思っている人には余計に気持ちが高ぶってしまい、名前を呼べない心理が働いてしまいます。好きな人の前だと構えてしまうので、緊張して自分らしくできないことも関係しているでしょう。

たとえばごく親しい友人からあだ名で呼ばれている人は、呼び名がその人との関係性を示しているともいえますよね。自分があだ名で呼んでいい存在なのかと疑問を感じると、無難に周囲が呼んでいるのと同じ苗字になることもあります。

距離感をなくすためにあだ名で呼ぶのは特別な意味があるため。自分の気持ちを知られたくないので、わざと名前を避けて接しているのです。

 

相手の名前を呼ぶ方法について

名前を呼べない心理背景にあるもの・自然と名前を呼び合うための方法自分のことを名前で呼んでくれない人には、少し違和感を抱くこともありませんか。それが好きな人だとしたら、脈なしなのかもしれないとがっかりする原因にも。

ではスムーズな付き合いを保つためにも、名前を呼べない人が克服する方法についてご説明しましょう。

 

本人に質問してみる

名前を呼べない心理は照れ隠しがよくある理由ですが、相手からすると名前で呼んでくれない人の存在は少し気になるはず。いつまでも先延ばしにすると、余計に距離感が出てしまう場合もあるので、どう呼べばよいのかを相手に質問してみましょう。

たとえば付き合いはじめの恋人。恥ずかしくて名前を呼び合えない時期がありますよね。もっと関係を深めるためにも、「なんて呼べばいい?」と気軽に質問してみてください。相手から指定された呼び方なら、誤解なく自然と呼べるようになります。

 

メッセージから始める

相手を前にして名前を呼ぶのは少し勇気が必要なので、なかなかチャンスがないかもしれません。単刀直入に相手に質問する勇気がない場合は、メッセージやLINEで名前を呼ぶようにしてみましょう。

会話で呼ぶほどのインパクトはないかもしれませんが、名前を呼ぶ練習になります。そんな土台を作っておけば、会った時にも意外とすんなり名前が呼べる可能性も。もしくはLINEで相手に「名前の呼び方はどうしたらいい?」と聞いてみましょう。

 

勢いで呼んでみる

名前を呼べない心理は、相手の気持ちを考えて遠慮している理由もありますので、自然と呼べるようになるためには少しだけプッシュする状況が欲しいですよね。

たとえば周囲からあだ名で呼ばれている人なら、便乗して勢いで呼んでしまうのも方法です。向き合って名前を呼ぶのはとても意識してしまうので、ノリや勢いがあると最初の難関は簡単にクリアできるでしょう。離れたところから大声で相手の名前を呼び、意外性をアピールすることもひとつの方法になります。

 

あだ名を考える

結婚しても、相手を名前で呼べない人は少なくありません。あだ名が変わっている人だと呼びにくい場合もありますが、好きな人ならできるだけ早く名前で呼ぶ関係になりたいですよね。

そんな時は、自分だけのあだ名をつけてあげることも方法です。名前の呼び方は相手との関係を示していますので、職場なら苗字、家族なら下の名前、友人はあだ名など、自然とルールが決められている例もあります。

好きな人なら特別な関係を意識して、自分が相手にあだ名をつけることも決して悪くはないでしょう。逆に他の人が使わない名前で呼ぶと、二人の距離感が急に縮まるかもしれません。

 

本人に相談してみる

「なぜかわからないけれど名前で呼べない」と、困った時は直接相手に相談してみましょう。わざと名前を呼ばないと思われては困りますので、自分の心の中で葛藤していることをまず伝えてください。

お互いの気持ちに寄り添って、一番適切な呼び方を見つけることが大切。恋愛関係なら名前を呼ぶことが愛情表現につながる例もあるので、名前を呼べない心理が働く時は相手にも助けてもらいましょう。

 

無理をして名前で呼ばない

名前を呼ぶことに苦手意識を持っている人も中にはいるでしょう。積極的に自分から話しかけられないタイプは、他人を名前で呼ぶことは少ないかもしれません。

そんな人が自分にプレッシャーをかけて相手の名前を呼ぼうとすると、さらにストレスになり、コミュニケーション自体が嫌になってしまう可能性も。

どうすれば改善できるか困った時は、自然な流れに任せてしまうことも方法です。名前を呼ばなくてもよい付き合いができる人は、それだけ物理的に距離も近いということなのでしょう。

 

まとめ

名前を呼べない心理背景は、相手に色々な思いを抱いているため。気軽にあだ名で呼び合う関係になるためには、一緒にいる時間を増やし、相手のプライベートを深く理解することもメリットになるでしょう。

 

☆弊社メディアのこちらの記事もお勧めです!

>>>結婚相談所で結婚!決め手になるのはどんなことが多い?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報