恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

ぎゅってしてほしい心理になるのはなぜ?彼氏がいても孤独を感じるときの対策

ぎゅってしてほしい心理になるのはなぜ?彼氏がいても孤独を感じるときの対策

ぎゅってしてほしい心理が働くのは、寂しいことだけが理由ではありません。大切な人とのスキンシップは、言葉以上にお互いの気持ちを交換できます。

現在満足している関係なら、ぎゅってしてほしい心理になることは少ないでしょう。しかし恋人がいる人でも、場合によっては孤独を感じることがあります。

すぐ隣に彼氏がいるのに、なぜか感じる距離感。どう言葉をかければよいかわからない場面こそ、ぎゅっとハグしてもらうと気分が休まりますよね。

そこで今回は、ぎゅってしてほしい心理になる背景について、詳しくご説明していきましょう。恋愛中の孤独感を取り除く方法には、どのようなものがあるのでしょうか。



ぎゅってしてほしい心理背景について

ぎゅってしてほしい心理になるのはなぜ?彼氏がいても孤独を感じるときの対策ぎゅっとされるのは、心同士が握手するようなもの。とてもシンプルな行為ですが、他人とつながる効果が期待できる方法です。ではぎゅってしてほしい心理になるのはなぜか、考えられる理由を見ていきましょう。

 

ストレスが溜まっている

彼氏と喧嘩中、仕事の失敗、友人関係が悪いなど、日々の生活では完全にストレスを切り離すことはできません。ぎゅってしてほしい心理になるのは、ストレスが溜まっているため。

信頼できる誰かにハグしてもらうと、心からリラックスできる可能性が高く、スキンシップ自体が癒しを与えてくれるでしょう。

ぎゅっとしてもらうと、相手の体温や力強さが優しいメッセージとして送られてきて、とても嬉しい気持ちになれるはず。ストレスは自覚していないケースも多いため、ハグされてホッとする場合はストレスが溜まっているサインかもしれません。

 

ポジティブになりたい

ぎゅってしてほしい心理にあるものは、自分自身をもっと元気づけたい思いです。友人と喧嘩して色々と後悔している時や、がっかりしている時にぎゅっとされると、プラスのエネルギーが湧いてきます。

ハグはお互いに励ます作用が期待できますので、ぎゅってしてほしい心理になるのは今元気がないサインなのです。デートの前、仕事の前など、大きなことを始める前に誰かにハグしてもらうと、気分が高揚するかもしれません。

 

優しくなりたい

ぎゅっと力を込めてハグすると、不思議なほど気持ちが優しくなりませんか。彼氏と喧嘩して上手く仲直りできない時にぎゅっとされると、それだけで気持ちが通じ合います。

相手の優しさを知りたい時、もしくは相手に優しくしたい時は、ぎゅってしてほしい心理になるでしょう。

 

孤独になっている

孤独感というのは比較的ネガティブな感情で、周囲の人との関連性がなくなり孤立してしまうと不安になりますよね。孤独がなぜ不快なものなのか、それは一人だと自分を守ってくれる存在がいないためなのです。

恋愛中のカップルにもよくある孤独感。物理的に恋人が近くにいても、心の隙間を感じてしまいます。このような孤独があるとぎゅってしてほしい心理になり、相手の考えていることを知りたいのです。

孤独は置かれた環境でなく、自分の考え方や行動が原因で、孤独感を作り出している可能性もあります。

 

幸せになりたい

ぎゅってしてほしい心理は、もっと幸せになりたいためです。ハグをしてすぐに体を離すのでなく、ある程度長い時間続けてみると、幸せな気持ちになれるといわれています。

恋人や家族など、大切な人に毎日ぎゅっとしてもらうと、気分も安定するかもしれません。幸せになりたい時は、自然とハグしたくなるでしょう。そんな時にすぐそばにいてくれる人は、心の安らぎになりますね。

 

不安がある

仕事で失敗した時に、誰かに肩をポンポンと叩いてもらうと、励まされた気分になりませんか。些細なスキンシップだけでも、人間は不安を解消するのが可能かもしれません。

たとえば危ない橋を渡る時、手をつないでいると安心して渡れますよね。ぎゅってしてほしい心理になるのは、自分でもわからない不安があるためなのです。

不安を取り除くために誰かと触れ合っていたい、そんな願望が湧いているのでしょう。

 

恋愛中の孤独感を解消するには?

