恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

手紙を書く心理は特別な人に抱くもの・メールよりも手紙がいい理由

手紙を書く心理は特別な人に抱くもの・メールよりも手紙がいい理由

手紙を書く心理は、相手に特別な気持ちを抱いている意味があります。今はなんでも、メールやメッセージで伝える時代。

紙とペンで文字を書く機会は、かなり減っていますよね。メールなら簡単に連絡できますし、相手もすぐに読んでくれます。

手紙だと何かと準備する手間もあり、何よりも自分の気持ちを文字にするのは、思っている以上に難しいですよね。

でも時々メールでなく、手紙を書く心理の人がいませんか。大切な人にはメールよりも手紙。時間をかけるコミュニケーションには、予想以上のメリットがあるかもしれません。



手書きのラブレターをもらった男性はどう思う?

手紙を書く心理は特別な人に抱くもの・メールよりも手紙がいい理由手紙といえばラブレターがありますが、女性から手書きのラブレターをもらった場合、男性はどのような気持ちになるのでしょうか。手紙を書く心理になるこういう場面に、男性に与える影響力を見ていきましょう。

 

本気度がわかる

メールのやりとりは気軽なので、たった一言であっても構いませんが、手紙となるとそれなりに文章が詰まっていないと違和感がありますよね。

とくにラブレターは、軽いノリがあるメールよりも本気度が伝わりやすいため、男性は受け取った時に真剣な気持ちになるでしょう。

手紙を書く心理は、自分の気持ちを知るチャンスにもなります。好きな人にどう気持ちを伝えるか、ラブレターを書きたいと思う相手は、本気になっているサインかもしれません。

 

女性らしさを感じる

ラブレターを書いてくれる人からは、女性らしさを感じます。素敵な便箋と封筒、綺麗な文字で書かれたラブレターは、意外な一面を知ってもらうためにもオススメです。

いつも大雑把でサバサバとした女性が、突然ラブレターで告白してきたら、男性はそのギャップにグッとくるかもしれません。

メールでサッと内容を送るのでなく、繊細さをアピールするためにも、ラブレターを使った告白は好感度が高くなります。

 

古風で素敵に見える

スマホがあればなんでもできる今の時代。レターセットを持っていない人は、世の中に多くいるでしょう。

好きな男性にラブレターを送ると古風な印象があり、微笑ましく優しい気分にさせてくれます。

ラブレターは重すぎるという人もいますが、ほとんどの人は手紙をもらって悪い気はしないはず。

古風な女性は、逆に男性には新鮮に見える存在なので、恋愛対象としてインパクトが残せるかもしれません。

 

丁寧で感動する

手紙からは、相手の丁寧な気持ちが伝わります。好きな人に告白する時は誤解がないように、きちんと気持ちを伝えたいですよね。

丁寧に手紙にしてくれるのは、好感度がアップする理由。手間や時間をかけてくれる気持ちだけでも、相手はありがたく思うでしょう。

その丁寧さは、女性ならではの魅力。恋愛はちょっとした行動が、相手の気持ちを引き寄せるきっかけになります。

 

手紙を書く心理について

手紙を書く心理は特別な人に抱くもの・メールよりも手紙がいい理由いつも一緒にいる友人に、用件をわざわざ手紙にすることはほとんどありません。今の時代のような通信手段がなかった昔は、手紙はとても大切なコミュニケーションツール。

だからこそ今は、手紙を書く心理は相手が特別であるのがわかります。では手紙を書く心理について、考えられるポイントを見ていきましょう。

 

好きな人だから

好きな人には、他の人にはやらない特別なことをしてあげたいと感じます。メールでなく手紙なのは特別な感情があるためで、好きな人には丁寧な態度で接したくなりますよね。

直接言えない言葉や感謝の気持ちなど、きちんと伝えたいことがある場合は、手紙にしたほうが好感度もアップするでしょう。

メールだと気持ちが伝わらない不安が残るのは、その人に対して特別な付き合い方をしたい願望があるためなのです。

 

