恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

ホワイトデーのお返しでわかる心理背景・脈あり男性を見極める判断基準

ホワイトデーのお返しでわかる心理背景・脈あり男性を見極める判断基準

ホワイトデーのお返しは、男性心理を判断するチャンスになります。気になる人からどんなお返しがくるか、内容によっては本気度がわかるかもしれません。

バレンタインデーは恋人だけでなく、会社の同僚や友人にもプレゼントする習慣がありますよね。女性からチョコレートを渡すことは、必ずしも愛の告白ではありません。

そんな意味を知っている男性は、ホワイトデーのお返しをどうすべきか頭を悩める場合も多いはず。しかし本命の女性には、他の人と差をつけることが多いですよね。

ではホワイトデーのお返しでわかる男性心理について、詳しくご解説していきましょう。



ホワイトデーのお返しでチェック!心理背景で考えられること

ホワイトデーのお返しでわかる心理背景・脈あり男性を見極める判断基準社内の女性全てに、ホワイトデーのお返しをするのは金銭的にも大変。でも好きな女性には喜んでもらいたいので、思わず奮発する場面かもしれません。ではお返しで異なる男性心理について見ていきましょう。

 

高価なお菓子

愛情は金額で判断できるものではありませんが、男性は好きな人には純粋な気持ちで接するため、安いものはあげたくないと考えます。

ホワイトデーのお返しでわかる心理背景として、値段が高いブランドのお菓子を選ぶ人は、本気の可能性があります。男性の立場や年齢によっても予算は異なりますので、必ずとはいえないでしょう。

しかし義理の場合は、できるだけ安く済ませようとする男性が多いもの。予約しないと買えないお菓子や、女性の好きなスイーツショップからわざわざ取り寄せた高いお菓子などは、気に入ってもらうための素直な行為です。

 

メッセージカードがついている

愛情表現が苦手な男性は、お菓子のプレゼントだけではきちんと自分の気持ちが伝わらないと、不安になってしまいます。本命の相手にはホワイトデーが告白するチャンスになるため、お菓子などのお返しと一緒にメッセージカードを添える場合があります。

シンプルに「ありがとう」だけでは義理の可能性があり、長文で手紙を書いてくれる人は自分の気持ちを受け止めてほしい願望があるでしょう。

単なる「お返し」でなく、バレンタインデーにチョコをくれた感謝の気持ちと、自分の特別な想いをプレゼント以外でもアピールしているのです。

 

自分だけ別のお返し

バレンタインデーにチョコをもらうと、ほとんどの男性はホワイトデーのお返しをしなければならないと考えます。よくあるパターンが、会社の女子社員がお金を出して渡すチョコレート。

このお返しは一人一人するのは大変なので、クッキーの詰め合わせなど「皆で食べて」と返すことになります。しかし他の人と同じでなく、自分だけ個別にホワイトデーのお返しがくる相手の心理は本気度が高く、脈ありの可能性が考えられるでしょう。

 

渡されるタイミング

バレンタインデーのチョコレート全てが恋人向けではありませんので、義理で渡すことが多くなっています。男性も女性からもらったバレンタインのプレゼントが、本気なのか義理なのか判断できずに困ってしまう場合も。

そんな時のホワイトデーのお返しは、心理背景では好きな人には気持ちを知ってもらいたいので、渡すタイミングに神経を使っています。

会社の同僚には仕事中にサッと手渡すかもしれませんが、本命の女性なら食事に誘って渡したり、二人きりになった瞬間にお返ししてきたりするでしょう。

 

アクセサリーのお返し

ホワイトデーのお返しで無難なのは食べ物関係。大勢に返す時は菓子折りや、個別包装されたスナックなどもあります。本命の女性には他の人と差をつけたいので、アクセサリーなど身につけるものをプレゼントする場合があるでしょう。

恋人同士ならネックレスやブレスレットなどは定番のお返しかもしれませんが、まだ付き合う前の人だともらった女性も、相手を意識するようになりますよね。

またアクセサリーだけでなく、お花でお返しする男性もかなり慎重に考えての行動です。気に入ってもらいたいのは、プレゼントというより自分自身なのでしょう。

 

