恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

大人しい人が好きな心理・静かな人と仲良くなるにはどうするべきか

大人しい人が好きな心理・静かな人と仲良くなるにはどうするべきか

大人しい人が好きな心理状況は、穏やかな恋愛をしたいからだけが理由でしょうか。好きになる相手によって、自分の気持ちや考え方まで変わってしまうことがありますので、恋愛を通じてお互いに成長するためにも、相手選びは慎重にならなければならないかもしれません。

そこで今回は、大人しい人が好きな心理や、仲良くなる方法についてポイントをご紹介していきましょう。

 

大人しい人が好きな心理的背景

大人しい人が好きな心理・静かな人と仲良くなるにはどうするべきか楽しい人、ワイルドな人など、自分が興味を持つ相手には何かしら共通点がありませんか。大人しい人を好きになるのは、心理的に次のような理由があると思われます。

 

過去の経験が影響している

大人しい人が好きなのは、心理的に過去の恋愛で辛い経験をしたためです。たとえばとても友人が多く、いつもグループの中心にいるような目立つタイプの人。

楽しい恋愛ができる反面、落ち着きがなく他に目移りされてしまうこともあるでしょう。そんな恋愛経験をすると、同じタイプを好きになることはなく、真逆の大人しい落ち着いた人を心理的に求めてしまいます。

大人しい人はとても優しく相手のことを考えてくれるので、安定した恋愛を求めている傾向がありますね。

 

自分のペースで付き合いたい

大人しい人とは内向的で、自分から積極的に意思表示をしないタイプ。周囲との調和を大切にしてくれるので、本音が見えないこともあるでしょう。

このような人は、自分のペースで恋愛したい人に好まれ、デートで行きたいところに行ったり、コミュニケーションで自分が舵取りしたりしたいため。

少し自分勝手な部分がある人は、扱いやすい人を恋愛相手として選ばない傾向がありますので、大人しい人を好きになる場合は、自分の恋愛スタイルと向き合ってみることも大切ですね。

 

自信がない

静かな人は男女共に人気があり、アクティブすぎる人よりもお互いが安心して付き合えるメリットがありますよね。大人しい人が好きになるのは、心理的に自分に自信がない状態で、相手を楽しませたっぷり愛情表現できるか不安があるから。

もしはっきりなんでも言う相手と付き合ったら、自分がダメ出しされる場面を想像してしまいますよね。自信がないけど恋愛したい時、大人しい人と一緒のほうが、無理に自分を演じなくても楽に過ごせるはずです。

 

自分だけが知っている部分を見つけたい

大人しい人は清楚でとても純粋なイメージがあり、恋愛相手なら本気になりやすい存在でしょう。そんなタイプを好きになる心理とは、大人しい人が外では見せない部分を自分だけに見せてくれるため。

グループの中では発言することなく、いつも他人の意見を受け入れる立場の人は、静かで一見存在感が見えないこともあります。しかし恋愛中は、好きな人に自分のやりたいことをはっきり伝え、友人が想像できないほど積極的に行動することもあるのです。

そんなギャップのある人と恋愛したい時に、大人しい人が好きな心理が働きます。

 

冷静になっている

遊び好きでいつも友人に囲まれている人よりも、大人しい人のほうが物ごとを真面目に考えてよい恋愛ができそうですね。大人しい人が好きな心理とは、今自分が冷静に恋愛について考えているため。

「好きな人と付き合えばいい」という軽いノリではなく、将来を考えて恋愛相手を探しているからなのです。年齢でいうと20代後半から30代前半の人。

結婚相手と恋愛相手を分けて考えているため、結婚相手にふさわしい大人を探しているといえますね。

 

リラックスしたい

おしゃべりな恋人だと、精神的にも疲れてしまいませんか。たまにはゆっくりお互いの時間を有意義に過ごしたいと考えるタイプは、大人しい人が好きな心理が働きます。

大人しいということはとても癒しがあり、他者を刺激しないことが魅力。仕事で疲れた後に話し好きな恋人とデートするよりも、プライベートは大人しく静かに過ごせるパートナーのほうがいいと思う心理。

