恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

いきなり電話してくる男性心理はなぜか?脈ありサインの判断ポイント!

いきなり電話してくる男性心理はなぜか?脈ありサインの判断ポイント!

いきなり電話してくる男性心理は、女性にとってとても気になるところですよね。メッセージなら理解できるかもしれませんが、「電話」になるとよほどの理由があるのではないかと勘繰ってしまいます。

そこで今回は、いきなり電話してくる男性心理と、脈ありを判断するポイントについて詳しくご説明していきましょう。

 

いきなり電話してくる男性心理とは?

いきなり電話してくる男性心理はなぜか?脈ありサインの判断ポイント!仲のよい友人ですら、電話をすることは減っている時代。LINEで全てが済んでしまうのに、電話をかけてくるのはどのような理由があるのでしょうか。ではいきなり電話してくる男性心理をご説明します。

 

気になる人だから

好きな人なので声を聴きたいと思うことが、いきなり電話してくる男性の心理。純粋に相手に興味を持っているため、他の人にはやらないようなアプローチ方法をしてきます。

電話だと構えてしまうので、メッセージのほうが楽だと感じる人は多いですよね。しかし好きな人や気になる人なら、声を聴いて自分が癒されたい願望もあります。

本人は気づいていないかもしれませんが、自然と体が反応して電話したくなる相手なのでしょう。

 

今何をしているか知りたい

メールだと今現在の行動は把握できませんが、電話なら背景の音や一緒にいる人などが薄々わかりますよね。いきなり電話してくる男性は、心理的に疑い深いところがあり、誰と一緒なのか、電話で誰かと話していないかなどをチェックしたい気持ちがあります。

電話のほうがメールよりも今の状況を把握しやすいため、迷惑だとわかっていても電話せずにはいられないのです。「今何しているの?」という気軽な一言から話は始まりますが、独占欲が強い傾向にありますので、そこから細かいところまで詮索してきます。

 

一人で暇だったから

いきなり電話してくる男性は、心理的に孤独が不安になるタイプで、寂しい時は誰かの声を聞きたくなるもの。メッセージだけでは人間味が感じられないので、声が聴ける電話のほうが寂しさは紛れるのです。

上司に怒られた日や、何も約束がなくて一人ぼっちでつまらない時など、話しやすい相手を考えてすぐに電話。誰かとつながっている自分がわかるとホッとして、自然と心の支えになっています。

 

効率的な人

いきなり電話してくる男性心理とは、とても効率的に物ごとを片づけたい性格が関係しています。着信音を聞くと「一体何の用事なの?」と相手が誰でも考えますよね。

意外な男性からの電話だと尚更不思議になり、あらゆることを想像してしまいます。しかし電話の内容は「明日の会議は何時からだっけ?」など、メールでもすぐに片づく用事。

このタイプの人は、メールで文字を打つのが面倒なので、手っ取り早く用事を済ませたくて電話をかけるだけなのです。とても効率的な性格なので、話し方も事務的な感じがしているでしょう。

 

愚痴こぼしがしたい

いきなり電話してくる男性は、心理的にネガティブ意識が強い状態で、愚痴やイライラを発散したいことも考えられます。たとえば彼女と喧嘩して、誰かと話がしたい場面。

仲のよい友人でなく、女性をわざと選んで電話してくることもあるでしょう。気持ちを紛らわせるために電話をかけてくるタイプなので、よい話し相手になってあげるか、もしくは振り回されるのが嫌なら適当に話して電話を切ることも考えたほうがよいかもしれません。

 

二人だけで話がしたい

気になる男性がいきなり電話をかけてきたらとてもドキドキするはず。通信手段が電話しかないわけではないのに、あえて電話をかけてくるのは特別な意味を感じますよね。

いきなり電話してくる男性は、心理的に二人だけで話がしたい願望があり、もっと仲を深めようとしています。好きな人に近づくため、もしくは恋人対象になるかの調査段階。

または職場の知り合いで、二人だけで話す機会がないので電話してくることもあるかもしれません。

 