脈なしのホワイトデーのお返しについて

ホワイトデーのお返しでわかる心理背景・脈あり男性を見極める判断基準好きな男性にバレンタインデーにチョコレートを贈った後は、ホワイトデーのお返しが回答を示すものです。ここで相手が何をくれるか、期待外れでがっかりするケースもあります。では脈なしの場合のお返しについて、よくあるパターンを見ていきましょう。

 

お返しがない

ホワイトデーのお返しでわかる心理背景ですが、バレンタインデーにチョコレートをあげたのにお返しが全くないのは、脈なしと考えられます。

バレンタインやホワイトデーは職場でも大切なイベントで、いつもお世話になっている人などはマナーとしても重要な意味があります。

もらったものに対してお返しをしないのは、大人としての意識が少ないのも考えられますね。こんな人は本気でないだけでなく、職場仲間として深く付き合うのも考えものかもしれません。

 

コンビニで買ったお菓子

本命の女性にはホワイトデーに何を返すか、色々と頭を悩めるはずです。逆に義理チョコのお返しの場合は、ホワイトデーの存在すら忘れてしまい、慌ててコンビニに駆けつけて適当にお菓子を買って渡すでしょう。

値段が安く、コンビニの袋ごと渡してくる男性は脈なしかもしれません。稀に恥ずかしくて、きちんとお返しできないシャイな男性もいるかもしれませんが、気持ちの伝わらないお返しはしないはずです。

 

クッキーのお返し

クッキーはホワイトデーのお返しの定番アイテムなので、どうしようか困った男性は最終的にクッキーの詰め合わせになる可能性が高いと考えられます。

意外と知られていませんが、ホワイトデーのお返しはお菓子ごとに違うメッセージが込められています。クッキーは「友達のままでいよう」という意味があり、好きでも嫌いでもない人に贈る無難なお返し。

またマシュマロも、お返しとして選ばれることがありますが「嫌いです」というメッセージになるため、男性には注意してほしいお返しアイテム。

そこまで意味を考えて選ぶ人は少ないかもしれませんが、相手の態度に違和感を覚えた時にはお菓子の意味も考えてみましょう。

 

ホワイトデーのお返しをもらう際の注意ポイント

ホワイトデーのお返しでわかる心理背景・脈あり男性を見極める判断基準ホワイトデーのお返しで心理背景が見え隠れしますので、気になる男性からのプレゼントは意味をきちんと理解したいですよね。誤解のないようにお返しを受け取るためにも、次の点に注意しましょう。

 

感謝の気持ちを示す

興味のない男性から、特別に高価なお返しをしてもらうこともあるかもしれません。プレゼントを受け取るのは、相手の気持ちも一緒に受け取ることになります。

そのためあまりにも高価な宝石類など、受け取れないものは返すことも検討してください。また本命の人から期待以下のお返しをしてもらった場合も、きちんと感謝の気持ちを伝える必要があります。カードや手紙、またメッセージなどで、自分の素直な気持ちや感想を伝えてくださいね。

 

品物だけでは相手の気持ちは判断できない

ホワイトデーのお返しの男性心理で本気度がわかる場合もありますが、お店の人に勧められて買ったプレゼントでやり過ごす人もいるでしょう。

品物では相手の気持ちを判断できないので、気になる人は食事に誘うなど次のステップを踏んでみるのもよいですね。女性慣れした男性は本命でなくても、女性を喜ばせることが得意なので誤解するお返しをしてくるケースもあります。

判断できない場合は前後の付き合い方なども考慮して、相手の気持ちを考えるとよいでしょう。

 

まとめ

どんなホワイトデーのお返しがくるか、女性はドキドキしてしまう瞬間ですね。いただいたものは大切にして、翌年のバレンタインに向けて新たなアプローチ方法を考えておきましょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>さん付けで接する男性心理・距離感をなくすためのコツ



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報