あまり積極的に発言はしませんが、愚痴こぼしや文句をしっかり聞いてくれる精神年齢の高い人に魅力を感じるのです。

 

守りたい

大人しい人が好きなのは、心理的に誰かを守りたい心境があるためです。たとえば大人しい男性を好きになる女性は、母性本能が強く、子供を守るように彼氏を守ってあげたい願望があるため。

決して見返りを期待しているのではなく、ただ人のお世話が好きなことも関係しているでしょう。大人しい人は自分から意思表現しないので、わざわざ声をかけてあげないと大丈夫なのかわかりませんよね。そんな手間をかけて相手と親しくなりたいことが、恋愛の原動力になっているのです。

 

大人しい男性と仲良くなるコツについて

大人しい人が好きな心理・静かな人と仲良くなるにはどうするべきか大人しい人が好きな心理になっても、相手と気持ちが通じないと恋愛関係にはなれません。大人しい人の心を掴むには、特別なポイントを意識しておくと、自然と距離感がなくなっていくでしょう。

 

質問をたくさんする

大人しい人は、誰とも話をしたくないわけではありません。ただ会話に飛び込むのが苦手で、話を振ってくれれば積極的にコミュニケーションがとれる人もたくさんいます。

仲良くなるには、まずそんな隠されたスキルを引き出して楽になってもらうことがコツ。会話中はどんどん質問して、相手に話をリードしてもらうように意識してください。

一度流れに乗ると、次から次へと話題が出てくる可能性もありますので、大人しい人が「話しやすい」と感じる人を目指してみましょう。

 

悩みごとを持ちかける

大人しい人には無理なアプローチはおすすめできませんので、効果的に使える方法で近づくことがコツです。いきなり話しかけられると警戒するタイプも多いので、相手がどう反応するかわからない時は、まず悩みごとを相談するのもよいでしょう。

会話を持つ意味や目的があれば、大人しい人は用心せずに話をしてくれるはず。仕事のこと、将来のことなど、相手の価値観をよい知るチャンスになるかもしれません。

 

相手のペースになる

大人しい人にプレッシャーをかけるのは失敗の要因。激しくアプローチする人に圧倒されて、どんどん距離が離れてしまいます。失敗しないためには相手のペースを優先して、なんでもゆっくり慎重に進めること。

会話も次から次へと話題を変えず、相手が楽しんでいるか確認しながら状況を変えていきましょう。沈黙が続く場合もあるかもしれません。それでも焦ってマシンガントークはせず、考え込む時間もエンジョイしてくださいね。

 

寡黙な男性が好む女性はこんなタイプ

大人しい人が好きな心理・静かな人と仲良くなるにはどうするべきか寡黙で大人しい男性は、次のような女性に惹かれる傾向がありますので、アプローチする際に少しだけ意識してみましょう。

 

束縛しない人

大人しい人は、自分一人の時間がエネルギー補給になりますので、いつも振り回すタイプの人には負担を感じてしまいます。恋愛中も信頼関係を大切にして、お互いの時間を楽しめる人が好み。大人の恋愛をイメージすると接し方がわかりやすくなります。

 

自分のこだわりを理解してくれる人

大人しい人はこだわりを持っていることも多く、自分の世界観を理解してくれる人に心を惹かれる傾向があります。たとえば趣味。あまりプライベートをオープンにしないので、意外な関心を持っているタイプもいるでしょう。その時に過剰に驚いたりせず、理解して寄り添う余裕が必要です。

 

まとめ

大人しい人が好きな心理とは、自分自身を穏やかにしたい気持ちも隠されているかもしれません。感情的にならず平和な恋愛をしたい時は、お互いに相手の気持ちを考える付き合い方が大切なのです。

 

☆弊社の公式ホームページのコラムも読んでみてくださいね!

>>>お見合いの成功率を上げるために意識しておきたい内容について

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報