ぎゅってしてほしい心理になるのはなぜ?彼氏がいても孤独を感じるときの対策彼氏との距離を感じると、ぎゅってしてほしい心理になります。ハグはお互いの気持ちの確認作業のようなもの。気持ちのつながりが欠けている時は、そっとハグしてもらうとホッとしますよね。カップルなら一度は経験する、恋愛中の孤独感。その対策についてご説明しましょう。

 

原因を考える

孤独になるのは独身や既婚者、恋愛中のカップル、どのような人でもあることです。しかしパートナーがいるのに、孤独になるのはとても辛いですよね。

恋愛中に孤独を感じるのはなぜか、原因を考えてみましょう。たとえばデートの回数が減った、彼氏の態度が最近冷たいなど、必ず孤独感のきっかけがどこかにあるはずです。

原因がはっきりとわかれば改善策も見つけやすいので、不安や孤独を漠然と感じる場合は、その背景を考えることをオススメします。

 

気持ちを相手に伝える

ぎゅってしてほしい、寂しいなど、今自分の思っていることを彼氏に正直に伝えてください。孤独感を癒すためには、自分の心の状態を知ってもらうのがまず大切です。

恋人同士でも、相手の心の中を全て把握しているわけではありません。何かあったら言ってくれるだろう、そんな油断も彼氏の中に多少はあるはず。

彼氏に気持ちを伝える場合は、攻撃的にならないこと。相手のせいにするような態度では、もっと距離が離れてしまうかもしれません。

 

第三者の意見をプラス

恋人同士の距離感は、二人にしかわからないことがあります。そのためぎくしゃくした時は二人で解決しようと思い、逆に固定観念があるため上手くいかないケースも。

その場合は共通の友人に間に入ってもらい、第三者の意見を参考にすると解決できるでしょう。お互いの考え方は、すでにわかりきっていること。

喧嘩して仲直りできないのは、相手に譲りたくないためですよね。そんな時に全く関係ない第三者の冷静な意見があると、中間点を取ってお互いにもっと理解できる余裕が生まれるのです。

 

友人と過ごす

ぎゅってしてほしい心理がある時は、何をしても楽しいと感じられないかもしれません。恋人がいても孤独感を感じるのは、さまざまな要因で考えられますので、決して珍しいことではないでしょう。

恋愛が上手くいかず、ネガティブな気持ちになった時は、生活全てに影響を与える必要はなく、プラス思考になる場面でどんどん気分転換してください。

友人と出かけたり、家族と楽しく時間を共有したりすると、次第と孤独感や不安が解消されて恋人との距離感も上手に縮められるでしょう。

 

スキンシップを増やす

ぎゅってしてほしいと思うのは、心の隙間をスキンシップで解消したいためです。彼氏がいても孤独になるのは、触れ合いが減っているためではありませんか。

愛情表現は言葉だけでなく、そっと手を握ったり肩を寄せ合ったり、些細なタッチが意味を持っています。寂しいと感じた瞬間、相手がタイミングよくハグしてくれるとは限りません。

そんな時は自分から彼氏に寄りかかり、そっと抱きしめてもらうのも気分を入れ替える方法です。スキンシップが最近減ったと思ったら、孤独になる前にどんどん手をつないだりハグをしたりしてくださいね。

 

まとめ

ぎゅってしてほしい心理になった時は、自分自身に正直になり気持ちを相手に知ってもらうこと。我慢しなくてもよい孤独感は、パートナーと一緒に共有して、二人で問題を解決してください。

 

☆こちらの記事もお勧めです。

>>>毎日好きと言う彼氏の深層心理について・愛情をお返しするコツ



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報