文字から伝わる人柄がある

パソコンやメールの文字は、誰から送られてきても同じです。しかしペンで書く文字は、それぞれ癖やスタイルがあり、個性が活かされていますよね。

手紙を書く心理は、自分の特徴や人柄をアピールしたい気持ちがあるため。特別に見てほしいと思う人には、印象に残る方法を選びたくなります。

メールの内容を凝ったとしても、手紙ほど心が通うものはないでしょう。丸文字や綺麗な文字、筆ペンで古風に手紙を書くなど。メールではできない、何通りもの自己アピールが魅力です。

 

何度も読んでほしい

手紙を書く心理は、大切な自分の気持ちを何度も読んでほしいためです。メールも読み返すことはできますが、手書きは温もりがあり癒されたい時に読み返すことがあります。

たとえばラブレターですが、言葉でサラッと告白されるのは一瞬の出来事。記憶の中に留まっても、同じ言葉を何度も聞けるチャンスはないでしょう。

手紙なら読み返したい時に、何度もその瞬間を思い出せるため、いつまでも自分の存在が相手の心の中に収めておけるのです。

 

時間をかける思いがある

好きな人のことを考えるのは、とても素敵な時間です。何も手につかなくなるほど夢中になる時がありますが、手紙はそんな思いを時間をかけて表現できるツールです。

メールなら数秒間で打てる「ありがとう」という一言も、手紙だと便箋とペンを用意して、書くまでに時間がかかります。

時間をかけるのは手間がかかること。そのぶん自分の心に強く訴え、相手にもインパクトのあるメッセージが送れるのです。時間をかけて自分の気持ちを伝えたいと思うのは、特別な相手だからでしょう。

 

メッセージより手紙にしたほうがよい場合

手紙を書く心理は特別な人に抱くもの・メールよりも手紙がいい理由手紙を書く心理は、タイミングを活用して好きな人に一歩近づくチャンスです。メッセージよりも手紙にしたほうがよいのは、次のような場面があります。

 

悩みごとの相談

信頼できる人に悩みごとを相談したい時は、手紙を書いてきちんと順序よく、自分の思いを伝えることができます。

メールだと真剣に受け止めえてもらえない場合もありますので、大切な内容は手紙にすると安心です。

 

お礼する時

食事をご馳走してもらった後や、プレゼントをもらった時などは、メールで早くお礼するのも必要に。

しかし丁寧に感謝の気持ちを込めて、自分らしく手紙を書くことも素敵です。手紙を受けった人は、そこまでしなくてもよいのに…と思うかもしれませんが、丁寧な態度は必ずよい印象となるはず。

 

特別な日にカードを送る

誕生日やクリスマスなども、メールやメッセージで簡単に済ませることができますが、特別な日だからこそ手書きの文章を送りたいですよね。

手紙だと書くことがない場合、カードを送るのも方法のひとつ。彼氏にプレゼントとカードを添えてあげたら、いつもより感動してくれるかもしれません。

 

たまにはサプライズしよう

メールはいつでも使えるツール。緊急の用事には便利ですが、手紙をもらう機会が少なくなった今の時代、素敵な手紙でサプライズしてみませんか。

郵便で配達される手紙は思いが伝わりやすく、時間をかけて自分の元に運ばれてくることを考えると、書いてくれた人に感謝したくなるはずです。

 

メールのようなカジュアルな内容も素敵

手紙だと、真面目な内容でなければならないイメージがありますよね。しかし心の込もったコミュニケーションを続けるなら、メールで送るような日常的な内容を手紙にするのも楽しいでしょう。

 

まとめ

手紙を書く心理は時間と手間をかけて、自分の想いを伝えたい相手であるため。無機質な活字とは違い、手書きの文字と文章は、自分でも発見できなかった思いを知るチャンスになるかもしれません。

早速大切な人や気になる存在の人に、手紙を書いてみませんか。いつも楽しく時間を共に過ごせることを感謝して、手紙で普段言えない内容を伝えましょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>おしゃべりな人の心理を理解してコミュニケーションをうまくとる方法



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報