電話の内容で判断する脈あり度

いきなり電話してくる男性心理はなぜか?脈ありサインの判断ポイント!いきなり電話してくる男性心理は、色々なことが考えられます。用件を伝えるだけなのか、それとも自分のことが好きだからなのか。もし気になる人なら、今後仲良くなるチャンスもありますので、よい付き合い方ができるよう相手の気持ちを判断してみましょう。

 

一度だけの電話

いきなり電話してくるのは脈ありの可能性もありますが、それが一度だけで終わってしまうのは用件があったためと解釈できます。しかし場合によっては、用事があるふりをして好きな女性に電話をかけてくる男性もいますので、その違いを知るにはメールやメッセージなどの頻度も合わせて考えてみましょう。

一切他にも連絡がなく、たった一度の電話なら、本当に用事があったからとも考えられます。

 

いつも男性からアクションを起こす

苦手な女性や興味がない人には、はっきりわかる態度で接するのが男性の特徴です。いきなり電話をしてくるのはどのような理由があるにしても、相手に好意を寄せていることがわかります。

さらにいつも向こうから電話してきたり、メッセージを送ってきたりする人は脈ありの可能性があります。女性から連絡がくるのが待ちきれないため、声が聴きたくなると迷惑でも電話をかけてしまいます。

電話は男性にとって用件を伝えるためのツール。話すことがない人や話したくない人に、自分から電話をかけることはありません。自分から電話をかけるのは、気持ちが顕著に現れているためなのです。

 

質問が多い

電話は緊急の場合しか使わない人が最近増えていますので、いきなり着信音が鳴るとドキッとしますよね。さらに相手が意外な人だと尚更です。

そこで話をしてみると、やたらと質問が多いという時は、好意を寄せている可能性があります。好きな人のことを知りたい思いが強く、電話で単刀直入に質問したいのです。

「音楽はどんなのが好き?」「休みの日は何するの?」といった緊急性のない会話は、二人だけで話すチャンスだから。もし気になる男性なら、電話を使って一気に仲良くなることも方法ですね。

 

なかなか電話を切らない

話すことがなくてもずっと電話を切らない男性は、脈ありの可能性があります。電話を得意に感じる男性は世の中に少なく、話が終わったらさっさと切ってしまう傾向にありますので、長電話でいつまでもつながっていたいのはその人のことが好きだからでしょう。

声をいつまでも聴いていたい、自分だけが相手を独り占めしたいと感じている証拠。一緒に時間を共有できることで満足感を得ていますので、電話をかけてくることはよくあるかもしれません。

 

電話で好感度アップするコツとは?

いきなり電話してくる男性心理はなぜか?脈ありサインの判断ポイント!もし好きな男性が、いきなり自分に電話をかけてきたら嬉しいですよね。今後の付き合い方にも影響を与えるチャンスになりますので、顔が見えない電話で好印象を残すには、次のようなポイントを意識してみましょう。

 

また電話してと伝える

長電話になると「ごめん、そろそろ切るよ」と相手も気を遣ってしまいます。好きな人なら何時間でも声を聴いていたいのは当然のこと。そんな場合は、自分からも「また電話してね」と気持ちをアピールしてみましょう。

 

テンションを高くして話す

電話は声のトーンで相手がどう感じているかわかりますよね。好きな男性ならテンションを高くし、大声で笑ったり盛り上がったりするように意識することがコツ。また話したくなるような雰囲気を残しておけば、お互いに電話をかけやすくなります。

 

まとめ

いきなり電話してくる男性心理は、あらゆる意味が考えられますが、もし気になる人なら、自分にアプローチしてくれているのかもしれないとよい意味に捉えたいですね。

一方通行にならないよう、電話してくれる男性には自分からもLINEを送るなど、アクションを何かしら起こしてみましょう。

 

☆弊社の公式再サイトのコラムもお勧めです!

>>>結婚相談所の無料相談は利用するべき?そのメリットについて

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報